スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



今年2回目の窯出し

久しぶりに大学の宿題(農業経済学のレポート)に焦っていたら、締め切りを5日早く勘違いしていたことに気が付いて、ほっとしたところ。今回はやばかった。

さて話は変わって、春休みあけの陶芸クラスでは、休み中に先生がガス窯で焼いた作品が出来上がっていた。

スリップウェアを初めて試したのだけれど、黒のスリップが焦げてしまった。模様もイマイチ~というのがほとんどだったけれど、2枚ほど気にいったのが焼きあがった。右側真ん中と右下の茶色い皿がそれ。皿の形が綺麗に決まっているのと、色の組み合わせがよかった。スリップウェアは もう少し練習したら、面白い皿ができそう。
s-P1070126.jpg
こげでしまってボコボコになったお皿は、鉢受けにして使おう。


これは、ろくろでひいて半乾きの状態のお椀。お茶をたてる用にと作ったもの。(注 お茶といってもなんちゃってお茶ですが)サイズがよくわからなかったから、大きさ違いで作ったら、入れ子のお椀になった。この後、お椀の高台を削って形を整えてから一度焼き、さらに釉薬をかけて再度焼いたら完成。
s-P1070129.jpg


これから残り1カ月は、ろくろではなくて手作りで型を使ってお椀や四角い皿を作る予定。
いよいよ念願のサンマ皿をつくろう。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.03.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art系(Webデザイン,スケッチ, 陶芸)



今年初の窯出し(陶芸クラス)

コミカレの陶芸クラスで、今年1回目の窯出しがあった。

毎回のことながら、窯出しの日は緊張する。ろくろで形を作って、釉薬を塗っただけでは、どんな風な焼きあがりになるのか、まだまだ想像つかないことが多いから、うまく気に入ったのができれば、ラッキー。

前半は、ろくろの練習にと、カップばかり作っていたので、焼きあがりも全てカップ。

s-P1060659.jpg

手前の6つが私の作品。これ以外に、10個ぐらいカップを作ったけれど、気に入ったのはこのくらい。手前二つは、Shinoと言う釉薬で焼いたお猪口。日本の志野焼きを模倣した釉薬なんだろうけれど、やはり温度や土が違うから、志野焼きの雰囲気とはちょっと違う。写真だと分かり難いけれど、外側が黒っぽいメタリック調に焼きあがってるのよね。これは、これで味があっていいんだけど。お猪口はあっても、呑む日本酒がないのが残念。

他のカップも、2種類の釉薬が混ざっていい感じに仕上がった。陶芸クラス、3セメスター目にして、気にいるカップがぼちぼちできるようになってきた。

ここ最近は、次の窯焼きに向けて、プレートを作製中。昔住んでいた場所の近くにある湯町窯を真似て、スリップウェアに挑戦しているのだけれど、どういう風に焼きあがるかな。今から次回の窯焼きが楽しみだ。


夫君のリクエストの、サンマ用の細長いお皿も作らねば。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.03.03 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Art系(Webデザイン,スケッチ, 陶芸)



この夏の作品(陶芸I)

s-P1040906.jpg

陶芸Iクラスで作った、お椀やどんぶり。手前3列ぐらいが私の作品。
家で普通に使えそうなお皿がいくつかできたので、大満足。
近くで見るとゆがんでたり、手にした時にちょっと重たいのが難だけれども。

このクラスは、土も釉薬も学校にあるものは、使いたい放題。
ベテランの生徒さんは、クラスの内容に関係なく、ひたすら作りたいものを作ってました。
たとえば、エコロジストの女性は、貝ばっかり。これ全部陶器でできています。
自然保護のイベントで展示するのだとか。
s-P1040907.jpg

他の学生のプロジェクト作品。ストーリーのあるオブジェです。
彼女がつくったのは、人間の中の悪のようなもの。
アート系の学生さんらしい作品です。
s-P1040908.jpg

s-P1040909.jpg

陶芸は、長年やってみたいことだったので、秋セメスターは陶芸IIを受講する予定。
陶芸IIの先生は、日本人の陶芸家に習ったこともあるそうで、日本びいき。
これまた、楽しいクラスになりそう。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2011.07.10 | | コメント(4) | トラックバック(0) | Art系(Webデザイン,スケッチ, 陶芸)



陶芸事始め

月曜日から、サマーセメスターが始まってます。ファイナルが終わった次の週からなので、ちょっとあわただしい感じ。でも、始まるのが待ち切れなかった陶芸クラスなので、がんばりますよ~。

思えば、母が焼き物好きだったのもあり、家の食器はいつのまにか陶芸の焼き物だらけ。中学の時に住んでいた松江には、民芸調の窯元が多かったので、特に民芸調の素朴なちょっと粗野な感じの焼き物が好みです。

地元に帰ったときに、松江まで行って窯元を訪ねる度に、あ~一度あのろくろを回してみたいとおもったもの。

陶芸クラスでは、最初の時間では、15㎝くらいの大きさの丸い塊から動物を作るということだったので、思い出しつつトトロ(風)を作りました。上手く焼けたら、庭において、「チビトトロのいる庭」にしたいな~と。

あと、2日目からは、さっそくろくろに挑戦。基本的なことを教えてもらったら、あとは練習あるのみです。最初のお題は、湯呑みのような円柱を10個つくること。

やっぱりというか、難しいの一言です。中心がずれていると、ぐにゃ~とあっという間に歪んじゃうんですよね。あははは。円柱にしようと思っても、なんかお椀みたいな形になってしまったり。思った形に作れるようになるには、相当練習が必要そうです。

幸い、このクラスは月曜から木曜(9時~12時)が8週間と集中してできるので、セメスターが終わることには、なんとかそれらしい形のものが作れるようになってるはずです。

ろくろの練習と並行して手捻りで高さ40センチぐらいの壺も作ってます。これは、歴史的な焼き物、縄文土器やギリシャの壺の形を模倣して、デコレーションはオリジナルに仕上げるプロジェクト。無謀にもお題として選んだのは「三彩龍耳瓶」という唐の時代の壺。デコレーションをどうしようかな。。。

このクラスは最大5回まで履修可能なので、時間が許すかぎり繰り返し取りたいクラスになりそうです。

そういえば、ろくろの回転方向、アメリカは反時計回り、日本は時計回りが多いようです。どうりで、最初見たときに、ものすごく変な感じがしたのよね。


ランキング参加中です。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2011.05.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art系(Webデザイン,スケッチ, 陶芸)



Very Ambitious

ここ中西部の天気は上がったり下がったり。今日は暖かく、クラスメートはすでに夏の装いの子もちらほらと。ほんと季節感がないのは相変わらずです。

写真はDrawingIの課題で描いた絵。先生のコメントはVery Ambitious. 私の実力では難しい物をちょっと無理して描いているのがバレてました。。。せっかく描くんだから上手くなりたくて難しそうなのを選んだら、想像以上に難しかったというか、実力不足というか。ほんとは、右はじには、袋に入ったミニキャロットを置いていたんだけど、さすがに時間と気力がなくなりレモンに変更したし。

ssP1040130.jpg

この絵は、立体の円形を紙面上にきれいな楕円として再現することと、局面をとらえることの練習だったんだけど、いろいろと微妙(はっきり?)に歪んでる・・・。ミキサーの土台部分とか、まな板とか、右上のボトルとか。こうして改めて見てると、ゆがんでるのが気になってきた。あ~あ~。

果物とか有機物は、形に個性があるから、描いた絵が実物と多少違ってもごまかせるけど、ボトルとかコップなどの無機物は、定まった形があるから、少しでもずれてるラインで描きだすと、歪んで見えてごまかせないみたい。

それにしても、なんで見えるままに描けないのか不思議。なんで見えてるのに描けないんだろう??目と脳と手が、バラバラに勝手に情報を処理してしまって、インプットされた視覚情報が手を動かす頃には、違う情報になっているに違いない。とぶつぶつ言ったところで、絵はちっとも上手くなってはくれませんが。


こちらは、授業中に描いたもの。今まで輪郭だけだったけど、影をつけて立体的に描く練習中です。コツは、目を細めて目を凝らすんだけど、バックの暗さとかイマイチつかみきれない。正直、見えてこなくて分からなかったから適当に描いちゃったけど、画面で見ると、もう少しバック全体を暗くしてもよかったかな。この調子だと、目を凝らし過ぎで眉間にシワが固定されないか心配、心配。

ssP1040127.jpg



ほんと、なんで見たままを描けないのか不思議でしょうがない。絵を描く能力って、音感とか方向感覚とかと同じ部類の能力?とは言うものの“ド”の音聞いても、その音がドなのかミなのか、まったく見当もつかない私の超絶望的な音感よりは、絵を描く能力の方がよっぽどましだな~と思っているので、ここはambitiousに頑張るとします。




ランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

テーマ:お絵描き・ラクガキ - ジャンル:趣味・実用

2011.03.01 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Art系(Webデザイン,スケッチ, 陶芸)



凡人の絵心と夕空

昨晩は、久しぶりに夜中の2時ぐらいまでDrawingIの課題に追われてました。
結局、今朝もちょっと続きを描いて強制終了して提出。たぶん、合計で10時間ぐらいかかったかな。
1か月ぐらい咳が止まらず、体調がイマイチなのもあって、いやはや疲れました。

週末から始めてたんだけど、思った以上に大変なのと、自分の力量が把握できてないものだから、
時間の予想がつかない。だいたい、まともに絵を描くのなんて高校の授業の美術以来だし。
絵に対する真剣度を考えると、小学校以来のような気もしないでもない・・・・・。

ちなみに描きかけの課題。今回のポイントは、楕円を奇麗に描くことと、面の方向を意識することでした。この後、さらに数時間描いてた・・・。単純な絵なんですけどね。

s-P1040103.jpg



DrawinigIの授業を取ってるというと、「絵って上手くなるの??」とたいてい聞かれるけど、
私の答えは、「ある程度なら、誰でも描けるようになるよ」というもの。もう少し説明すると、目の前にある静物をそれなりに本物らしく見えるように描けるようになるかな。

授業では、フレームの使い方から、えんぴつで長さと角度を測ること、楕円の書き方、ネガティブスペース、面や影の見方など、ちょっとしたコツを教えてくれて、一つ一つ練習していく感じ。それらを駆使して、時間をかければ、まあなんとか絵になってくる。

こういう絵の書き方って、今まで一度も習ったことがなかったから、へ~、へ~と毎回感心。高校の時に教えてもらってたら、もうちょっと真面目に描いたのにと思う。

絵が上手い人って、こういうテクニックなしでも、バシッと一回で本物のラインを描きだせるのかな。そもそも、見えてる物が違うというか。凡人の私は、試行錯誤しながらラインを探すしかなく、才能がない分は、時間をかけて少しでもイイ絵を目指すしかないよう。

絵を真剣に描くって予想以上に疲れるんだけど、意外に楽しみつつ描いてる。このセメスター中に、一枚でいいから気にいる絵を描いてみたいものです。


今週は暖かく、春の気配をちょっと先取りできてちょっと得した気分。学校の駐車場から見たラベンダー色の夕焼け。6時からの授業の前だけど、目に見えて日が長くなってきた感じがする。春は近し?でもここは中西部、油断は禁物なんだな。

s-P1040106.jpg



微妙に芽生えたプチ絵心、モノになるかなと気に病む間に、まず一枚。
おひとつ応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2011.02.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art系(Webデザイン,スケッチ, 陶芸)



自己満足(WEBデザインI)

今日は、ちょっと楽しいことがありました♪
一期一会じゃないですが、やはり人と人、直接お会いするのはよいものだなとしみじみ思いました。

さて、WebデザインIの5回目の課題の成果です。
これで、手打ちの課題は終了。
前回よりもかなりグレードアップして、見た目もそこそこ整った感じです。

s-Final-page.jpg

Webページの骨格としては、十分じゃんと自己満足。

第4回目の作品はこちら
>> 初めて作ったWEBページ

今のところテンプレートをいじっているだけですが、
とりあえず、CSSの解読はできるようになったので、
そろそろ、このブログのテンプレートをいじってみようかな~。

セカンドキャリアは、ランドスケープガーデナーという方向性も決まったことだし、
ブログのタイトルも変えようかなと思案中・・・。

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2010.09.24 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Art系(Webデザイン,スケッチ, 陶芸)



«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。