スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



コミュニティーカレッジの授業料比較(イリノイとアイオワ) 追記あり

今回の引越しのおかげで、アメリカで4つ目の大学に通うことになった。学費も住民割引もそれぞれなので、比較してみた。ちなみに2012年 秋セメスター 健康保険なしの学費で比較。


4年制大学の付属ESL
University of Illinois IEI
イリノイ大学のESL。ただし、このESLは大学正規の授業ではなく、大学の付属施設での授業という位置づけ。学費は、フルタイムの学生の場合。
Program Fee - $4125
University Required Fee - $826 (施設利用料のようなもの。大学の図書館、ジム、保健室が使える。バスも無料)
Total - $4951

授業時間 20時間/週

コミュニティーカレッジ

Black Hawk College

学費/Credit Hour
In-district ― $95
Illinois out-of-district ― $204
Iowa contiguous counties ― $129
All other out-of-state and international students ― $204 (←留学生はこの金額)

フルタイムの学生では12Credits必要なので、留学生の場合の学費は$2448。プラス諸経費の$12.5なので、合計は$2460.5。

ただし、ESLだけに通う場合は、3 ESL courses (12 credits + 3 online credits) で $3,022.50になる。
*ここのESLは、オンラインクラスと実際のクラスの合体型。課題がびっしり出るので、University of IllinoisのIEIよりもきつかった。ここのESLでは、小額ながら奨学金がもらえたので、申請して損はない。

Black Hawk Collegeは、イリノイ州とアイオワ州の州境の街のイリノイ側に位置しているため、隣接するアイオワ州の街でも割引がある。

通常、留学生は税金を払っていないため、どこに住んでいようが学費は変わらない。ただし、配偶者がフルタイムで働いている場合は、住民割引になる場合が多い。これも州によって違うので要確認。

Parkland College

学費/Credit Hour
In Parkland College District 505 - $112
Illinois residents - $260.5
Out-of-state/international - $443.5(←留学生はこの金額)

基本的に留学生は、$443.5/Creditの学費になる。そのため、12Creditsを受講すると、$5316とかなり割高。ただし、配偶者がUniversity of Illinoisの学生の場合や、この地域でフルタイムで働いている場合は、Districtの学費 $112/Credit Hourが適用される。

留学生には大学が学費をサポートする奨学金がある。エッセイと面接審査に受かれば、学費が割引になるが、1年間、インターナショナルの事務でのボランティアが必要。


Des Moines Area Community College

学費/Credit Hour
Resident - $133.00
Nonresident - $266.00(←留学生はこの金額)

ここでは、Resident(地域住民)に認められるためには、授業開始の3か月前よりこの地域に移住していないといけない。ただし、Des Moines との姉妹都市出身者は、Residentの学費が適用になるの。ちなみに、日本だと甲府市。

その他、フルタイムの学生として1セメスター終了すると、次のセメスターで大学近郊の4年制大学で1クラス無料で受けられるというプログラムがある。私はこれを使って、Iowa State Universityで授業を受けようともくろんでいる。

追記:DMACCでは、入学時にデポジットとして$4000を支払う。これは、最後のセメスターで授業料として使うこともできるし、卒業時に全額返金してもらうこともできる。万が一授業料の支払いが遅れ、フルタイムの学生資格を失うことがないようにとのこと。

留学生でも応募できる奨学金が用意されている。応募するには、エッセイが必要。経済状況と成績のほかに、特にDMACCで学んだことを貧困国のサポートにどのように役立てることができるのかということが選考の際に重視される。何らかのボランティア実績があると奨学金をとりやすい。

またParkland Collegeでは、F1ビザの学生でも配偶者が働いていればResidentの資格がもらえたのと違い、アイオワ州のコミュニティーカレッジでは、F1ビザということで問答無用でNon-Residentとなる。大学に掛け合えば、変わるかもしれないけれど、、、、。州が変われば法律が変わるとは、まさにこのこと。

ただDMACCは学内に寮があり、留学生も数人暮らしているので、寮にはいることができたら生活費は少し助かるかも。寮に入っている友達に聞いたところ、寮というより、大学内にあるアパートで食事はなし。一人部屋、キッチン、リビング共有で$630/月とのこと。他に、2人部屋もあるらしい。もう一人の留学生は、学校から歩いて通学できる範囲の1ベッドルームのアパートで$830/月。ここは、新しくリビングルームもきれいで居心地がよいそう




Parkland Collegeのように、留学生の授業料が地域住民の授業料の4倍もする学校から、Des Moines Area Community Collegeのように、2倍程度の大学まで料金設定はさまざま。私がいま節約留学するなら、希望の4年生大学のある州内のコミュニティーカレッジか、その隣の州のコミュニティーカレッジで学費の安い大学を選んで、ESLと一般教養科目をとりあえず終わらせてから、希望の大学に進学するかな。


それにしても、若干18歳前後でいろいろな選択をして留学してきている学生には感心する。今の大学では、まだ日本人学生には会っていないけれども。がんばろ!

スポンサーサイト

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2012.08.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | コミカレ入学&転校手続き



コミカレ 転校手続き

ようやく、コミカレの転校手続きが終了した。留学生がコミカレから4年生の大学に編入することはあっても、コミカレからコミカレへの転校はあまりないかもしれないけれど、いつか誰かの参考になれば。

1.転校先の大学のホームページで必要な書類と書類提出の締め切りを確認する
基本的には、そのコミカレの入学手続きに必要な書類プラス転校に必要な書類を準備する。

ちなみに私の転校先のDMACCでは以下の書類が必要だった
 ・International Application (入学申込書)
 ・International Student Information (連絡先確認書)
 ・Financial Resource Statement
・Bank Statement
 ・高校もしくは大学の卒業証明書(英語) コピー可
 ・International Student Transfer Form
 ・パスポート、VISA、I-94、I-20のコピー
 ・手続き料 $100

2.International Student Transfer Formを現在の大学に提出
この書類は、転校先の大学が現大学に対して、生徒(私)が合法的に米国に滞在していることを確認するもの。現大学のインターナショナルオフィスが記入し、編入先の大学へ送ってもらう。

*この書類が編入先の大学に送られても、I-20や単位の移行は行われない。とりあえず、この書類だけは先に現在の大学にお願いする。

3.1の書類をそろえて提出する(郵送可)
・書類に記入する住所は、アメリカの現住所で可。
・DMACCでは、Financial Resource Statementは、A notary Publicということだったので、財政サポートをする人は、公証人の目前でサインをする必要がある。これは公立図書館などでできる。今までの大学は、普通のサインでOKだったから、大学による。
・Bank Statementは、インターネットでも入手できるが、銀行へ出向いて入手する方が無難。その際、銀行員のサインとビジネスカードをもらう。(大学によっては、正式な書類で無いと受け付けない場合もあり)
・手続き料は、チェックを送付

4.転校先の大学から、入学許可の手紙が送られる
この手紙を、現大学へ持っていき、I-20のトランスファーを依頼する。私の場合は、インターンシップをしていたので、インターンシップが終了してからI-20をトランスファーした。

5.現大学へ取得単位の移行を以来する
これは、現大学での成績がついたら、いつでも以来可能。学校によってはインターネットで依頼できる。

6.転校先の大学で学力試験COMPASSを受ける
英語と数学の学力試験を受ける。英語は、TOEFLEのスコアなどで代用可能。数学は、三角関数などもあり、忘れていると以外にできない。私は、ACTのサイトで問題例を見て、むか~しむか~しの記憶を呼び戻しておいた。さすがに、サイン、コサイン、タンジェントって??という状態だったから、何もしなかったらヤバかった。

7.転校先の大学から、新しいI-20と一緒にオリエンテーション等の資料が送られる
これで、大学の転校手続きは終了。(注)古いI-20は必ず保管しておくこと!

この後、どの単位が移行され、どの単位が移行されないのかを個別に編入先の大学のアドバイザーに確認して、次の学期から取る授業を決めて、授業を払わないといけない。授業登録がすめば、一安心なんだけど、あともう少し。

追記
結局、すべての単位のトランスファーが終わったのは10月末。担当の先生のところで止まってた…。やはり、自分で最後まで追いかけないとダメみたい。ちなみに、移行する単位が最大数より多い場合は、どの単位を移行して、どの単位を移行しないかなどきちんと説明したら対応してくれた。

日本を含め海外の大学から単位を移行する場合は、第3機関Educational Credential Evaluatorsによる評価が必要とのこと。これに費用が$180かかるけど、授業料を払うより安いし時間の節約にもなるから頼むことにした。大学の成績表、大学院の成績表と卒業証明が必要だった。


テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2012.06.21 | | コメント(4) | トラックバック(0) | コミカレ入学&転校手続き



転校先の大学の下調べ(コミュニティカレッジの転校)

引越しめんどくさーい!と叫んでみたところで、なにも変わらないので、まずは、転校手続きをするために、ネットで新しい学校の下調べをした。

アメリカの大学は、日本の大学と違って、大学間の編入がしやすくて助かる。特にコミュニティカレッジは、入学試験もないから、編入も自由だし。今回転校したら、アメリカで4つ目の大学・・・・。I-20も増える一方だ。(アメリカで転校する場合は、通った大学の全てのI-20を保管しておく必要があります)


さて、引越し先のデモインにある、Des Moines Area Community Collegeのプログラムをネットで見てみると、私の専門のHorticulture(園芸学)があったので、まずは一安心。Horticultureのプログラムは、今の学校より専門化されていて、ランドスケープデザイン系とグリーンハウス系に分かれているから、今の大学よりも一歩踏み込んだ授業を受けれそうだと、ちょっと期待できる。


ただ、プログラム構成がかなり違ううえ、持ち込める単位は最大43単位までなので、移行できない単位もでてきそう。無駄にはならないけれど、損した気分。一般教養の芸術系の単位は、新しい学校では必要なかったり、逆にサイエンス系の単位が必要だったり。専門科目の取り直しなら良いけれど、、一般教養の取り直しだとかなりショック。せめて、英語と数学だけは取り直しになりませんように。


ついでに他の学科も調べてみたら、Viticulture(ワイン葡萄栽培学)を発見。これは、アメリカに来たら習いたかったことだから、かなり嬉しい。余裕があれば、ぜひ挑戦したいところだけど、まずは園芸学で卒業できる単位を揃えてからでも遅くはないか。

残念なのは、フラワーアレンジメントの授業はあるけれど学位がなかったこと。今の学校では、フラワーアレンジメントの学位が取れたのに・・・・。仕方ないから、学校とは別に州の公認フラワーデザイナーの資格を目指そうかな。さらにお金も時間もかかるけど。これも、まずは園芸学で卒業単位を取った後かな。


趣味の陶芸は、学校ではなくてアートセンターにクラスを見つけた。学校と別に習うと、単位がもらえない上、平日の夜の時間だと通うのが厳しいけれど、せっかく始めた陶芸だから、スキを見て習いに行こう。


編入する予定の学科も決まったことだし、あとは転校手続きの書類を揃えないと。必要な書類が山のようにあるのよね・・・・。今まで通った大学の成績証明書とか、日本の大学の成績証明書などなど。日本にいる時に、卒業大学の成績証明書と卒業証明書を多めに取っておいてよかった。


アメリカの大学、編入が楽でよかった。それに引越しの時期も、日本みたいに夫君が4月1日までに何がなんでも移動ではなく、私の大学の夏休みに合わせて引越すればよく、こういう個人の事情が優先されるのは、アメリカだなと思う。


それにしても、いったい何年大学通ってるんだか・・・・。

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

2012.03.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | コミカレ入学&転校手続き



コミカレParkland Collegeで、園芸学部の申し込み

先日受けた、英作文のAssesmentテストの結果、英語は、ESL101からのスタートです。無事に大学レベルの一般教養の英語クラスの受講となりました^ ^

今日は、大学のカウンセラーと面接して、専門クラスに登録してきました。

アメリカの大学では、各生徒の目的にあった授業にきちんと登録できるように、カウンセリングを受けてから授業の登録になります。カウンセリングといっても、私のようにキャリアプログラムを受ける場合は、特にカウンセリングを受けるほどのこともなかったですが、念のため?専攻学科については確認されました。

「Horticulture(園芸学科)」で何を勉強するかは、理解してるよね?ということから、「園芸学科のランドスケープデザイン、コンストラクション、マネージメントは、結構体力いる学科だよ~。心の準備は大丈夫?コミカレのキャリアプログラムは、大学のような理論の勉強じゃなくて、実習中心だからね。」

と。実習したいからコミカレに行くので、そこはいいんですけど。困ったら、ムキムキマッチョのお兄さんに助けてもらうことにします。

カウンセリングの後は、学生証を作って本日は終了です。後は、学費を支払ったら、20日のオリエンテーションまでお休みです。


北米留学生のブログはこちら >> 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2010.08.05 | | コメント(2) | トラックバック(0) | コミカレ入学&転校手続き



コミカレのAssesssmentテスト(数学と英作文)

先日、コミュニティーカレッジのParkland Collegeで、Assessmentテスト(英作文と数学)を受けてきました。テストは予約制なので、事前にAssessment Centerに電話か訪問して予約します。

このテストの結果は、入学には関係なく、受講するクラス分けに使われるものなのでちょっと気が楽です。といっても、その結果で必要受講クラスの数が変わるので、良いに越したことは無いのですが。


【Mathのテスト】

数学は選択式で、時間は無制限です。パソコンで受けるので、終わったと同時に結果が印刷されました。問題のレベルは、中盤まではSATの問題レベルだったので余裕と思っていたら、log対数、三角関数とだんだん難しくなりました。

最後の方の三角関数は、sec, cot, cosecとか出てきて、あれ~?これなんだっけ??で出来なかったです。まさか、GREのテストにも出ない問題が、出てくるとは思いませんでした。ラジアンの定義も、すっかり忘却のかなた。2π=360°なんですけどねえ、覚えてなかったです・・・。

問題自体は、いたって素直でシンプルなので、公式を覚えていたら解けるもの。あ~あ、ちょっと見とけばよかったです・・・・。例によって、主人に聞いたら、ちゃんと覚えてるんですよね。大学受験以来使っていないのに、よく覚えているものだと感心します。

結局、数学は MAT128 Calculus/Analyt Geom Iというクラスから。たぶん、日本の高校2年ぐらいの数学でしょうか。難しすぎず、簡単すぎず、それなりに楽しめそうかなと期待してます。


【英作文のテスト】

こちらは、お題が2つあって、どちらか1つのお題について60分で英作文をするというもの。私のお題は、「近代テクノロジーのうち、あなたの日常生活において重要なテクノロジーについて」と「地域ボランティアについて」でした。簡単そうだったので、前者のお題でインターネットについて、書きました。こちらの結果は、2日後に分かります。

TOEFL iBT50点以下だと、ESLを受けないといけないので、別の英語のテストがあるようです。


英作文の結果を見てから、次はいよいよ受講クラスの選択と登録です。現役の大学生だったころより、かなり真剣にクラススケジュールを見てます。クラスタイトルから授業内容を想像したりして、かなり楽しんでいる今日この頃です。

北米留学生のブログはこちら >> 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2010.08.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | コミカレ入学&転校手続き



SATとGREで頭の体操。ついでに立体認識と方向音痴

ここ最近、SAT(大学入試用の試験)とGRE(大学院入試用の試験)のMathの練習問題を解いてます。

  SATの問題はここのサイトにあります >> SATの問題

というのも、秋から通うコミカレの申し込みをした時に、数学と英語のテスト受けてくださいね~と。えっ、数学も受けるんですか?と思わず聞き返してしまいましたが、学位取得を目指す生徒は必須とのこと。


実施にGREもSATの問題を見ると、こんなに簡単でいいの??と思うぐらい簡単に見えます。GREの方がSATより難しいかというと、そういうわけでもなく、どちらも高校1年?の数学で解けそうです。もちろん、英語の問題文が理解できて、高校の数学を覚えていればの話です。

問題が簡単すぎておどろいたのと同時に、自分の記憶力の方にも驚きました。感心するぐらい、忘れてるんですよね・・・・ 円周や円の面積の公式ぐらいは大丈夫ですが、xyグラフ上の円の式となると、えっ???なんだっけと。例えば、(3、4)を中心にした、半径5の円の式とか。(x-3)2 + (y-4)2 = 5*2 *2は2乗です。ちょっと考えたら分かるんですけど、まったく記憶になく・・・・。

サイン、コサイン、タンジェント! と言葉は覚えているものの、いったいこれらは、どなた?どんな関係??とこんな具合です。これでも、高校の時は、数学、物理が得意だったんですけど・・・。

あまりに、情けなかったので、ちょっと主人にも聞いてみたところ、ちゃんと覚えてました。サインコサインまでも、きっちり。さすが、エンジニアです。



ついでに、数学で思い出しました。立体認識と方向音痴の関係です。


子供のころ数学は好きだったのですが、唯一苦手だったのが立体の問題です。例えば、立方体をある角度で切った時の、切り口の形は?とかです。この時、立方体を頭の中で考えることができず、消しゴムに線を書いたり、切ったりして考えてました。そのころは、この立体問題をすらすらと解ける人を不思議に思ったものです。

この不思議、大人になって解決というか、納得しました。

ある時、デパートのトイレから出た瞬間、行く方向が分からないのは、かなりの方向音痴だと教えてもらった時に(←当然、みんなも分からないものと思ってました)、あっ、私の脳はもともと3Dが苦手な構造なんだと、納得したのです。だから、立体の問題があんなにも難しく感じたんだと。

こういう、立体認識能力って、子供のころに鍛えたらちゃんと身につくもなんでしょうか。方向音痴にならない子供の育て方とか・・・・。少なくとも、私の場合、小学校ではすでに立体音痴でした。


まったく、絶対的(絶望的?)方向音痴に加えて、絶対的(絶望的?)音感音痴でもある私。これは脳の2重苦です。ここは、せめてGREとSATで頭の体操でもして、これ以上の記憶力の劣化を防ぐようにします。


テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2010.07.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | コミカレ入学&転校手続き



コミカレに行こう!

秋から通うかどうしようか考えている、コミュニティカレッジParland CollegeのInternational Serviceで色々と話を聞いてきました。Parkland Collegeは、1967年にシャンペーンにできた比較的新しい学校です。

シャンペーンのコミュニティーカレッジ >> Parkland College

一番聞きたかったことは、レジデントの学費の適用について。レジデントでは、1単位102$の学費が、インターナショナルだど1単位403$。コミュニティカレッジは、税金で運用されている地域のための学校なので、しょうがないですが、この差は大きいです。

Parkland Collegeでは、配偶者がChampaignで働いているならば、働いている期間は関係なく、レジデントの授業料が適用されるとのこと。相方のおかげで、私もレジデントとしての学費が適用されます。これは、ありがたいです。


その他Parkland Collegeで確認したことは

・専攻については、同時には1つのメジャー(専攻)を選択するが、メジャー以外のクラスも受講可能
・アカデミックコースにはTOEFL iBT 61以上
・ESLの好きなクラスを取りつつ、アカデミッククラスも受講可能
・F1ビザを維持するには、アカデミックコース12単位、ESLなら14単位の受講が必要
・12単位のうち、9単位は通学が必要、のこり3単位はオンラインクラスでも可


この秋からすぐにアカデミックコースで学べるというのも、うれしいことの一つです。ちょっと勉強というか身につけたいスキルが複数ある私には、都合がよさそうでした。ここ1年間、修士(2つめ)か博士(2度目の挑戦)で学びたいことと言われると、なかなか見つからなかったのですが、就職(or フリーで仕事)するためのスキルで学びたいことと言われると、Webデザイン、写真、農業(園芸)、保育と欲張ってしまいます。


Parkland Collegeでは、Horticulture(園芸)専攻、Website Design(サーティフィケイト)を主軸に、あとは、米国内のビジネス関係の法律、国際マーケティング、E-commerce などビジネスで役立ちそうなクラスをつまみ食いする予定です。これだけやると、まず2年間では終わりそうにありませんが・・・。


渡米してから1年ちょっと、ようやく腑に落ちる方向性が定まってきました。
今後もぼちぼち行きます。


北米留学の本音なら >> ブログ村 海外留学(アメリカ・カナダ)ランキング

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2010.07.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | コミカレ入学&転校手続き



«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。