スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



Breckenridge (コロラドスキー その2)

昨日のオーストラリアオープン、男子準決勝 フェデラーVSマーリーの試合。マーリーがパワーアップしているのと、フェデラーのテニスが甘くなっているのか、5セット目はマーリーがあっさりとって勝利。フェデラーが勝てなくなってきているのを見るとちょっとさみしい。


さて、先週の連休に行ったコロラドスキー。場所は、Breckenridge Ski Resort。デンバー空港から車で2時間弱。

スキー場は4つの山が連なっていて、かなり広い。リフトで上がった場所の標高がなんと約3500m。空気が薄い。さらに上にあがれば、富士山よりも高い場所にも行けるのだけど、この日はリフトが閉まっていて登れず。中級から上級者向けのスロープが多く、初心者向けのスロープは少なかった。初心者向けと書いてあっても、日本だと中級者向けのスロープになりそうな感じ。ちなみに、リフト代1日$120!めちゃ高!!リフトは4時で終了、ナイターはなし。まあ、ナイターがあれば遭難者が出そうだから4時で閉まるのは仕方ないか。

sP1080455.jpg


山頂からの眺めは、最高!正面に見える山の尾根をぼーとみてるだけで、気持ちが落ち着く。普段、コーン畑のど真ん中のまっ平らな所で生活しているから、山のある風景をしっかり見てきた。大パノラマ気持ち良かった~。

sP1080451.jpg


雪は、12月28日に降った後は、ほとんど降っておらずかなり圧縮されていて固め。ところどころ土も見えていたし、今年は雪が少ないとのこと。天気は2日とも快晴で気持ち良かったものの、2日目は山頂付近の風が強く、アイスバーンになっていた。パウダースノーを期待していたから、ちょっと残念。

sP1080461.jpg


さすがコロラド。超初心者のスキーヤーもボーダーもほとんどおらず。みんな、結構なスピードでガンガン降りてくる。1年ぶりのボードの私は、かなりビビり気味。2日目にしてようやく乗れてきた感じ。やっぱり年に1回しかいかないからか、歳だからか、感覚が戻るまでに時間がかかってショック。2日目のお昼には、体力も切れてくるし。来年はスキーにしようかなと考えている。

リフトが長いから、1、2回降りてくるたびに小休憩。やっぱり歳ね。

sP1080467.jpg


ちなみに、止まったのは麓のMouontain Thunder Lodge.2ベッド、キッチン付の部屋。ゴンドラ乗り場まで歩いて5分、街までも歩いて行ける距離だったので、過ごしやすかった。街は、観光地化してるので、それほど興味なく。


初日の夜はピザ、次の日はTwistというお店で食事。Twistは、すこしお洒落なアメリカン。サーモンパテが美味しかった。ほかは、まあ無難といった感じ。


3泊4日のコロラドスキー&スノボツアー。盛りだくさんで大満足。みんなで、毎年来ようと言っているけれど、来年はどうなるかな。




スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2013.01.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Ski&Snowboard



デンバー周辺観光(コロラドスキー その1)

連休を利用して、コロラドへスキー&スノボに行ってきた。4シーズン目にして、アメリカに来てからのひそかな夢、コロラドでスノボをするがついに実現した。

土曜日のお昼にデンバー空港で友人2人と合流して、その日はデンバー周辺を観光。最初に行ったのは、ロッキーマウンテンナショナルパーク。デンバー空港から車で1時間半ぐらい。

さすがに公園内は通行止め。駐車場に数台の車が止めてあり、冬山登山の装備をした人が山から下りてきたので聞いてみたところ、歩いて45分ぐらいのところに滝があり、冬の間は、その滝が凍るのでそれを見にきたと。さすがに、皮靴やらジーンズでこの雪道を歩くのは危険すぎるので、滝はあきらめたものの少し散策することに。
sP1080413.jpg


途中の小川が完全に凍っていたので、その上をしばらく歩いてみた。氷の厚さは10センチ強。ところどころ、氷が薄くなっている個所があり、氷の下を流れる小川の音が聞こえた。小川のど真ん中に立って写真撮影。
sP1080417.jpg

sP1080420.jpg

凍えてきたのでそそくさと退散して、しばしドライブ。山の東側入口にでたところ、スタンレーホテルが見えてきた。友人の一人が、このホテルものすごく有名なホテルだよと教えてくれた。後でしらべたら、天皇陛下も宿泊されたことがある由緒正しきホテルだった。さらに、このホテルの滞在中にスティーブン・キングがShiningを執筆したとか、ジム・キャリーの映画Dumb and Dumberの撮影場所でもあるのだとか。そのほか、幽霊が出るということでも有名らしい。せっかくだったから、ロビーぐらい見てくればよかったかな。
sP1080429.jpg


この後は、山を下りてボルダーという街に行き夕食の時間までダウンタウンをぷらぷらと歩いた。かわいい小さなお店が並んでいておしゃれ。建物のデザインも変わっているし、居心地の良い町並みだった。ヨーロッパのお土産やさんに入ってみたら、かわいい雑貨がいっぱい。日本の女の子、こういうの好きだろうな~と思うようなものがたくさんあって、久し振りに雑貨屋さんでテンションがあがった。一緒にいたイタリア人男子も、この店すごいいいわと感動していたぐらい。

sP1080443.jpg


いい時間になったのでボルダーにある居酒屋 有無(AMU)にて夕食。

お店は、日本の居酒屋のようにこじんまりとしてよい雰囲気。掘りごたつの座敷に通してもらい、居酒屋メニューを堪能。一緒に行ったイタリア人、中国人の友人も、もっと食べたいのに何で日本食は一皿の盛りが少ないんだ~と言いながらモリモリ食べていた。大人4人がお腹いっぱい食べて、ビール、冷酒、熱燗を飲んで合計$220。夫君も私も大満足。ちなみに有無の隣はお寿司やさん。あーあ家の近所に居酒屋がほしい。


ほろ酔い加減の男性陣を車に乗せ、約1時間半ほど山道を運転していよいよスキー場へ。



テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2013.01.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Ski&Snowboard



ウィスコンシン(Cascade Mountain)でスノボ

今週は、イタリアンの友人、中国人の友人と夫君の4人でウィスコンシンにスキー&スノボに行ってきた。行った場所は、Cascade Mountain

雪不足とは聞いていたけれど、本当に今年は暖かいし雪がない。行けども、行けども、雪がなく、本当にスキーができるの??と不安になるぐらい。

案の定、スキー場では、スノーマシンがフル稼働。
s-P1060427.jpg


スキー場と言っても、ここは中西部。山というより丘みたいなスキー場。頂上までは、高速リフトで2、3分ぐらいで、下りてくるのに5分かかるかどうか。イリノイから5時間かけて行った割には、スキー場としては、物足りない・・・。いつか、コロラド辺りでスノボをしてみたいもの。

雪不足の割には、混んでた。
s-P1060433.jpg


ちなみに、泊まった場所は、スキー場から車で30分ぐらいにあるDells ResortのChula Vista。キッチン付きの2ベッドルームの部屋に2泊したので、みんなで夕食を作って、ビールを飲んで、映画を見てのんびり。昔なら、朝からナイターまでフルでスノボをして、ホテルは寝るだけだったけど、今は朝から滑ったら、夕方でもう大満足。後は、ホテルでゆっくりしたい。ホテルに温泉があれば、もういうことなし。ホテル内にスライダー付きのプールがあったので、中国人の女の子だけ楽しんでた。水着を持っていたら、遊んだんだけどな~。

このDells Resort一帯は、大きな室内プール、ボートでの川下り、遊園地などがあって、夏はちょっとしたリゾート地。観光地化したダウンタウンもあって、子供連れのリゾートには良さそう。この時期だから、閉まっているお店がほとんどだったけど。


ウィスコンシンからの帰りに、シカゴで日本食材をどっさり購入。さすが年の瀬、結構な混雑だった。
我が家は、昨日、今日(31日)でおせちを準備したので、あとはゆっくり年越し。



今年一年、お世話になりました。
来年も、引き続きよろしくお願いいたします。
皆様、良いお年を。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

2012.01.01 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Ski&Snowboard



Mammoth Cave National Park, KY

s-P1050807.jpg

今回の旅行の最後は、National Park で世界遺産でもあるMammoth Cave

ケンタッキー旅行が決まってから、地図を見ている時に発見したNaional Park。全く知らなかったけど、実は世界一長い洞窟ということで世界遺産にもなっている。

夕方に着いたので、緑の中をGreen River目指して散策。下草には、笹?が生い茂り、緑のじゅうたん。
s-P1050726.jpg

Green Riverの谷を見下ろすスポット。紅葉の時が目に浮かぶよう。イリノイには、山や谷がないから、こういう景色が見れるだけでも来たかいがある。
s-P1050719.jpg

次の日は、ツアーに参加して洞くつ探検。参加したのは、Historic TourとNew Entrance Tourの二つ。といっても、一つのツアーは100人前後で行くので、洞窟に入る前と洞窟の中の広い場所に集まって説明を受ける他は、ひたすら歩く、歩くの2時間。New Entrance Tourは特に階段の上り下りなので、いい運動。

洞窟の中は、日本の鍾乳洞とは全く異なり、なんというかLime Stoneで出来た巨大なトンネルか地下ホールのようで、人工的なものかと思ったぐらい。

s-P1050770.jpg

Historic Tourでは、1840年代からお金持ちの観光ツアーが行われていたルートを歩く。昔は、記念にサインができたらしく、いたるところにサインが。さすがに、日本語のサインは見なかった。

途中のFat Man's Miseryは、幅数十センチ、高さ1メートルぐらいの岩の間の曲がりくねった道。確かに、大柄なアメリカ人には厳しいか。

洞窟は深さもかなりあるので、谷を覗くと足が震える。
s-P1050768.jpg


New Entrance Tourは、洞窟の途中に作った入口から洞窟に入り、ひたすら洞窟の底まで階段で下りる。底では、広い空間があり、しばし洞窟についての説明。その後は、またひたすら階段を上る。途中に、フローズンナイアガラという場所を通過。ここは、鍾乳洞のように岩を水が溶かしてできた場所で、自然の面白い造形が見れた。

s-P1050799.jpg


本当は、一番長いGrand Avenue Tourに参加したかったのだけど、チケットが売り切れで参加できず。夏休みや週末になら、チケットを予約した方がよさそう。100人ぐらいで歩くので、歩くスピードはゆっくりめ。幼稚園や小学生ぐらいの子供連れの家族も多く、子供は楽しそう。途中で付かれて?泣きがはいる子もいたけれど…。

洞窟内は、真夏でも15℃ぐらいでひんやりしていて長袖でちょうどいい。カメラケースも含めて、カバン、バック類は持ち込み禁止。カメラの持ち込み、フラッシュ撮影はOK。

公園内では、ワイルドターキーが闊歩。美味しそう?
s-PP1050801.jpg


公園周辺の街には、他にも色々な洞窟があるようだったけれど、Mammoth Caveでおなかいっぱい。この後、予定を変更してレキシントンへ戻り、大きな酒屋(Liquor Barn)でバーボンエールをまとめ買いして、気にいった居酒屋へ。我が家は、やっぱりお酒&食で〆て旅行を終了。



アメリカ国内、旅行するたびに広さと多様さを実感。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村




2011年夏 ケンタッキー州旅行インデックス
私も旅行前には、ネットで情報を集めたので、今後、ケンタッキーを訪れる方の参考になればこれ幸い。

ルイビル(Louisville)
 ・ダウンタウンのアート
 ・ダウンタウン観光
 ・ルイビル市内観光
 ・Olmsted公園
 ・ルイビルのレストラン
 ・Yew Dell Botanical Gardens
レキシントンとその近郊
 ・サラブレッド牧場
 ・純和風の居酒屋
マンモスケーブ Mammoth cave National Park
バーボン蒸留所めぐり
 ・Frankfort付近(Woodford Reserve Distillery, Buffalo Trace Distillery)
 ・Bardstown付近 (Jim Beam, Heaven Hill, Maker's Mark)

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

2011.08.20 | | コメント(4) | トラックバック(0) | Kentucky州



アメリカで感動した日本居酒屋(Lexington, KY)

Lexington(レキシントン)で、なんと日本の居酒屋を発見。しかも、なんちゃって日本風の居酒屋ではなく、ジャズが流れていて京都の裏通りにでもありそうな、一品料理やと居酒屋の中間のようなお店。アメリカでも、こういう場所がほしいのよ。

Yamaguchi's Sake and Tapas


お店の雰囲気よし、料理よし、お酒よしと、今までにアメリカで行った和食のお店の中では、ダントツに日本の居酒屋そのものだった。店内が、食堂みたいじゃないところも落ち着く。こんなお店が、我が街とは言わないまでも、せめてシカゴにでもあったら。(どなたか、シカゴでよい居酒屋があれば教えてください)

s-P1050479.jpg


この付近は、日系企業が多く駐在の日本人も多いとのこと。このお店があるだけで、レキシントンに住む日本人が羨ましい。我が家は、イリノイに戻る前夜、予定を変更してレキシントンに一泊し、また行ったぐらい。2晩お世話になり、ほとんどのメニューを食べてきた。

その週の魚料理、コハダの酢の物は絶品。光りものが好きな私は、黙って味わって頂いた。燻製サケを、桂むきにして酢でしめた大根でまいたもの、大根とスペアリブの煮物もうまかった。唐揚げや和風ソーセージも食べたけれど、純和風の生もの系、煮物の方が、断然美味しかった。ちゃんとした焼き物の器に盛られているのも、花丸。

s-P1050481.jpg


お酒は、日本酒も焼酎もあり。なんと、私の地元(厳密に言えば隣の街)の焼酎、浜の芋太が置いてあり感涙。イモなのに、すっきりとした飲みやすい焼酎。ちょっと高かったのが難点だけど。

s-P1050482.jpg


開店が8時からというのも、ご飯ものは〆にしか出さないというのも、居酒屋の心意気。

土曜日は、8時半には地元の人や日本人客でいっぱいになっていた。予約はできないようなので、旅行で行く場合などは、8時に行くことをおすすめ。場所は、小さなモールの中にあり、外に看板がないので車から降りないと、お店があるかどうか分かり難い。


他のアメリカの日本居酒屋は、大衆食堂っぽいところが多いけれど、ここは他とは、一線を画したお店だった。機会があれば、ぜひまた行きたいお店。

ごちそうさまでした。

中西部にも、こういう日本の居酒屋ないかな~。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



2011年夏 ケンタッキー州旅行インデックス
私も旅行前には、ネットで情報を集めたので、今後、ケンタッキーを訪れる方の参考になればこれ幸い。

ルイビル(Louisville)
 ・ダウンタウンのアート
 ・ダウンタウン観光
 ・ルイビル市内観光
 ・Olmsted公園
 ・ルイビルのレストラン
 ・Yew Dell Botanical Gardens
レキシントンとその近郊
 ・サラブレッド牧場
 ・純和風の居酒屋
マンモスケーブ Mammoth cave National Park
バーボン蒸留所めぐり
 ・Frankfort付近(Woodford Reserve Distillery, Buffalo Trace Distillery)
 ・Bardstown付近 (Jim Beam, Heaven Hill, Maker's Mark)

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

2011.08.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Kentucky州



サラブレッド牧場(Lexington 近郊)

Lexington(レキシントン)は、さすがHorse Capital of the Worldというだけあって、サラブレッド牧場が集まっている。夫君の同僚が、Horse Parkの牧場ツアーに参加して、流れ作業で行われるウマの種付けの現場は、絶対見るべきとのことで鼻息も荒くHorse Parkへ。


Horse Parkは、巨大な乗馬クラブのようなところ。中には、ウマ博物館もあったけど、我が家は興味がなく素通り。ちょうど、乗馬の大会開かれており、すました女の子達がポニーやウマに乗っていた。なんともセレブな子供達。
s-P1050491.jpg

レキシントン市内の大きな通りの名前にもなっているアメリカを代表する名馬Man O' Warのお墓。さすがに貫禄がある。
s-P1050497.jpg


お目当ての牧場ツアーは、バスに乗って、有名なサラブレッド牧場を訪問。牧場といっても、お金持ちの道楽。いやはや、別世界のよう。

ツアーに参加したものの、ウマにはウマの事情があり、繁殖期は春先から初夏にかけてなので、今回はお目当てのシーンは見ることができず。うちの夫君、当てウマを見たかったらしく、がっくり。その時期でも、その現場をみることができるかどうかは、運次第?


最初に訪問したのは、WIN STAR Farm。写真は馬屋ではなく豪邸の方。
s-P1050531.jpg

ここには、2000年に活躍したTiznowや、Bellamy roadなど、よくわからないけれど有名な引退したサラブレッドがいて、一緒に写真をとらせてもらえる。アメリカ人のおば様達、大興奮で触りまくり…。馬の方は、モデル立ちで澄ましているよう。
s-P1050502.jpg


ここにいた愛嬌のあるウマ。人が集まると、上を向いて歯をむきーーーと見せて、笑ってくれる。ウマって賢い。中には、他に人気のあるウマがきたら、壁を蹴って嫉妬するウマもいるのだとか。サラブレッドだけに、プライドも一流のよう。
s-P1050516.jpg


2つ目の牧場は、ドバイのお金持ちが趣味でしているShadwell Farm。奥に見える建物が馬屋というか、お馬様のお住まい。ここのランドスケープは、億単位のお金がかかっているらしい。
s-P1050541.jpg

ここの名馬は、運動中だかなんだかでお留守だったので、お住まいを恭しく拝見。ここには、引退した名馬InvasorやJazilが種馬として第二の人生を送っている。ウマを繁殖させる部屋で、ことの手順の説明を受ける。いちおう、観客席?があったので、時期がよければ見れるのかも。

この後は、仔馬がいる牧場へ行き、3時間のツアー終了。



お馬様にかしずく人間。凄い世界もあるものだ。アメリカの競馬ファンならぜひ。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



2011年夏 ケンタッキー州旅行インデックス
私も旅行前には、ネットで情報を集めたので、今後、ケンタッキーを訪れる方の参考になればこれ幸い。

ルイビル(Louisville)
 ・ダウンタウンのアート
 ・ダウンタウン観光
 ・ルイビル市内観光
 ・Olmsted公園
 ・ルイビルのレストラン
 ・Yew Dell Botanical Gardens
レキシントンとその近郊
 ・サラブレッド牧場
 ・純和風の居酒屋
マンモスケーブ Mammoth cave National Park
バーボン蒸留所めぐり
 ・Frankfort付近(Woodford Reserve Distillery, Buffalo Trace Distillery)
 ・Bardstown付近 (Jim Beam, Heaven Hill, Maker's Mark)

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

2011.08.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Kentucky州



バーボン蒸留所めぐり(Bardstown, KY 付近)

引き続きバーボン蒸留所めぐり 

Jim Beam
s-P1050638.jpg

 言わずと知れた、世界で最も売れているバーボンの蒸留所。あまりにメジャー過ぎるから、行くのをやめようかと思ったぐらいだけど、行って良かった。ツアーは主に倉庫が中心だったけど、案内のお姉さんがお酒呑みでかなり楽しいツアーだった。

樽は、2007年10月に詰められたもの。
s-P1050656.jpg


熟成庫の周りの木の幹は、遠目からでもわかるぐらいに真っ黒。樽の中から蒸発した蒸気を吸っているからだったか、そのために湿度が高くてカビが生えているのだったか、イマイチ英語が聞き取れなかったけど。熟成庫の近くの木々は真っ黒になるのだとか。おかげで禁酒法時代に、熟成庫をみつけるのに役立ったそうな。
s-P1050647.jpg


カウンターでのテイスティングは、まるで酒場の雰囲気。お姉さん、Good Job!
s-P1050667.jpg

 あのアルコールがめちゃめちゃ高い60%以上のBookersも、ここのお酒だったとは知らなかった。なんというか、硬派な男気あふれる蒸留所だった。


Heaven Hill
s-P1050579.jpg

 夫君の愛飲酒 Evan Williams Single Barrelの蒸留所。残念ながら、蒸留所は1996年の火事で焼失してしまい、今は、蒸留所はルイビルにある。ここには熟成倉庫と観光用の施設(Bourbon Heritage Center)が建っている。複数のツアーがあったけど、一番オーソドックスなツアーに参加。主に、熟成庫の説明とテイスティングだった。案内のおじちゃん、相当なバーボン好きで、テイスティングはここが一番充実していた。

成熟庫の中は、すこしカビ臭いにおいと甘い匂いが充満。倉庫の中は、防虫もしていないのに虫がまったくいない。不思議。
s-P1050581.jpg

充実のテイスティングルーム。左が18年物のシングルバレル、右は普通のシングルバレル。飲む前には、真ん中にある二つの小瓶の匂いを嗅いでから。右が、ローズマリー、左がカモミールの匂い。色を楽しみ、口に含んで、飲みこんだら、息を吸ってはく~。その後は、お水を数滴だけたらして、味の変化を確認して、うんちゃらかんちゃら…。充実の飲み方講座。
s-P1050586.jpg

 ここでは、お土産に自分で好きな言葉をラベルに入れられるミニボトルを購入。Wait until you are 20.と書いて、小学生の甥っ子達へ。といっても、その前に兄が飲むだろうけど。


Maker's Mark
s-P1050600.jpg

 行った中では、一番いまどき風のマーケティングをしていた蒸留所。ここの見ものは、瓶詰めの後の赤いロウのキャップ。女性達がボトルを一本一本ロウにつけていた。その後の瓶が通過するトンネルのデザインもかわいらしい。
s-P1050623.jpg


 ここの成り立ちは面白く、先代がそれまで受け継がれていたバーボンレシピを焼却し、新たに女性も飲めるバーボンを作ったのだとか。コニャック瓶を模したデザイン、ラベル、ロウのキャップ、イメージカラーの赤まで、全ては奥さんの仕事。今なら、カリスマ主婦のマーサ・スチュワートといったところ。
 
s-P1050631.jpg

 ショップでは、購入したボトルにロウキャップをつけることもできる。我が家では、樽詰めまえのホワイトリカーのMaker's Markを購入。蒸留所限定品だったもので…。全体的に少し新しく、少し気取った女性っぽい雰囲気の蒸留所だった。



飲み過ぎです・・・お次は、気分を変えてサラブレット牧場へ
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



2011年夏 ケンタッキー州旅行インデックス
私も旅行前には、ネットで情報を集めたので、今後、ケンタッキーを訪れる方の参考になればこれ幸い。

ルイビル(Louisville)
 ・ダウンタウンのアート
 ・ダウンタウン観光
 ・ルイビル市内観光
 ・Olmsted公園
 ・ルイビルのレストラン
 ・Yew Dell Botanical Gardens
レキシントンとその近郊
 ・サラブレッド牧場
 ・純和風の居酒屋
マンモスケーブ Mammoth cave National Park
バーボン蒸留所めぐり
 ・Frankfort付近(Woodford Reserve Distillery, Buffalo Trace Distillery)
 ・Bardstown付近 (Jim Beam, Heaven Hill, Maker's Mark)

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

2011.08.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Kentucky州



«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。