スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



停電とGateway Market

先日の猛吹雪でデモインエリアでは大規模な停電。我が家も、昨日の朝から先ほどまで約24時間停電。電気が復活て、ヒーターのブイーンという音を聞いた瞬間、夫君とハイタッチ。停電復旧のために、他州からもヘルプを呼んだらしいし、24時間以内の復旧ならマシなほうか。

それにしても、電気がないと、シャワーもあびれないし、火の元はカセットコンロだけだし、ネットもテレビもなし、しかもヒーターもつかないから部屋の温度がだんだん下がるしと、たった1日だけというのに心細いったら。カセットコンロがあってよかった。


さて、猛吹雪が来る前に食料品を買い足しに行ったのはGateway Market.普段使うスーパーではないけれど、近くまで行ったときとか、おいしい食材がほしい時などに利用している。


我が家の目当てはお肉。この日は、骨付きポークチョップ、豚の足のハム?、ミニウインナー、アラスカ産サケと野菜、パンを購入。骨付きポークチョップは、ものすごく美味しそうだったのでつい買ってしまった。


ここのスーパー、美味しく見えるものが多くて、油断するとついつい買いすぎになってしまうから、たまに行くぐらいがちょうどよい。こんどは隣接しているカフェでランチも試してみようかな。



久し振りの雪景色。さぶ~い。
sP1080392.jpg



スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.12.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 観光



アイオワ州会議事堂(Iowa State Capitol)

ダウンタウンにクリスマスの買物をしにいったついでに、アイオワ州会議事堂を見学。

アイオワ州会議事堂は、15年の歳月をかけて1886年に完成した。黄金のドームとそれを囲む4つのドームが特徴で、州会議事堂としては全米でも珍しいデザインの建物。月曜~土曜日に一般公開さてており、ツアーまたは自由見学ができる。中央玄関は職員用とのことで、観光客は横の通用口から入り、持ち物検査等をうけて中にはいる。私が行ったときには、ちょうどツアーが出発した後だったのであわてて追い付きツアーに合流して中を見学した。

sP1080354.jpg


中は、天井から壁まで豪華な装飾が施されており、建物そのものが芸術品のよう。黄金のドームの下から見上げると、思いのほか外からの光が感じられた。
sP1080358.jpg


壁に飾ってある絵画のひとつ。遠目でみると普通の絵画に見えたけれど、実際は細かいガラスタイルでできたモザイク画だった。この絵のモチーフは教育。
sP1080374.jpg


どちらがどちらか忘れたけれど、上院と下院の会議室の天井。豪華なシャンデリアが目を引く。このシャンデリア、ヨーロッパからのお取り寄せ品。当時はガス灯だったのを電気仕様に変更したのだとか。
sP1080370.jpg

このシャンデリア、映画の中だと絶対落ちてるよなと不謹慎なことも思いつつパチリ。
sP1080375.jpg


私が一番気に入ったのは、図書館。ハリーポッターに出てきそうなレトロならせん階段と手すりの雰囲気がいい。ちょうど何かの写真撮影をしており、ドレスを着たモデルさんがポーズをとっていた。結婚式のパンフレット??
sP1080368.jpg

130段のらせん階段を上ってドームの上まで上がって約90分のツアーは終了。ガイドさんいわく、全米一美しい州会議事堂でアイオワンの誇りよと言っていた。他州の州会議事堂は見学したことがないけれど、ここは一度は見学する価値のある建物だと思うし、ガイドさんの言葉に納得。


州会議事堂から見るデモインダウンタウン。今のアメリカが作っているもので、100年後も残るものは何だろう?とふと思った。
sP1080383.jpg


ちなみに戦艦アイオワのモデルなども展示してあったけれど、興味がないのでスルー。戦艦アイオワはLAだったかなに展示してあり、アイオワ州のIDがあれば無料で見学できるとのこと。



このあとは、ダウンタウンのHistoric East Villageでお買いもの。Kitchen Collegeでキッチン雑貨、AllSPICEでオリーブオイルをゲット。たまには、街に出てくるのもいいもんだ。


テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.12.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 観光



High Trestle Trail (サイクリング IA)

今日は、強風だったけど暖かかったので、High Trestle Trailでサイクリング。前から行ってみたかったのでちょうどよかった。


View High Trestle Trail Parking in a larger map

Des Moinesの北、大学のあるAnkenyの公園からWoodwardまで片道約25マイル(約40キロ)の舗装されたサイクリング道。今日は午後出発だったので、SlaterのEarl Grimm Parkに車を止めて、High Trestle Trail Bridgeをゴールにした片道10マイル(約16キロ)を往復した。

トレイルというから、勝手に木々に囲まれた道を想像していたら、やはりここはアイオワ、吹きっさらしのコーン畑の真ん中を延々と走る感じ。特に、今日は北風が強くてしんどかった。

暖かかい休日だったので、予想以上にサイクリングを楽しんでいる人とすれ違った。気合いの入ったチャリダーのかっこをした年配の人から女性のグループなどなど。ほとんどの人がロードバイクに乗っていた。マウンテンに乗っていたのは、夫君と私の他は1,2人ぐらい。きちんと舗装された道だから、ロードの方が断然早いし快適そう。さすがにお爺ちゃんライダーに颯爽と抜かれた時は、ロードが羨ましくなった。

一時間弱で目的のTrestle Bridgeに到着。
sP1080333.jpg

2011年に開通したこの橋は、Des Moines Riverの上高さ40メートル(全長770メートル)に架かっている。橋の上から見るパノラマの景色は、紅葉がすっかり終わり木々の葉がなく荒涼としていたけれど、感じがよかった。

sP1080323.jpg

sP1080341.jpg


橋を渡り終わったところの展望台から見たTrestle Bridge。
sP1080338.jpg


暗くなってライトアップされた橋。ロマンチック。残念ながら、暗くなる前に橋を後にしたから、見れなかったので写真を借用。
sTrail-Bridge-At-Night.jpg
Raccoonriver valley trail


このTrestle Bridgeだけ見に来ている人は、橋の手前のWalk in Parkに車を止めて、橋まで1キロぐらいを歩いていた。

年配の人でRecumbent bicycle(車体の低い場所にサドルがあり座ったままペダルをこぐ感じ)に乗っている人が多くてこんなに普通に乗ってるのと驚いた。

夫君が橋の展望台の手前でおじいちゃんにちょっと借りて乗ってみたところ、すわり心地がよくて楽ちんとのこと。ただし、小回りはきかないし、スピードもそれほどでそうになかった。二人で、年取ってからでいいかという結論に落ち着いた。でもWikiによると、チャリの最高スピード記録はRecumbent Bicycleらしいから、スポーツカータイプ?のデザインもあるのかも。

それにしても、欧米人は、おじいちゃん、おばあちゃんになっても、体力に合わせて遊び方を選ぶのがうまいと思う。見習おうっと。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.11.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 観光



リンゴ農園 Center Grove Orchard, Cambridge, IA

4/16/2014 追記

アイオワにあるU-pick農園一覧
イチゴ、チェリー、リンゴ、パンプキンなどの果物狩りが楽しめる。
http://www.visitiowafarms.org/find_a_farm/?upick&show=type&LocationTypeID=9

この中の一つBerry Patch Farmは、大学の授業で見学した果物農園。下のCenter Grove Orchardの近くにある。こちらは、本格的な果物&野菜農園で季節の果物、野菜の収穫や即売が楽しめる。
---------------------------------------------------------------------------------------------


デモイン郊外にりんご農園があるので、おいしいリンゴサイダーを求めてCenter Grove Orchardに立ち寄った。

sP1080232.jpg


併設されているショップを通り抜け、入園料$9.95を支払い奥にある農園に入った。何があるのか、いまいち理解していなかったんだけれども、入ってみたら子供向けの素朴なアトラクション?が満載。

乾燥したトウモロコシをしきつめたコーンプールでは、子供がおおはしゃぎ。長い滑り台や、トランポリンのようなものなどなど。ほかに、ヤギ、ターキー、子豚、ニワトリなどもいて、エサがやれる。

コーンプール。なんか笑えた。
sP1080233.jpg

子豚のようなミニブタのような。このサイズならペットにできそう。
sP1080241.jpg

我が家は子供がいないので、かる~く流しつつ、せっかくなので農園内を走っているトラクターの荷台に乗って、リンゴ園、パンプキン畑、コーン迷路などを見て回った。今年は、夏がきびしくリンゴが不作なので、りんごがりは残念ながらできず。リンゴ農園ツアーがあれば、おもしろかったかも。

ワラのイスに座って、園内を一周。
sP1080245.jpg


最後はショップで目的のリンゴサイダーとリンゴバターをゲット。サイダーは、リンゴそのまんまの味でまあ美味しかった。だけどシャンペーン(イリノイ)にあったリンゴ園のサイダーの方が甘味があって好き。

子供が農園で一日遊ぶにはいいのだろうけれど、入園料$10はちょっと割高な気がする。リンゴ狩りもできなかったし。今週末は、ハローウィン用のカボチャ狩りができるそう。


ここにデートに来ている若いカップルにちょっとびっくり。コーン迷路に行ったようだけれども。素朴なアイオワっ子かな??

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

2012.09.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 観光



アイオワの保存鉄道 Boone & Scenic valley Railroad, Boone, IA

アイオワやイリノイに住んでいると、日本の風景が恋しくなる。山陰地方で育った私は、特に山のある風景が見たい。さすがに山脈が連なる風景は望めないけれども、せめて山に囲まれた雰囲気が味わおうと、Boone & Scenic valley Railroadで電車に乗ってきた。

Boone & Scenic valley Railroadは、デモインの北にあるBooneという街の保存鉄道。Wikiによると1890年代に造られ、1955年に廃業。1983年より保存鉄道として復活したらしい。駅の一角には鉄道ミュージアムが併設してある。

見渡す限りコーン&ソイビーン畑のアイオワと思いきや
sP1080250.jpg


電車にゆられていると、山というか丘が連なった場所があり、アイオワに山がある!!と感動。
sP1080253.jpg

このあたりの紅葉は見ごたえありそう。10月か11月ごろにドライブすると気持ち良いかな。
sP1080259.jpg

この鉄道の一番の目玉は、高さ47メートルのBass Point Creek High Bridge。
sP1080264.jpg

といっても、乗っているとわからないので写真を拝借。ちなみに車両は1920年代のものでレトロな雰囲気。
Boone Iowa
Boone & Scenic Valley Railroad

往復で1時間45分の電車の旅。その中で、おお!!というような景色が見れるのはほんの少しだったけれど、それでも山のある風景を見れたから大満足。秋晴れの気持ち良い日だったし。

デザートやディナーが食べれる電車や、実物大?の機関車トーマスに乗れる日などもあるので、子供は大喜びかも。

電車の後は、ミュージアムで鉄道コレクションを見て帰った。

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

2012.09.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 観光



アイオワにもバッファローがいた(Neal Smith National Wildlife Refuge)

先月のこと、またしてもアイオワからイリノイに戻る途中に、デモインの東にある動物自然保護区(Neal Smith National Wildlife Refuge)に寄った。

ここは、トウモロコシや枝豆畑だらけになってしまったアイオワの土地に、土地本来の草原地帯(プレーリー)を復活させよう!と、1991年より5600エーカーの土地をプレーリーとして復活させたプロジェクトの結果。

最初にPrairie Learning Centerで草原復活プロジェクトのビデオを見て、館内を見学。地図をもらう。
sP1080114.jpg


ラーニングセンターの周りにトレイルがあり、草原地帯の散策もできたのだけど、先を急いで車で自然動物保護区へ向かった。ここは、草原の一角を金網でしきり、バッファローやムースなどが生活している地域。ものすごく遠くにバッファローが。でも遠目だと牛と区別がつかない・・・。
sP1080120.jpg


もう少し近くにいたのを見ると、確かにバッファローだった。
sP1080117.jpg


自然動物保護区は車で通りぬけると10分もかからない。金網も遠くに見えるし、回りの農家も見えるから、昔のままの大自然というわけにはいかないものの、開拓前のアイオワの自然をかいまみれた。


日本の場合だと、開拓前の土地は森林とか湿地帯がほとんど?アメリカのことを学ぶたびに、日本のことをよく知らないことに気がつくことになる。

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

2012.09.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 観光



Crapo Park & Snake Alley (Burlington, IA)

オリンピック、ネットのおかげでライブで日本選手の活躍が見られるから、ついネットにかじりついてしまう。家の片付けをチャキチャキしないといけないところだけれども。。。。

さて、先日イリノイからアイオワのデモインへ行く途中、ミシシッピー川沿いのちいさな街Burlintgtonに立ち寄った。この町には、1895年に造られたCrapo ParkとWikiによるとアメリカ一のクネクネした道Snake Alleyがある。

sP1070973.jpg

園内には、アイオワで最初に星条旗が立った場所とか、ネイティブアメリカンの戦士Black Hawkにちなんだ湧き水のでる洞窟など地味~な観光スポットがある。この日は40℃ちかい炎天下の日で公園の中は人影もまばら。車から降りて探索しようと試みるも、日差しの強さと熱風にあえなく退散してしまった。

小高い場所にあるので、ミシシッピー川とその先にイリノイ州の平らな土地が見渡せた。手前は、暑さで枯れて茶色くなった芝。
sP1070970.jpg


園内には、数多くの木が植えられており、所々に花壇がある。写真は、色とりどりのコリウス。花のないコリウスでも、これだけ集めたら花壇よりも色鮮やか。
sP1070979.jpg


公園から早々と撤退して、Snake Alleyに行った。坂の降り口には出口の看板。もちろん上には入り口の看板も。
sP1070952.jpg


この坂は、1894年に上と下の道路をつなぐショートカットの通路としてデザインされたそう。坂の上から見ると、レンガがびっしりと敷かれ、うねった感じがまさに大蛇。ここで、自転車レースも行われるそうだけど、上る間にパンクしそう。
sP1070954.jpg


坂を上っている途中で、一台の教習車とすれちがった。しばらくすると、同じ車がもどってきて再び坂を下り始めた。これは究極のS字カーブの練習!こんな教官いやだわ。


アメリカの小さな街のマイナースポットを見学してる私も地味だよな。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.08.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 観光



«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。