スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



Centro(イタリアンレストラン)Des Moines

先日、デモインのレストランランキングでみごとNo1に輝いていたデモインダウンタウンにあるCentroに行ってきた。

店内は、天井も高く手落ち着いていていい雰囲気。3人でディナーだったのだけれど、どのくらいの量が出るか分からず、とりあえず前菜3皿、ピザ2枚(小)を頼んだら、かなりボリュームがあり残りをお持ち帰り。

前菜は、ミートボール、ムール貝の蒸したもの(ガーリック風味)、ハムとチーズの盛り合わせ、ピザはマルゲリータとひき肉がのっているピザ。一皿目のミートボールをみてびっくり。一皿に2つのミートボールがあったのだけど、その大きさがカプリチョーザのライスコロッケなみ。こぶしより一回り大きいぐらい。

続いてきたムール貝も大きなお皿にどん!これは前菜の量じゃないわ。ハムとチーズの盛り合わせは、お皿は大きかったけれど量はまあ普通。プロシュート、サラミ、青カビのチーズほか2種類でおつまみにちょうどいい。

カリフォルニアから来た友達は、アイオワンの方が重たい食事するよね~とブツブツ言いつつ、ミートボールについていたサラダをかなり食べていた。

味はというと、さすがNo1だけあってけっこうよかった。感動するほどの味ではないけれどソツがなく、中西部の中都市でこの味なら満足、満足。ピザは、薄いクリスピーな生地にモッツァレラがたっぷりで美味しかった。ピザを食べにランチに来てもいい感じ。よくを言えば、ピザのトッピングにもうひと工夫ほしいかな。

この日は、車の運転をしないといけず(夫君とのジャンケンで負けた!)、私は大人しくノンアルコールビアだけ。どこのメーカーか忘れたけれど、気が抜けたかんじでイマイチだった。ノンアルコールビアに期待しちゃいけないよな。

我が家は、毎回どちらが飲むかをじゃんけんの3回勝負で決めているのだけれど、これほど気合の入るじゃんけんはない。この日も2-2だったのに、このあと何度か引き分けて最後はグーで負けてしまった・・・。無念。

これだけ頼んで100ドルちょっと。ワインを飲まなかったから、かなりお手頃だった。もちろん家についてから、お気に入りのドイツビアで飲み直し。


ホームページを見ると、このCentro系列店に、先日紹介したGateway Marketがあり、なんとなく納得。この手のイメージに弱いかも。


Centro
 1003 Locust St.
 Des Moines, IA 50309


スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2013.01.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | レストラン&カフェ



停電とGateway Market

先日の猛吹雪でデモインエリアでは大規模な停電。我が家も、昨日の朝から先ほどまで約24時間停電。電気が復活て、ヒーターのブイーンという音を聞いた瞬間、夫君とハイタッチ。停電復旧のために、他州からもヘルプを呼んだらしいし、24時間以内の復旧ならマシなほうか。

それにしても、電気がないと、シャワーもあびれないし、火の元はカセットコンロだけだし、ネットもテレビもなし、しかもヒーターもつかないから部屋の温度がだんだん下がるしと、たった1日だけというのに心細いったら。カセットコンロがあってよかった。


さて、猛吹雪が来る前に食料品を買い足しに行ったのはGateway Market.普段使うスーパーではないけれど、近くまで行ったときとか、おいしい食材がほしい時などに利用している。


我が家の目当てはお肉。この日は、骨付きポークチョップ、豚の足のハム?、ミニウインナー、アラスカ産サケと野菜、パンを購入。骨付きポークチョップは、ものすごく美味しそうだったのでつい買ってしまった。


ここのスーパー、美味しく見えるものが多くて、油断するとついつい買いすぎになってしまうから、たまに行くぐらいがちょうどよい。こんどは隣接しているカフェでランチも試してみようかな。



久し振りの雪景色。さぶ~い。
sP1080392.jpg



テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.12.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 観光



アイオワ州会議事堂(Iowa State Capitol)

ダウンタウンにクリスマスの買物をしにいったついでに、アイオワ州会議事堂を見学。

アイオワ州会議事堂は、15年の歳月をかけて1886年に完成した。黄金のドームとそれを囲む4つのドームが特徴で、州会議事堂としては全米でも珍しいデザインの建物。月曜~土曜日に一般公開さてており、ツアーまたは自由見学ができる。中央玄関は職員用とのことで、観光客は横の通用口から入り、持ち物検査等をうけて中にはいる。私が行ったときには、ちょうどツアーが出発した後だったのであわてて追い付きツアーに合流して中を見学した。

sP1080354.jpg


中は、天井から壁まで豪華な装飾が施されており、建物そのものが芸術品のよう。黄金のドームの下から見上げると、思いのほか外からの光が感じられた。
sP1080358.jpg


壁に飾ってある絵画のひとつ。遠目でみると普通の絵画に見えたけれど、実際は細かいガラスタイルでできたモザイク画だった。この絵のモチーフは教育。
sP1080374.jpg


どちらがどちらか忘れたけれど、上院と下院の会議室の天井。豪華なシャンデリアが目を引く。このシャンデリア、ヨーロッパからのお取り寄せ品。当時はガス灯だったのを電気仕様に変更したのだとか。
sP1080370.jpg

このシャンデリア、映画の中だと絶対落ちてるよなと不謹慎なことも思いつつパチリ。
sP1080375.jpg


私が一番気に入ったのは、図書館。ハリーポッターに出てきそうなレトロならせん階段と手すりの雰囲気がいい。ちょうど何かの写真撮影をしており、ドレスを着たモデルさんがポーズをとっていた。結婚式のパンフレット??
sP1080368.jpg

130段のらせん階段を上ってドームの上まで上がって約90分のツアーは終了。ガイドさんいわく、全米一美しい州会議事堂でアイオワンの誇りよと言っていた。他州の州会議事堂は見学したことがないけれど、ここは一度は見学する価値のある建物だと思うし、ガイドさんの言葉に納得。


州会議事堂から見るデモインダウンタウン。今のアメリカが作っているもので、100年後も残るものは何だろう?とふと思った。
sP1080383.jpg


ちなみに戦艦アイオワのモデルなども展示してあったけれど、興味がないのでスルー。戦艦アイオワはLAだったかなに展示してあり、アイオワ州のIDがあれば無料で見学できるとのこと。



このあとは、ダウンタウンのHistoric East Villageでお買いもの。Kitchen Collegeでキッチン雑貨、AllSPICEでオリーブオイルをゲット。たまには、街に出てくるのもいいもんだ。


テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.12.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 観光



ビア&レストラン (Des Moines, IA)

テストと課題を終えて、サンクスギビングの4連休が始まった。学期末に向けて、ファイナル&課題の締切が迫っているので、そうそう遊んでいられないのが辛いところ。

我が家のサンクスギビングは、ターキーではなくて鴨。夫婦でターキーのぱさつきが苦手、かといってチキンじゃあ特別な感じが足らないからと鴨におちついた。Pekin Paradiseからネットで丸ごと1匹と胸肉を購入。去年もここから買ったのだけど、電話対応やサービスも良いので気に入っている。今年の鴨ローストのできはどうなるかな。


本日のテーマは鴨ではなくて、今年の夏に行ったデモインのブルワリーレストラン。我が家はビール党なので、ブルワリーとあるとついつい行きたくなってしまう。


Racoon River
デモインのダウンタウンにあるブルワリー。レストランの雰囲気がおしゃれで、日本からの友達(もし来てくれたら)と一緒に行ってもよさそう。ビール&食事は、普通のアメリカンで可も不可もなくかな。


Rock Bottom
ウエストデモインにあるアメリカンな雰囲気のブルワリーというよりもグリルのチェーン店。ここの料理はボリュームがあって、見ただけでお腹いっぱいになった。ハンバーガーのお肉がジューシーで美味しかったんだけど、やはり食べきれずお持ち帰りに。がっつりお肉を食べたい時にぜひ。


Granite City
こちらもウエストデモインにあるブルワリーレストラン。中西部にチェーン店がある。ここでピザを頼んだら、薄めの生地で意外においしかった。ビールもまずまずだったし。ほかのアメリカンなメニューはわからないけれど、ピザやサラダなら日本人の胃にも優しいので、軽くビールを飲むのにちょうどいい。


ではでは、よいサンクスギビングを。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.11.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | レストラン&カフェ



High Trestle Trail (サイクリング IA)

今日は、強風だったけど暖かかったので、High Trestle Trailでサイクリング。前から行ってみたかったのでちょうどよかった。


View High Trestle Trail Parking in a larger map

Des Moinesの北、大学のあるAnkenyの公園からWoodwardまで片道約25マイル(約40キロ)の舗装されたサイクリング道。今日は午後出発だったので、SlaterのEarl Grimm Parkに車を止めて、High Trestle Trail Bridgeをゴールにした片道10マイル(約16キロ)を往復した。

トレイルというから、勝手に木々に囲まれた道を想像していたら、やはりここはアイオワ、吹きっさらしのコーン畑の真ん中を延々と走る感じ。特に、今日は北風が強くてしんどかった。

暖かかい休日だったので、予想以上にサイクリングを楽しんでいる人とすれ違った。気合いの入ったチャリダーのかっこをした年配の人から女性のグループなどなど。ほとんどの人がロードバイクに乗っていた。マウンテンに乗っていたのは、夫君と私の他は1,2人ぐらい。きちんと舗装された道だから、ロードの方が断然早いし快適そう。さすがにお爺ちゃんライダーに颯爽と抜かれた時は、ロードが羨ましくなった。

一時間弱で目的のTrestle Bridgeに到着。
sP1080333.jpg

2011年に開通したこの橋は、Des Moines Riverの上高さ40メートル(全長770メートル)に架かっている。橋の上から見るパノラマの景色は、紅葉がすっかり終わり木々の葉がなく荒涼としていたけれど、感じがよかった。

sP1080323.jpg

sP1080341.jpg


橋を渡り終わったところの展望台から見たTrestle Bridge。
sP1080338.jpg


暗くなってライトアップされた橋。ロマンチック。残念ながら、暗くなる前に橋を後にしたから、見れなかったので写真を借用。
sTrail-Bridge-At-Night.jpg
Raccoonriver valley trail


このTrestle Bridgeだけ見に来ている人は、橋の手前のWalk in Parkに車を止めて、橋まで1キロぐらいを歩いていた。

年配の人でRecumbent bicycle(車体の低い場所にサドルがあり座ったままペダルをこぐ感じ)に乗っている人が多くてこんなに普通に乗ってるのと驚いた。

夫君が橋の展望台の手前でおじいちゃんにちょっと借りて乗ってみたところ、すわり心地がよくて楽ちんとのこと。ただし、小回りはきかないし、スピードもそれほどでそうになかった。二人で、年取ってからでいいかという結論に落ち着いた。でもWikiによると、チャリの最高スピード記録はRecumbent Bicycleらしいから、スポーツカータイプ?のデザインもあるのかも。

それにしても、欧米人は、おじいちゃん、おばあちゃんになっても、体力に合わせて遊び方を選ぶのがうまいと思う。見習おうっと。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.11.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 観光



Snus Hill Winerty アイオワワイナリー その1

先月のこと、Booneの保存鉄道に行ったついでにワイナリーSnus Hill Wineryに行ってみた。アイオワでワイナリーといっても、あまりピンとこないけれども、せっかくなので。

sP1080271.jpg

この日は、中庭で生バンド演奏があり(もちろんカントリーミュージック!ここはアイオワですから)賑わっていた。おじちゃん、おばちゃんたちが仲良く踊っているのがほほえましかった。

テイスティングルームでは、赤か白、辛めか甘めのコースで6種類ぐらいをテイスティング。辛めの赤だったんだけど、味はまあまあ。結局、一番特徴的な味がしたアイオワ産のブドウでつくったというFrontenacというワインを買って帰った。

ここのトレードマークのネコのイラストがかわいかった。残念というか、興ざめだったのは、テイスティングルームで堂々とビールありますって看板があったこと。中庭で飲むためなんだろうけど、ワイナリーでビール売るってワイナリーとしての心意気というかプライドが足らないような気がする。

Des Moinesエリアにいくつかワイナリーがあるようなので、気が向けば行ってみようと思うけれど…。しょせんアイオワワインだしと思う反面、いやそんなことはない、アイオワにもおいしいワインがあるはずと期待したくもあり微妙な心持。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.10.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Made in IOWA



アイオワ産 ブルーチーズ Maytag Dairy Farm, Newton, IA

人によって好き嫌いが分かれるブルーチーズ。私は結構好きで、たまに買ってワインのつまみにしている。うちの夫君は、独特の匂いや苦味が苦手なので、ブルーチーズを使った料理は作らないけれど。

先日、Dahl'sのチーズコーナーでアイオワ産のブルーチーズMaytagを発見。さっそく試してみた。
smaytagbluecheese.jpg
Wikipedia

Maytagは、デモインの東にあるNewtonという街で牛の乳をつかい1941年からつくられている。アイオワ州立大学で確立された製法をもとに、ひとつひとつ手作りで洞窟内で成熟して食べごろになったものが売られている。

食べた感じは、塩味と苦みがしっかりしているので、すっきりさわやかな感じのブルーチーズ。クラッカーにも他のチーズにも合いそう。私は、そのまま食べていたけれども。

一昔前は、アメリカのブルーチーズといえばMaytagというほど、アメリカの中では老舗。さすがに、イタリアやフランスのチーズにはかなわないけれども。やっぱりアメリカのワインに合いそうかな。


農場見学もできるようなので、チーズ好きな方はぜひ。

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

2012.09.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Made in IOWA



«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。