スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



ついに学位を取得(AAS)

御無沙汰してます。約4か月振りの更新。。。。

この夏セメスターで必要単位がすべて揃ったので、大学に学位申請したところ、数学の単位が足らないことが発覚。どうやら、イリノイのコミカレでとった数学の単位が、アイオワのコミカレの数学の基準とは違うためらしい。

イリノイでは、ビジネスMathをとったのだけど、アイオワでは普通のMathが必要とのこと。以前に窓口で聞いたときは、数学の単位も移行できるとのことだったので油断した。日本の大学の数学の単位を移行できるか?など訊いてみたところ、学部の担当教官の許可をもらえばイリノイの単位を移行できるとのこと。

早速、担当教官に連絡して書類を書いてもらった。

これで晴れて、全単位が揃ったので改めて学位を申請。申請後、2,3日で学位が届いた!
Associate in Applied Science in Commercial Horticulture

ESLの1年をいれたら4年もかかった。感無量。


ついでに来年5月の卒業式への参加手続きもしようと思ったら、夏に卒業する場合は今年の5月の式に参加しないといけないとのこと。えーーーーー!!!もう終わってる。あの四角い帽子とマントを着て参加したかったのに。来年の5月の式に参加だけはしても良いけど学位授与はない?と言われテンション下がりまくり。あーあー、がっかり。

まさか、卒業確定する前に卒業式に参加しないといけないとは、知らなかったよ。



気を取り直して履歴書でも書き換えとくかな。この後は、アイオワ州立大学への編入か大学院進学も考えていたのだけれど、とりあえずは来年の春ぐらいから仕事をする予定。それまでは、しばし休憩。

スポンサーサイト

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2013.09.19 | | コメント(4) | トラックバック(0) | コミカレ紹介



夏セメスターの予定(2013年)

いよいよ、夏セメスターが始まった。これが、コミカレ園芸学部の最後の授業になると思うと感慨深い。ほんと、ここまで来るのに長かった。って、まだ夏セメスター始まったばかり。

この夏にとっている授業は次の二つ
1.Insect and Disease(害虫と病気)
2.Fruite and Vegetables(果物と野菜栽培)

クラスの内容は名前そのもの。害虫やら病気について習う授業と、野菜と果物の育て方もろもろを習う授業。果物は、グレープ、各種ベリー、イチゴなど、いわゆるSmall Fruitと呼ばれるものとナッツが中心。あと野菜は、大学の外の畑とハウスで育てる実習が中心。メジャーな野菜と果物が中心ということだったので、トマト、ピーマン、ジャガイモ、レタス、もちろんアイオワなのでコーンなどの育て方を習う。

どちらも役に立ちそうだけど、やっぱり野菜&果物の育て方のクラスの方が面白い。裏庭に果物の木を植えたいし、ちょうどいい。

最初の授業では、早速ブドウ園を見学。一か所めは、残念ながら昨年倒産してしまい、打ち捨てられた感じのワイナリーの畑。原因は、一言でいえば素人が趣味の延長でワイナリーを始めたから。そもそもブドウ園の場所が、周りを木々にかこまれた窪地にあり、日当たりの悪さ、洪水の危険、水はけの悪さ、鹿や鳥などの動物の多さなど多数の問題を抱える場所にあり、とても悪条件が揃っていて成功するのは難しい立地条件。先生曰く、立地は最も重要な条件なので、成功するためにはベストの場所を選ぶこと。一度始めたら、場所の移動はできないからと。確かにこの場所では、かりにプロが始めたとしても厳しかったかも。

これが、このあたりのブドウ園の現状とのこと。アイオワのブドウ園、ほかの州と比べてもまだまだのよう。

2か所目は、以前にもいったことのあるワイナリーのブドウ園。こちらのブドウは、剪定も終わってきちんと管理されているところ。なだらかな斜面にあり、まずまずの場所。ここで、ブドウの種類とか支えの方法、剪定の仕方などを勉強。スライドで見るより分かりやすい。残念ながら、ワイナリーの見学は無し。


我が家の北向きの裏庭、場所としてはイマイチだけれども、せっかくなのでブドウの木も1,2本植えてみようと思っている。あとは、ベリーとチェリーの木もほしい。このクラスが終わったら調べてみよう。


先セメスターはあまり集中してなかったから、この最後のセメスターは気合いを入れなおして頑張ろう!

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2013.05.23 | | コメント(1) | トラックバック(0) | ランドスケープ園芸学科コース内容



インターンシップの戦利品は一年草!!

今年のインターンシップ150時間も無事に終わった。お給料はグリーンハウスの植物。好きなだけ持って帰っていいとのことだったので、遠慮なくエントランスの花壇が埋まるぐらいもらってきた。ついでにハンギングバスケットも自分の失敗作含めて5つほど、その他に寄せ植えを作るようにもいくつか。花の育ち方とか広がり具合とかは、自分で育てみて分かるものだから、この機会に色々植えて試してみたかったので、全種類一通りの植物をももらったら、こんなに大量になってしまった。

一部はすでに植えてしまったけれど、どどーんと並べるとこんな感じ。先生にも、どれだけ大きいスペースに植えるの??とびっくりされた。たまたま空いている花壇があるので、今年は一年草の花壇にする予定なんでと説明したら納得してもらえたからよかった。
P1080538_convert_20130514231357.jpg


暖かくなって天気も良いのだけど、春一番が毎日吹き荒れているような強風に辟易。せっかく植えた植物も折れたり、しなったり。この風どうにかならないもんかな。来年までには風よけの低木を植えないと、せっかくの花壇が台無しだよ。

これだけもらえば、インターンシップの給料がゼロでも、元は取れてる気がする。さてさて、これを植えるのがまた大変だー。一週間ほどお休みだから、今のうちにできるだけ片づけよう。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2013.05.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | インターンシップ(2013年春)



一年草の花壇 詰め込みすぎた??

気候もまあ暖かくなり、ようやく屋外に植物を移せるようになってきたので、大学のキャンパスの花壇をひとつデザインしてと頼まれた。

場所は、園芸学科のビルの横。ここは、東西に横長の南向きの花壇で、北と東を建物に囲まれているから、午前中は完全な日陰だけど、午後からは強い西日があたって乾燥する場所。そのため、花壇の西側には乾燥に強い植物、東側には日陰で育つ植物を選んだ。花壇は、奥行70㎝ぐらい、長さ10mぐらいの大きさ。


こちらが、片付けをしたあとの空っぽの花壇。写真の左手前が西で右側奥が東側。

DSC_0017_convert_20130511204507.jpg


植物を植えた直後の花壇。遠目で見るとそこそこ華やかになったかな。
P1080531_convert_20130511204725.jpg


東側は、パープルファウンテングラス、青紫のサルビア、紫のアンゲロニア(Angelonia)、黄色のカリブラコア(Calibrachoa)、青紫のバーベナ、白のユーフォビリア(Euphorbia)、シロタエギク(Dusty Miller)、一番後ろにコリウスという組み合わせ。完全に私の趣味です。ちなみに、これら日本なら越冬する植物もありますが、ここら辺ではすべて一年草の扱いです。

P1080525_convert_20130511204542.jpg


花壇中央はパピルス(Cyperus)を中心に、周りはピンクと黄色のスナップドラゴンとランタナという組み合わせ。手前には、ロベリア(Lobelia)とバコパ(Bacopa)。

P1080528_convert_20130511204617.jpg


一番日陰になる東側は、中央にコロカシア(Colocasia)、その周りはインパチェンス、フクシア(Fuchsia)、そして手前にロベリアとトレニア(Torenia)の組み合わせ。半日蔭で育つものばかり。暗くなりがちなので、バックには明るい色のコリウス。

P1080530_convert_20130511204652.jpg


それぞれの間には、イポメア(Ipomoea)とコリウスをグランドカバーに植えた。イポメアは、夏になるとアホみたいに増えるから、他の植物を覆わないように監視しとかないと。

一年草花壇のデザインをしたのも、これだけの数を一度に植えたのも初めてだったので、どのくらいの植物を植えたら花壇が一杯になるか正直よくわかってない。植えている時に、先生から「うーん。ちょっと間が詰めすぎかも」と言われたので、植物が育ってくると窮屈になるかも。

隙間の空いてる花壇よりも、わさわさと茂ってる花壇にしたかったから、詰めすぎたかな。園芸課の建物の花壇なので、できるだけ多くの種類の植物を使ったのだけど、どうなるかな。夏になって、どんな感じで植物が育ってくれるか、心配しつつ見守ろう。


この夏学校に行く楽しみが一つ増えたよ。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2013.05.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | インターンシップ(2013年春)



ちょっと失敗ハンギングバスケット

インターンで働き始めた初期に作ったハンギングバスケット。まだ小さな苗を植えてつくったので、花のイメージがつかみにくかったのと、ハンギングバスケットの寄せ植えを作ったのが初めてだったのでかなり苦戦。

今見てみると、けっこう可愛い感じにできたのだけど、これがアメリカ人には全く受けない。私的にはピンクのスナップドラゴンとランタナの組み合わせが気に入っているんだけど。黄色のバイデン(Bidens)は、思った以上に足が長くなってしまったから、他の花の方が良かったか。後ろにツル状に育つコリウスを入れてるんだけど、それが思いのほか育つ、育つ。しかも色が全然あってない…。これは、失敗。しかも、吊るして下からみたら地味だし。って、自分でもダメ出ししてるから、アメリカ人受けしないってぼやくのも筋違いか。悔しいので、他の組み合わせのハンギングもつくってみようと思う。


P1080519_convert_20130510063518.jpg

吊るすタイプのハンギングバスケットは、色々な花を組み合わせたり色を混ぜるより、1種類の花でつくるか、同系色の花でつくるのがよさそう。ツル状の植物だけよりも、ある程度の高さがでる花を使うことと、真横または下から鑑賞するので360度どこからみても同じように見える方が綺麗かな。せめて左右対称にするか。


売れない私のバスケットをの代わりに、母の日を前に飛ぶように売れたのがゼラニウムのハンギングバスケット。ポットでも赤やピンクの派手なゼラニウムがよく売れている。確かに、花が大きな丸い塊として咲くから、ゴージャスなので母の日のプレゼントにはぴったりなんけど。私は人工的な感じがしてちょっと苦手。

ゼラニウムそれだけでかなり目立つから、ごちゃごちゃ組み合わせるより、白いふわっとした花と葉物だけというシンプルな方が合いそうかな。これもちょっと試してみようと思う。


やはり色々自分で育てたり、組み合わせて試してみると学ぶことが多い。最初は希望したインターンシップ場所じゃなかったからちょっと不満もあったけど、自分でいろいろ試させてもらえたから結果としてはよかったかも。しかも、好きなだけ花を持って帰っても良いってことだし。



テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2013.05.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | インターンシップ(2013年春)



Plant Sale と今年初の寄せ植え

先々週、先週、今週と大学のグリーンハウスでPlant Sale中なので、ここのところ忙しい。今週一杯でSaleも終わり、インターンシップも終わるからあと少し。

小売りの接客業は大学でしたバイト以来なので最初はぎこちなかったけれど、何とかなるようになってきた。それでも、レジで金額を聞き直されることは頻繁だし、お客さんの質問が分からないこともあるので、アワアワと対応しているのだけれども。

大学のグリーンハウスの売り上げとしては、こんなものなのかな。まだまだたくさんの花があまっているので、もったいない。今回のインターンシップは、大学の予算の都合で無休だったので、終わったら好きなだけ植物を持って帰っていいよとのこと。遠慮なくエントランスの花壇が埋まるだけの花をもらって帰ろうと目論んでいる。

Plant Saleの合間に、木陰のパティオに置いてある鉢に寄せ植えを作ってと頼まれたので、グリーンハウス内を物色。予算関係なく好きなだけ使っていいとのこと。

あーでもない、こーでもないと色々と組み合わせて、ブルーを基調にしたのと紫を基調にした2種類を作った。コンテナのデザインを考えるのが一番楽しい。花が咲く前だと色のイメージがつかみにくくて難しいけれど、実物を前に組み合わせができると、楽ちん。

DSC_0006_convert_20130508071854.jpg


ようやく、アイオワも春かな~。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2013.05.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | インターンシップ(2013年春)



大学のグリーンハウスでインターン

たぶん数か月ぶりの園芸ネタ。

2013年のインターンシップは、最初の会社が没になったので、結局は大学のグリーンハウスで働くことにした。大学のグリーンハウスといっても、小さな園芸店のよう。春のフラワーセールに向けて、4月中は何かと忙しい。

インターンの学生は、グリーンハウスで働く学生が私の他に1人、ナーサリー(木の栽培)が2人、屋外の野菜用のハイトンネル(アメリカでは、暖房機能のついていない畑にあるようなグリーンハウスをハイトンネルと呼びます)に2人と合計6人。最初は、2,3人ぐらいかと思っていたから、意外に多くてにぎやかな職場になっている。

私の主な仕事は、グリーンハウス内の花の管理とフラワーセールに向けたマーケティング。

花の管理は、主に水肥料やり、害虫チェック、ポット上げ、寄せ植えデザインなど。私の担当植物は、酸性を好む植物なので、使う肥料もそれに合わせて調整している。週1でpHとEC(土の中のイオンの蓄積度合をはかる)をはかって、それぞれの花が育ちやすい環境になっているかを確認。鉢の中のpHが高くなってくると、葉の先端が緑が薄くなってきたりと嫌な症状がでてきてしまう。

その症状に合わせた対処法は授業で習ったけど、やはり自分でやってみて植物が元気になってくるのを見ると、おお!授業通りやと嬉しくなった。

小さいペチュニアのような花を咲かせるカリブラコア(calibrachoa)。乾燥に強いので、この辺りの夏の鉢植えにはぴったり。
sP1080477.jpg

カリブアコアのハンギングバスケット。売れ残りをもらう予定。
petuniahb.jpg


ハンギングバスケットの寄せ植えを作ったけれど、ちょっと小ぶりの花ばかりで花がないというか。いや花はあるけど、迫力に欠けたかなーと反省。もう少し育てば、見栄えもよくなるかな?

マーケティングは、フラワーセール用の広告、ポスター、ポップづくり。これは、パワーポイントで楽しく作業。前の職業をフルで活用した感じ。出来栄えもまずまずで満足。あと、園芸クラブのロゴもデザインしてと言われ、これはちょっと難しいわと思いつつ、一つ作ってみたけれど採用になるかは、まだ未定。せっかくだから、採用してくれるとよいな。

ちょっとだけ、グリーンハウスの花を紹介。

左側はゼラニウム、その右横はインパチェンス。この辺りでは。両方とも一年草の扱い。室内の日の当たる場所に置いておけば年を越すけれど、冬が長いからちょっと大変。
sP1080501.jpg

今年、エントランスに植えてみようと思っているのは、ランタナ。花の色が変わっていくのが面白いのと、何よりも乾燥に強い丈夫な花なので、ずぼらな私でも枯らさないかなと。
sP1080498.jpg

他には、バジル、シアントロー、タイムなどのハーブ、トマトとピーマンの苗なども栽培中。前の大学に比べると、今の大学の方がグリーンハウスのプロダクションは本格的なので、転校してよかった。


グリーンハウスで働いていると、早く自分の庭もなんとかしないとなーとそわそわしてくるね。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2013.04.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | インターンシップ(2013年春)



«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。