スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



2013年の庭

ブログのログインの仕方すら忘れるぐらい久しぶりの更新になってしまいました。
大学を卒業して子供も生まれて生活リズムががらりとかわり、ブログを書く気分にもなれず、ほったらかしていました。

とりあえず昨年の庭の様子が中途半端なところだったので、どんな感じになったかだけご紹介です。


大学からインターンシップのお給料の代わりに現物支給された一年草。もりもり育ってくれました。

P1080598_convert_20140411040657.jpg

P1080603_convert_20140411040732.jpg


植えきれなかった分は、鉢植えにしてデッキに。

P1080595_convert_20140411040458.jpg


所狭しと育った野菜。実際、狭すぎたらしく小ぶりの実ばかりだった。今年は、もう一つ畑を増やして余裕をもって植える予定。
P1080597_convert_20140411040549.jpg


暖かい日が続くと種まきしたくなるんだけど、まだ早いかなー。
とりあえず、畑と花壇の片づけだけ始めよう。

スポンサーサイト

テーマ:園芸 - ジャンル:趣味・実用

2014.04.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 我が家の庭先(アイオワ)



ハンギングバスケット その2

前回、ちょっと失敗したハンギングバスケット寄せ植え、悔しいのでリベンジということで、2つほど作ってみた。材料は、もちろん大学のグリーンハウスから。

P1080541_convert_20130518045647.jpg

お客さんのアメリカ人には、やっぱりゼラニウムだけのハンギングバスケットが人気なんだけど、ゼラニウムに白いふわふわしたユーフォビリアを混ぜた方が可愛いと思う。あと右側のとか、配色が結構気に入ってる。けど、やっぱりこれもウケがいまいち。小さい花々がちまちまあるよりも、大きくて目立つ花がどーん、どーんとある方がいいみたい。

芸術家じゃないから、売れる組み合わせでつくらないととは思うものの、自分の趣味もやっぱり入れたいなーと思う。

今回、大学とはいえ小売りの実習ができてほんとよかった。

今年のパティオは、花がたくさんで気持ちいい。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2013.05.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 我が家の庭先(アイオワ)



芝をはがして畑を作る

我が家の敷地は、そのほとんどが芝と雑草におおわれている。前の庭と違って、日当たりはよいから畑を作るには都合がいいのだけど、どこに作るかが問題。裏庭は斜面になっているし、前庭の目立つところには作りたくないので、結局ダイニングからつながっているパティオの階段を降りたところに作ることにした。台所から遠いと面倒だし。

さっそく木材を調達。4 by 8の木材(長さ8')を3本買って、そのうちの1本を半分にして長方形の囲いを夫に作ってもらった。畑にするところのの芝を15センチほど掘り起して芝をひっくり返し、その上に枠を置いた。先週は、ここで作業を終了。
P1080517_convert_20130503070444.jpg


今週は、ホームセンターで買った土と堆肥を枠の中で混ぜ込み、畑らしくなったか。今年初めてなので、試しに一つだけ。うまくいったら、来年はこの枠を2つ追加する予定にしている。
P1080537_convert_20130514231109.jpg


約4'(1.2m) x 8'(2.4m) x 8"(20cm)の囲いの中に入れた土は、Top Soil 5袋、Compost & Manure 3袋、ピートモス 3袋、花壇用土 1袋。全てメナードで購入、配合は適当です。これだと、最初は肥料が不足すると思うので、苗を植える時に肥料を追加する予定。ピートモスは、最初は水を吸わないので、入れたときに湿らしてから他の土と混ぜるようにした。そうしないと、最初は水をはじいてしまうので、表面だけ濡れて肝心の中がカラカラという状態になってしまう。水をまきながらミニ耕耘機で良く混ぜ込んで、中まで水が浸透していることが確認できたらOK。

右上の囲いの中には大学からもらってきたバジル、シアントロー、タイム、オレガノ、ピーマン、トマトの苗を植えた。すでに庭を走り回っているウサギを目撃したから、念のため囲いをしておいた。まだ、ウサギたちには発見されてない模様。

あとは、Kitazawa Seedで購入したニラとネギの種もまいた。他には、日本のきゅうり、しし唐、シソ、ナスを植えるつもりだけど、ちょっと場所が足らないかも。


苗を植えたら、防寒用の布をかけプラスチックの囲いをして完成。

今までプランター菜園だったので、やっと夢の畑が一つできた。今年の収穫が楽しみだわ。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2013.05.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 我が家の庭先(アイオワ)



新しい家の庭はこんな感じ

今日は、まさかの5月に雪が降っているデモインです。やる気なくなるなーと大学もお休みして、一日炬燵で丸くなってしまった。


引っ越し前に、前の家でさんざん肉体労働をして疲れていたので、新しい家のに庭はちょっといじってほったらかし。暖かくなったので、ようやく重い腰を上げて庭の様子を確認。

無意味に広い前庭にはしばらく手をつけないとして、とりあえず玄関前のエントランス部分だけでも綺にしようと、引っ越し直後に、手入れをしたきりのエントランスの花壇を少し掃除した。

思えば、このエントランス花壇のおかげで、かなりやる気がなくなったんだった。

一見したところ、マルチが敷き詰めてあり、そんなに悪く見えなかったんだけど、数センチのマルチの下からは、生い茂った雑草が出てきてびっくり。マルチで雑草を隠してたらしい。マルチの下は、丸い小石が敷き詰められ、その下にはランドスケープファブリック(雑草防止の黒い布)が敷かれてあった。これを見た瞬間、ため息。なんで花壇に小石とランドスケープファブリック敷くねん!ありえへん。しかも、花壇の10%ぐらいは、土のままだから、結局雑草が生えてきている。ほんと、まったく意味がない。

数年ほったらかしだと、布の上に土もたまるし小石の間から雑草も生えてくる。まだ雑草が少ない時に手入れすれば楽なものを、ここまでほったらかしだとマルチでごまかすしかないんだろうな。

小石とファブリックの組み合わせだと植物が増えすぎて株分けするのも大変だし、一年草を植えたりするのも大変。小石とファブリックの花壇って一番最悪なんですが、、、、。「小石とファブリックを入れると、雑草が少なくてメンテナンスが楽ですよー」とでも言われたんだろうな。

一見何かが植わってそうだったのだけど、よくよく調べてみると全部雑草かまたは雑草のような木ばっかり。ブツブツ言いながら、ひたすら除草し、小石を除いて、布を取り外したところで、昨年は力尽きてしまった。

唯一まともな植物はセダムぐらい。株が大きくなりすぎだったので、株分けして適当に植えておいたら春になって芽が出てきていた。

こちらがざっと掃除をした後の花壇。何もなくて寂しすぎるー。小さい木も植えたいんだけど、ほんとどうするかな。
P1080508_convert_20130503070352.jpg


まだ小石がゴロゴロしてるけれど、とりあえずはこれで。今年は、一年草を大学からもらえるので、それでごまかそうかしら。秋ぐらいには、多年草も植えて少しずつ手入れをしようとは思うんだけど。

こちらは、反対側の未だ手入れ中の方。デイリリーと雑草の木が生い茂っていて、例によって小石が敷き詰められているから、何をするにも大変。この花壇は少し拡張しようと思って、除草剤で芝をからしてほったらかし。うーん、今年中に手入れが終わるのか??
P1080510_convert_20130503070533.jpg

うちの庭は、前庭には芝がどどーんと広がっているだけで、ほとんど木がないので木を何本か植えて公園のようにしたいという野望はあるものの、完成するのはいつになるやら。


テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2013.05.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 我が家の庭先(アイオワ)



ダイニングテーブル完成

久しぶりのDIYでダイニングテーブル完成。といっても、夫君が組み立て、私は色をつけただけ。

sP1080322.jpg

これの前のバージョンは、真ん中にガラスの板を置いていた。ガラスの板が不安定で、エッジも加工してなかったので、うっかり手を切ったりと危なかった。それが、少し前に見事に落ちて割れてしまったので、ようやく作り直した。割れた時は、ちょっとけが人も出て、床にもしっかり傷がついてしまったけれど、作り直すきっかけになったから、正直なところ割れてくれてよかった。

足の部分はそのまま使ったので、半日で組み立て完了。メナードで買った杉の板に前処理をし、薄めに色を付けた後に、仕上げにポリウレタンを塗った。小麦色に日焼けしてるみたいで、いい感じの仕上がり。ちなみにベンチ(色つけなし)も夫君のDIY。

今回使ったのは、MiniwaxのPre StainWood Finish(Golden Oak 210B)、Polyurethan


なにより壊れる心配も手を切る心配もなくなったのがうれしい。それに、どことなく居酒屋っぽいのも気に入っていて、大満足。後は、この下にエスニック風のラグを敷いたら完璧なんだけど。

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

2012.11.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | いろいろDIY



パティオ その7 ぎりぎりで完成!!

パティオ その6の続き

引越しぎりぎりというか、引越し当日にようやく完成したパティオ。どうなることかと思ったけれど、なんとか形になってほっとした。

敷石の乱貼りは初めてだったから、予想以上に時間がかかってしまった。最初の仮置きの途中。
sP1080133.jpg

買った石で足りるかどうかもわからなかったから、とにかく平行も気にせずどんどん置いて行った。ほとんど石を切らなかったので、できあがったら隙間が多くて、なんだかかっこ悪い。

このままでいっか・・・という甘~いささやきに、いやいやせっかくここまで造ったんだから、もうひとがんばりした方が後悔しないってと思い直し、借り置きのやりなおし。2回目は、借りていたギロチンで石をカットしつつ、ハンマーで石の角をたたき落としながらの作業。なんだかんだで仮置きだけで1週間かかってしまった。

さらに3日かけて、砂を入れて石の高さを整え、最後の微調整。石の高さもバラバラだし、ちまちまカットしないといけないし、レンガを敷くのより数倍手間がかかる。

最後は、ポリマー入りの砂を入れて終了!!のはずだったんだけど、予想通りレンガが白くなってしまった。お酢を2倍ぐらいにうすめてデッキブラシでごしごしこすったら、そこそこ白いのが取れたからこれで終了。手前は、固まる砂を入れた後の白い状態、奥のほうはお酢でこすって、かなりましになったレンガ。
sP1080136.jpg


明日の朝、手前のレンガもお酢でこすって完成!って、引越しの当日なんですが・・・。完成したのに、ぜんぜん楽しめなかった(大泣)

ウッドパティオの方から見たところ。
sP1080146.jpg

ちなみに、ビフォアーはこんな感じ。このレンガをはずして円状に並び替えて、赤の囲いの中に敷石を敷いただけと書くのは簡単なんだけど、いやはやひと夏つかってしまった。
s-sP1070543.jpg

しばらく、肉体労働やりたくない!

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2012.08.24 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 我が家の庭先(イリノイ)



パティオ その6

イリノイも連日35度を越す暑い日が続き、庭の植物もヘロヘロ。この際、嵐でもいいから雨が降ってほしい。

パティオ その1その2その3その4その5の続き。

さて、一通りレンガ敷きが終わりしばし放置していた裏庭のパティオ。先日、ランドスケープ会社の人が来て、石の壁を30センチほど高くし、砂利を入れて固めてもらった。前回の写真と比べると、石と砂がデッキとほぼ同じ高さまできている。これで、レンガのエリア、ウッドデッキ、石の壁の高さがほぼそろい、パティオ全体の完成図が見えてきた。エッジには大きめの石が使われていていい感じ。
P1080128.jpg


パレット買いしたブルーストーン。これを乱敷きするつもりなんだけど、乱敷きは初めてだから、時間がかかりそう。しかも、新しく作ってもらったウッドデッキの高さが、レンガより1センチも高い!同じ高さに作ってってしつこいほど言っていたのに・・・・。おかげで、レンガとブルーストーンとウッドデッキの高さをうまく(ごまかして)揃えるのが大変。水の流れも考えないといけないし。まったく、仕事が粗いコントラクターだわ。
P1080129.jpg

石積みの作業の終わりには、砂とこれから使うブルーストーンを現場まで運んでもらった。おかげで、ドライブウェイから裏庭まで、いちいち砂をネコ車で運ばなくてもよく、かなりの肉体労働が軽減。助かった~。


それにしても、ランドスケープ会社の人、さすがガテン系いい体してました。思わずじ~とみとれてしまうほどの筋肉。日に焼けた肌もこれまたいいわ~。久しぶりの目の保養(笑)。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.07.24 | | コメント(0) | 我が家の庭先(イリノイ)



«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。