スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



Reiman Garden (Ames, IA)

今日は、ようやく夏時間が終わる。毎朝、起きたらまだ暗くって嫌だったんだけど、これで明るくなってから起きられる。おまけに、今日は1時間得した気分でラッキー。


さてさて、7月終わりのまだまだ暑かったころに、アイオワ州立大学が管理しているReiman Gardensに行った。デモインから北へ40分ぐらいのところにある。

sP1070990.jpg

入口をはいってすぐの場所では、蝶がサナギから羽化する姿が見られた。黄金のサナギがカッコイイ。イモムシからどうやって蝶になるのやら?激変…。
sP1070992.jpg

このガーデンの一角には、約800匹の蝶を飼っている蝶の形をしたグリーンハウス、バタフライウイングがある。その前には、レゴ蝶も。
sP1080056.jpg

バタフライウイングの中では、さまざまな色の蝶が舞っていた。
sP1080075.jpg

ふつうのグリーンハウスもあったけれど、こちらは小さいし子供向けの飾り付けがしてあり、イマイチ。預保と、バタフライウイングの植物の方がおもしろい。

肝心のガーデンの方はというと、テーマ毎にエリア分けがされていてフォーマルなガーデンから、アイオワの自然を模したガーデンまで様々あり楽しめる。
sP1080005.jpg

蓮の花が咲いていたLake Helen.このあたりの風景が一番気に入った。
sP1080041.jpg

アイオワの草原を再現したエリアには、やはりレゴでつくったバイソンが。小さい方はなんだったかな?さすがにコヨーテじゃあないと思うんだけど。
sP1080037.jpg

新しい花などのトライアルグランドも華やか。
sP1080009.jpg


今度は、来年の春先に行ってみよう。

スポンサーサイト

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2012.11.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | アイオワ中部



Des Moines Botanical & Environmental Center, IA

先週末のこと、アイオワ州のDes Moines(デモイン)に行ったので、例によってボタニカルガーデン Des Moines Botanical & Environmental Centerに寄ってきた。
s-P1070345.jpg


Des Moines River沿いに1979年に建てられたボタニカルガーデン。デモインの街自体が割と大きいから、ボタニカルガーデンもそれなりに充実しているのではという期待があったのだけれども、行ってみてちょっとがっかり。無料のボタニカルガーデンが多いなか、入場料が5ドルというのでよけいかもしれない。

メインのグリーンハウスは、少し大きめのグリーンハウス。植栽は、割と同じ植物がたくさん植えられている感じ。この日は、ベビーシャワーをしていて、写真を撮っている親子連れが数組。他にも気合いの入ったポートレート写真を撮っている人がちらほらいて、気になってしかたがなかった。木々にイルミネーション用の電球がまきつけてあったりと、どうも雰囲気が好きになれなかった。
s-P1070342.jpg


この日の特別展示は、アイオワ盆栽協会による展示と即売。思いがけつ日本文化に触れることができた。外にも小さなガーデンというか花壇があったのだけれども、小雨が降っていたのもあり早々に退散。

なんというか、展示も含めて手作り感いっぱいのボタニカルガーデンだった。
どこか1か所でも、おお!!と感動するポイントがあると印象がだいぶ変わるんだろうけど。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.04.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | アイオワ中部



オランダ移民がつくったチューリップの街 Pella, IA

セメスターも大詰めになり、大学の課題やテスト勉強に追われブログを放置ぎみ。記事をアップしないと忘れてしまいそうなので、現実逃避を兼ねて久々にブログを更新。

週末、所要でアイオワの州都Des Moines に行った帰りに、チューリップで有名なPellaという街に寄ってきた。最近Pellaに行った方のブログを読んで、ここは行かねばと思っていたら、意外に早く行くことができた。ただチューリップは4割ぐらいが終わりかけだったのと雨が降って肌寒かったので、駆け足でとりあえず見たぞという感じ。
s-P1070347.jpg


アイオワ州にあるPellaは、1847年に800名のオランダの移民が飢饉と宗教的迫害から逃れてアメリカに渡りつくったオランダ系移民の街。オランダと言えば、チューリップと風車。そのイメージ通りの街並みが再現されていた。チューリップは、オランダから球根を買って秋に植えつけているとのこと。残念ながら切り花としては売って無いみたい。オランダ村のチューリップのアレンジ、売れると思うんだけど。
s-P1070349.jpg


5月初めにあるTulip Timeは、桜祭りならぬチューリップ祭りのようで、色々なイベントが盛りだくさんのイベント。でも今年は、満開の時期がずれてしまったよう。桜の散った桜祭り?


ランチをどうしようかとウロウロしていたら、公園の近くにベーカーリーJaarsma Bakeryを発見。ひょっとしたらヨーロッパ風の甘くないパンが食べられるかもと期待して行ってみたら、かなりの人気店らしく長蛇の列。ようやくたどり着いたショーケースには、砂糖がこってりのったアメリカパン&ドーナッツ&カップケーキがずら~っと。一瞬でヨーロッパパンの夢破れたり。それでも、Dutch LettersというS字の形をしたアーモンドペーストの入ったパンと、激甘パン、それにお店の隅にあった食パンを買ってお昼にした。Dutch Lettersは、ここの名物らしいんだけれども、甘過ぎて・・・・。それにしてもアメリカナイズされたベーカーリーにはちょいとがっかり。


オランダ村と言えば、長崎のオランダ村やハウステンボスを思い出した。オランダ村はもう閉鎖されているから行けないけれど、どちらも行ったことはない。個人的には、テーマパークよりも、Pellaのように街全体が自然とテーマパークの用になっている方が楽しめる。チューリップと言えば、実家の近くでチューリップマラソンもあったな。一面のチューリップ畑はそれなりに見ごたえがあったことも思い出す。

Pellaも素敵だったけれど、やはり本場のオランダKeukenfoh Parkにいつか行ってみたい。

Pellaには、天気の良いチューリップ満開の時にゆっくりと来るとしよう。
この後、4時間半かかって無事に帰宅。ふ~。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.04.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | アイオワ中部



«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。