スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



パティオ その7 ぎりぎりで完成!!

パティオ その6の続き

引越しぎりぎりというか、引越し当日にようやく完成したパティオ。どうなることかと思ったけれど、なんとか形になってほっとした。

敷石の乱貼りは初めてだったから、予想以上に時間がかかってしまった。最初の仮置きの途中。
sP1080133.jpg

買った石で足りるかどうかもわからなかったから、とにかく平行も気にせずどんどん置いて行った。ほとんど石を切らなかったので、できあがったら隙間が多くて、なんだかかっこ悪い。

このままでいっか・・・という甘~いささやきに、いやいやせっかくここまで造ったんだから、もうひとがんばりした方が後悔しないってと思い直し、借り置きのやりなおし。2回目は、借りていたギロチンで石をカットしつつ、ハンマーで石の角をたたき落としながらの作業。なんだかんだで仮置きだけで1週間かかってしまった。

さらに3日かけて、砂を入れて石の高さを整え、最後の微調整。石の高さもバラバラだし、ちまちまカットしないといけないし、レンガを敷くのより数倍手間がかかる。

最後は、ポリマー入りの砂を入れて終了!!のはずだったんだけど、予想通りレンガが白くなってしまった。お酢を2倍ぐらいにうすめてデッキブラシでごしごしこすったら、そこそこ白いのが取れたからこれで終了。手前は、固まる砂を入れた後の白い状態、奥のほうはお酢でこすって、かなりましになったレンガ。
sP1080136.jpg


明日の朝、手前のレンガもお酢でこすって完成!って、引越しの当日なんですが・・・。完成したのに、ぜんぜん楽しめなかった(大泣)

ウッドパティオの方から見たところ。
sP1080146.jpg

ちなみに、ビフォアーはこんな感じ。このレンガをはずして円状に並び替えて、赤の囲いの中に敷石を敷いただけと書くのは簡単なんだけど、いやはやひと夏つかってしまった。
s-sP1070543.jpg

しばらく、肉体労働やりたくない!

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2012.08.24 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 我が家の庭先(イリノイ)



パティオ その6

イリノイも連日35度を越す暑い日が続き、庭の植物もヘロヘロ。この際、嵐でもいいから雨が降ってほしい。

パティオ その1その2その3その4その5の続き。

さて、一通りレンガ敷きが終わりしばし放置していた裏庭のパティオ。先日、ランドスケープ会社の人が来て、石の壁を30センチほど高くし、砂利を入れて固めてもらった。前回の写真と比べると、石と砂がデッキとほぼ同じ高さまできている。これで、レンガのエリア、ウッドデッキ、石の壁の高さがほぼそろい、パティオ全体の完成図が見えてきた。エッジには大きめの石が使われていていい感じ。
P1080128.jpg


パレット買いしたブルーストーン。これを乱敷きするつもりなんだけど、乱敷きは初めてだから、時間がかかりそう。しかも、新しく作ってもらったウッドデッキの高さが、レンガより1センチも高い!同じ高さに作ってってしつこいほど言っていたのに・・・・。おかげで、レンガとブルーストーンとウッドデッキの高さをうまく(ごまかして)揃えるのが大変。水の流れも考えないといけないし。まったく、仕事が粗いコントラクターだわ。
P1080129.jpg

石積みの作業の終わりには、砂とこれから使うブルーストーンを現場まで運んでもらった。おかげで、ドライブウェイから裏庭まで、いちいち砂をネコ車で運ばなくてもよく、かなりの肉体労働が軽減。助かった~。


それにしても、ランドスケープ会社の人、さすがガテン系いい体してました。思わずじ~とみとれてしまうほどの筋肉。日に焼けた肌もこれまたいいわ~。久しぶりの目の保養(笑)。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.07.24 | | コメント(0) | 我が家の庭先(イリノイ)



パティオ その5(ウッドデッキ 完成)

相変わらず、格闘中の裏庭のパティオエリア。

ご近所さんのリタイアされた大工さんにお願いして、今あるデッキに付け加える形でウッドデッキをつくってもらった。このクソ暑いなか、3人のグランパ大工さんが2日で仕上げてくれた。みんなリタイアされているそうで、大丈夫か~?との心配もなんのその、ラジオでのりのり。

初日に基礎の部分が完成。
s-P1070929.jpg


2日目の午後2時ごろには完成。新しい木の匂いが良いわ~。
s-P1070930.jpg


石の壁に続く場所は、丸く切ってねと何度もお願いしていたにも拘らず、完璧に直角・・・・。星条旗のバンダナまで頭に巻いて楽しそうにしていたし、我が家も引越しだし、このさい細かいことは、気にしない~~~。ペイントは、多少木が縮むから来年の春まで待った方がいいよとのことなので、しばらくこのまま。


思い返せば、引っ越してきた当初は、ここにはホスタやシダその他大勢の雑草が生い茂っていた。何も分からず、うっとうしいと全部引っこ抜いて一度は畑にしてみたものの、日陰すぎるのでほとんど何もうまく育たず。しょうがないので、しばらくほったらかしだったのだけれども、これでこの場所が有効活用できる。夕方から日陰になるから、さっそくプチビアガーデン。


このデッキは、レンガのパティオとほぼ同じ高さになっている。次は、石の壁の高さもデッキとレンガと同じ高さにしてもらい、砂利をいれて基礎を作ってもらう。それが終われば、レンガの続きをブルーストーンで乱貼りする予定。そのままだと味気ないので、ブルーストーンの中に扇型になるようにレンガでラインをつくったら、今ある円形のレンガのパティオともバランスが取れるのではと考えているのだけど、どうするかな。

ブルーストーンを割るためのグラインダーとレンガを切るのにテーブルソーがほしいわ。


テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.07.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 我が家の庭先(イリノイ)



レンガパティオ その4

レンガパティオ その1その2その3の続き

どうしようかと迷っていた残り半分のレンガ敷き、結局は隣にもう一つ円形にレンガを敷くことにした。
s-sP1070905.jpg

円の中心をどうしようかと1日ほど色々レンガを置いて試して、ようやくこの形に落ち着いたのが写真の形。レンガとレンガの隙間には、小さめの飾り石を入れて、ポリマー入りの砂で固定する予定。細かくレンガを切って入れたらプロっぽいんだけど、時間がかかりすぎるから却下。

ちなみにこれは、ランドスケープ会社の人が貸してくれた、レンガ割マシーン、その名もギロチン・・・。レンガを置いて、棒をゆっくり下していくと、パキっとレンガが割れる仕組み。精度がイマイチで、切り口がガタガタしているのが難だけど、大きな塊を作る分には問題ないかな。でも、細かいところは、やっぱり電動丸ノコの方がきちんと切れる。
s-P1070908.jpg


ちなみにレンガを敷いてない部分は、まだまだ作業が必要なスペースが広がっている。

ウッドデッキとして赤で囲んでいる場所には、新しくウッドデッキを作ってもらう予定。ここの奥にある古いウッドデッキから1ステップ下がる感じ。

昨年、ランドスケープ会社に頼んで作ってもらった石の壁。最初は、今作っているレンガのパティオから1ステップ下げて、さらに石を敷く予定にしていたから、30㎝もレンガのパティオよりも下がっている。ここにきて、1ステップ下げるよりも、同じ高さにした方が広く感じるだろうといことで、石の壁を上げてもらうことにした。ついでに、砂利をいれて押し固めてもらう予定。あ~あ、最初から希望の高さの壁をつくっていたら、今回の出費は抑えられたのに・・・。
s-sP1070926.jpg


ちなみに、レンガのパティオから石の壁までを全てウッドデッキにすると、だいたい50万円ほどになるとのことで、この案は即効却下。これからずっと住むならともかく、すぐ引っ越しするのにそんなん無理ですわ。

ということで、やっぱり自分でやるしかないんだな・・・。
ガテン系の生活に終わりはくるのか・・・・。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2012.07.12 | | コメント(0) | 我が家の庭先(イリノイ)



レンガのパティオ その3

レンガのパティオ その1その2の続き

せっせとレンガを敷き詰めて、出来上がりのイメージが見えてきた。これで、全体の半分ぐらいのレンガを敷いたかな。
s-P1070884.jpg


それでも、手前にはまだまだ砂利のスペースが・・・。
s-P1070885.jpg


この円の隣(写真だと手前)にも半円になるようにレンガをしくと良い感じになりそうなんだけど、どこを中心にするか決まらない。普通にレンガを横に並べて敷く方が絶対楽なんだけど。やはり、ここはひと頑張りするべきか。ああ悩ましい。

レンガをすべて敷き終わった残りの場所には、オレンジ色をおびた石かなにかをいれるつもり。最初は、ステップをつくって一段下げようかなと思っていたけれど、同じ高さで合わせたほうが広く見えそうなのでステップなしでつくることにした。

今あるボロいデッキには、小さなデッキをつくってつなげることにした。レンガの続きとデッキは自分じゃ造る気になれないから、ランドスケープ屋さんにお願いする予定。でも、予算がきびしかったら石は自分で入れるかな?


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2012.06.27 | | コメント(0) | 我が家の庭先(イリノイ)



レンガのパティオ その2

ここ最近、バスケ(NBA)のプレイオフやフレンチオープンを見てしまい、ブログ更新をさぼり気味。シーズン中はほとんどバスケの試合は見ないけれど、プレイオフは面白いからつい見てしまう。

さて、久しぶりの更新は、レンガパティオのぶち壊しの続き。

取り外したしたレンガが海のようになっていた場所の片付けがようやく終了。おそらくレンガの下にあったであろう砂は跡かたもなく、レンガの下は砂利石だけ。しかも平というには程遠く、中央辺りが盛り上がった状態だった。ひょっとしたら、最初から砂はなかったのかも・・・。

レンガを取り除いたら、かなりすっきりした。このあと、盛り上がった場所をならして、やっとこさレンガ敷きに取り掛かった。右上に積まれているのは取り除いたレンガ。
s-P1070715.jpg


いつものように砂を入れながら平行と取りつつの作業。まずは、庭に埋め込まれている円形のテーブルの周りを囲むように敷きはじめてみた。この砂利のところ全部にレンガが再び入る日はいつになるのやら・・・。
s-P1070717.jpg


敷いたレンガを上から見るとこんな感じ。長方形のレンガだからどうしても隙間が広くなる。レンガを固定するために固まる砂を入れたいところだけれども、コストがかかりそうだから今回は普通の砂を入れる予定。
s-P1070716.jpg


テーブルの周りをとりあえず囲ってみたものの、その他のスペースにどうレンガを敷くは思案中。なんとなくのイメージはあるものの、実際どうなるかは造ってみないと分からない。この行き当たりばったり感もいつものことで、慣れてきた。

6月中に敷き終えることを目標に、じみ~な作業がしばらく続く・・・・。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.06.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 我が家の庭先(イリノイ)



レンガパティオのぶち壊し その1 

レンガの道がひと段落したので、裏庭のパティオに取り掛かった。中古の庭の宿命、まずはぶち壊しから。

このパティオ、前オーナーの手作りなのだけれども、40年近い年月でガタガタになっている。昨年増設した部分とデザインを合わせるためにも、いったんすべてのレンガを取り除いてから、レンガを敷き直すことにした。

使われているレンガは、ALBION SHALE BLOCK と刻印が入っているものがほとんどで、たまにWESTERN PAVERの刻印がある。ALBION SHALE BLOCKは、イリノイ南部のALBIONにあったレンガ工場らしい。我が家は築40年なので、その頃つくられたレンガ。
s-P1070560.jpg


ぶち壊しといっても、じみ~に一つ一つのレンガを取り除いていく。幸いモルタルは使っていないため、取り外すのは思ったより簡単。2時間ちょっとの作業で、レンガの海ができあがった。レンガを取り除く前の写真 >>レンガの道 その3(とりあえず完成?)
s-P1070562.jpg

当然ながら、このレンガを別の場所に移動させないと作業が進まない。このレンガ、ブロック状で重たいのなんの。普通のレンガの2倍ぐらい?レンガを2個づつ運んで、先日作ったレンガの道の横のスペースに積み上げた。これで全体の5分の1ぐらいが終わったところ・・・。しばし、地味なレンガ運びが続く。
s-P1070565.jpg


本日の作業は、ここまで。
完成はいつになるのやら・・・・。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.05.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 我が家の庭先(イリノイ)



«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。