スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



花と芸術(Petals & Painting)とMom's Day

Petals & PaintingsというキャンパスにあるKrannert Art Museumで毎年行われている展示を見に行った。これは、Champaignの大御所フラワーデザイナーのRick Orrさんが中心となって行っており、今年で20年目だとか。
s-P1070417.jpg


展示作品の例>>Krannert Art Museum Spring 2012

Rick Orrさんに選ばれたフラワーデザイナーが、Art Museumに展示してある作品からインスピレーションを得てフラワーアレンジをつくるというもので、芸術作品&フラワーアレンジのコラボ。学校のフラワーアレンジメントの先生も出展者の一人で話しを聞いたら、2,3カ月前に展示作品の写真が一枚送られてきて、それをもとにアレンジをつくるのだとか。展示作品を自分で選ぶわけじゃないから、これはかなり難易度が高い。

芸術作品の解釈はわからないのでさておき、この絵や彫刻からこういうアレンジをつくるのか~と感心したり、なんでこうなるの??と思ったり、普段とは違うフラワーアレンジメントが楽しめた。昔だったらただ見ていただけのアレンジも、今はどうやってこれを作っているのか?とマジマジと詳細までみてしまう。

一番印象に残った作品は、海辺の風景をもとに、流木に絵で使われている色の花を生けたもの。ブルー系のモノトーンでアレンジされていて、これまた元の絵の雰囲気を上手くアレンジに活かしてあっていい感じ。

芸術と花のコラボ、かなり楽しめた企画だった。もっと早く知っていれば、毎年来たものをと少し悔やまれる。


この週末にキャンパスで行われていたもう一つの花関係のイベントはMom's Weekend Flower Show。これは、イリノイ大学のHorticulture Club(園芸クラブ)が主催しているイベントで、毎年あるテーマをもとにしたガーデンの展示と植物の即売会が行われている。割安な値段で植物が買えるのが嬉しい。

今年のテーマは映画ということで、楽しい雰囲気のものから、サスペンスまで色々。ガーデンに使われている植物も販売されているけれど、こちらは早々に売り切れてしまうのだとか。
s-P1070364.jpg

s-P1070368.jpg


この週末は、花イベントが盛りだくさんで大満足。

スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.04.27 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 観光&イベント&遊ぶ



Japan House オープンハウス

ここ1週間ほど、イベントやら課題やらでバタバタしてました。今週は、ようやく落ち着いていつものペースに戻れそうです。

先週の土曜日は、イリノイ大学のJapan Houseのオープンハウスにクラスメートと一緒に行ってきました。Japan Houseは、あ~日本だな~と思える空間で、熱いおちゃをずずず~と飲みたくなる感じ。

駐車場からの小道には桜が一部咲きでした。今週は暖かかったからそろそろ満開かな。我が家にも一本ほしいな。

s-P1040404.jpg

京都の料亭を思い出す入口です。

s-P1040381.jpg

縁側の雰囲気も落ち着きます。

s-P1040410.jpg

まずは友達とお茶を頂きました。いい年してお茶のお作法も知らないことが、かなり恥ずかしい・・・。

その後は、ボストンから来られたMr Glenn A Sorei Pereiraさんの和菓子の講義を拝聴。スライドだけじゃなく、食べさして~。

s-P1040400.jpg


そして、13時からは、日本庭園ツアーに参加。学校の課題で、この日本庭園についてのプレゼンをするので、クラスメートと気合いを入れて参加してきました。ツアーガイドは、この庭園をデザイン、造園もされたJames A Bierさん。

Bierさん、アメリカ兵として敗戦直後の日本に行き、土地の計測のため日本各地を訪問されたとか。日本の景色に一目ぼれだったとか。もともとは、カリグラファーで、40歳ごろからガーデナーの勉強を始められ、自宅にも日本庭園を造っているそうな。

s-P1040423.jpg


アメリカの日本庭園にありがちな、中国や日本庭園やらをいっしょくたにした庭にはしないで、出来るだけ日本庭園そのものをということで造られただけあって、落ち着きのある日本庭園です。

s-P1040429.jpg

どことなくモダンな感じがする枯山水。後ろに山があると良いなと思うのは、無い物ねだり。あと、少し大き目の石があった方がいいかな。木の下の方の空間は、ウサギの仕業で、冬に巣をつくったらしい。

s-P1040417.jpg

隣にある池の周りには、歩ける日本庭園を造りたいそうですが、予算の関係上、今は保留なんだとか。日本庭園拡張の時には、ぜひ一緒に働かせていただきたいものです。

s-P1040406.jpg

一緒に行ったアメリカ人のクラスメートも楽しんでたみたいだし、よかった。
日本文化はやっぱり美しいと思った日でした。

さっそく、今週末はイチゴ大福にチャレンジしてみます。
花より団子の日本女子・・・。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2011.04.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 観光&イベント&遊ぶ



ラビリンスのある秋の公園

土曜日は、小雨がちらつくなかフィールドトリップで、1907年に作られたCrystal Lake Parkに行ってきました。

先生がこの日、生徒に見せたかったのは、数年前に生徒と一緒に作った場所。病院のすぐ横にあり、患者の方やそのご家族のかたが安らげるような場所というコンセプトでデザインされてます。ここには、1フランスのChartres Cathedralのフロアーに残るラビリンスをレンガで再現してあります。

s-P1030944.jpg


ラビリンスの入り口から中央までは、一筆書き?で書かれているので、記された道通りにたどると、無事にゴール(中央)にたどりつけます。遠回りしてるようでも確実にゴールにたどりつく様は、まるで人生のよう。悩み事があるときなど、ここを歩くと何かが見えてくるそうです。

s-P1030952.jpg


実際に歩いてみると、迷路とは違い、あさっての方向に向かって歩いていても、最後には最終地点に到達できる安心感が気持ちを落ち着かせてくれました。

このラビリンスは職人さんの手によるもので、細かい作業で2色のレンガが並べられてました。何とも不思議な感じのするデザインです。

s-P1030953.jpg


ラビリンスの周りと手前のパティオは生徒の手によるもの。きれいな植栽でした。夏の方がきっと華やかかな。

s-P1030948.jpg


この小道は、少年院の少年たちによるもの。地域活動の一環として作業をしたのだとか。少年達は、何かを作り出すことへ喜びを見出していたとのこと。少年達が楽しそうに作業している姿が目に浮かびます。

s-P1030942.jpg


米国では、服役中の人のリハビリや職業訓練もかねた園芸プログラムが存在するなど、園芸の可能性の幅広さを実感するにつけ、これを第2のキャリアとして選んでよかったと思います。

このラビリンスの周りは、オレンジ、赤、緑とこの季節ならではの色のパレットが楽しめました。

s-P1030933.jpg


s-P1030935.jpg


水辺に映える木々も見事です。

s-P1030930.jpg


健康的に逞しく育った木々を見るだけで、癒されます。
贅沢な空間


早く形に残る仕事ができるように頑張ります。いつかは、たどりつくかな。
本日も、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2010.10.26 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 観光&イベント&遊ぶ



ヤギのハーレム牧場

今日の社会科見学は、ヤギ牧場と果物農園です。
場所はここ>>Prairie Fruits Farm ちなみに、現地集合、現地解散です。なんともアメリカらしい。

ここは、もともとウィスコンシン大学の先生だったご夫婦が始めた農場です。ヤギのミルクのチーズと有機栽培のりんごやチェリーを主に作られてます。その他、農場でとれた野菜や果物をつかったレストランもあってとてものどかなところ。

どあっぷでご挨拶。うふ。

sP1030852.jpg


足元で走り回るニワトリ

sP1030843.jpg


走り回るヤギたち。ちなみに、真ん中がオスです。繁殖期で、メスを追いかけまわしてました。
その後を別のメスが追いかけてます。追い払っているようでしたが・・・

sP1030846.jpg


若いって、いいわねえ~

sP1030847.jpg


ここではヤギを自然繁殖で増やしています。これ全部を2匹のオスが面倒をみるそうな。ハーレム…

sP1030853.jpg



この社会科見学の授業は来週で最後。楽しい授業だったので残念。サラリーマンの主人曰く「ちょっと、楽しみすぎちゃう?」。おほほほ、だってほんとに楽しいんだもん。


がんばろう留学生!
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2010.10.06 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 観光&イベント&遊ぶ



秋に燃えるといえばフットボール

9月になって、大学もプロもフットボールが始まりました。

米国は、大学スポーツに対する、一般市民の盛り上がり方が違う。イリノイ大学の試合となれば、オレンジか紺色の大学ロゴ入りTシャツやパーカー、もちろん子供もオレンジと紺色でばっちり決めて応援に駆けつけます。

先週の土曜日は、イリノイ大学と南イリノイ大学の試合。主人の会社の人がチケットを取ってくれたので、20人ぐらいでイリノイ大学の応援に行ってきました。


ゴールの後ろのオレンジ色は、イリノイ大学の応援団?オレンジ色が揺れてました。

s-P1030766.jpg


6時半スタートで、終わったのが9時過ぎ。この日は、三日月。

s-P1030769.jpg


ハーフタイムには、マーチバンドのパフォーマンス。人数も多くて、見ごたえありました。そいうえば、はるか昔、幼稚園の時に小太鼓で三・三・七拍子を叩いたっけ。

s-P1030773.jpg


最後はイリノイ大学のチーム名“ILLINI”です。

s-P1030776.jpg



この日の試合は、35-3でイリノイ大学の圧勝。といっても、イリノイ大学のフットボールが強いってわけじゃないのが悲しいところ。バスケの方が、ちょっと強いのかな?


ちょうど、目の前に座っていたおじさま、熱狂的なファンらしく、イリノイの選手がポロッとミスをした瞬間、「なにやっとんのじゃ~、ぼけ~!」と立ちあがって叫んでました。英語ですけど。試合より、そのおじさま見てる方が、よっぽど笑えた~。

試合後に、一緒に行った、中国人、台湾人の女の子と記念撮影。

s-IMG_4983.jpg


がんばれILLINI!


ついでに、ポチっとブログの応援もよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2010.09.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 観光&イベント&遊ぶ



可愛い教会の庭

シャンペーンの街で見つけた、かわいらしい教会のガーデン。6月の写真なので、今はまた別の花が咲いてるかな。
赤いドアと煉瓦の壁がいい感じです

sP1010917.jpg


みごとなホスタがありました。ほんとにホスタ、アメリカで大人気です。

sP1010920.jpg

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2010.08.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 観光&イベント&遊ぶ



7月4日 独立記念日の花火大会

早いもので、7月4日は、私にとって2回目のアメリカ独立記念日でした。私にとって、独立記念日と言えば、バーゲンと花火大会です。アメリカの自由を獲得した先人に敬意を払いつつ、お祭り気分で花火見物してきました。

花火大会の場所は、Lake of the Wood.ここは、イリノイ大学のシャンペーン・アーバナからだと、車で15分ぐらいです。私は家の近くなので、折りたたみ椅子を持って歩いて行きました。

Lake of the Wood 独立記念日イベント >> Freedom Fest


Freedom Festの看板がでてました。いつもは入場料はタダですが、この日は1ドルです。8時過ぎに目的地の池まで行ってびっくり、こんなに人が集まっているとは思いもよらず。出店もDJもいて、ちょっとしたお祭りです。8時半でもこの明るさなので、花火は9時開始でした。
P1020533.jpg
P1020536.jpg
P1020539.jpg


花火を見るスポットは、池の周りの路上です。路上でも出店のある公園よりの方が、仕掛け花火が見やすいと思います。公園の中だと、木々が邪魔して肝心の花火が見えにくいです。

9時から花火が始まったのですが、最初は公園の外の会場で上がって、音と花火の光だけです。えっ??ここが会場じゃないの~~~とちょっと心配していたら、30分ぐらい遅れてようやく公園内の会場からも、花火が上がり始めました。

花火は、単発のものが多くて、さすがに隅田川とか東京湾の花火大会と比べると物足らないですが、打ち上げ地点に近いので音の迫力は十分楽しめました。仕掛け花火もありましたし。

page.jpg



東京にいたころは、友人とクーラーボックスにビールをつめての花火見物が恒例でしたが、ここアメリカでは屋外の公共の場所でのアルコールは禁止です。これが、物足らない別の理由でもあるんですけどね。

このLake of the Woodの他にイリノイ大学の近くでは、パレードやら野外バンドやら色々イベントがある様子です。
シャンペーン 7月4日 独立記念日イベント >> Champaign County Freedom celebration


何かと賑やかなので、7月4日のIndependence Dayは好きな休日の一つです。



北米留学の本音がたくさん >> ブログ村 海外留学(アメリカ・カナダ)ランキング

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2010.07.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 観光&イベント&遊ぶ



«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。