スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



夏セメスターの予定(2013年)

いよいよ、夏セメスターが始まった。これが、コミカレ園芸学部の最後の授業になると思うと感慨深い。ほんと、ここまで来るのに長かった。って、まだ夏セメスター始まったばかり。

この夏にとっている授業は次の二つ
1.Insect and Disease(害虫と病気)
2.Fruite and Vegetables(果物と野菜栽培)

クラスの内容は名前そのもの。害虫やら病気について習う授業と、野菜と果物の育て方もろもろを習う授業。果物は、グレープ、各種ベリー、イチゴなど、いわゆるSmall Fruitと呼ばれるものとナッツが中心。あと野菜は、大学の外の畑とハウスで育てる実習が中心。メジャーな野菜と果物が中心ということだったので、トマト、ピーマン、ジャガイモ、レタス、もちろんアイオワなのでコーンなどの育て方を習う。

どちらも役に立ちそうだけど、やっぱり野菜&果物の育て方のクラスの方が面白い。裏庭に果物の木を植えたいし、ちょうどいい。

最初の授業では、早速ブドウ園を見学。一か所めは、残念ながら昨年倒産してしまい、打ち捨てられた感じのワイナリーの畑。原因は、一言でいえば素人が趣味の延長でワイナリーを始めたから。そもそもブドウ園の場所が、周りを木々にかこまれた窪地にあり、日当たりの悪さ、洪水の危険、水はけの悪さ、鹿や鳥などの動物の多さなど多数の問題を抱える場所にあり、とても悪条件が揃っていて成功するのは難しい立地条件。先生曰く、立地は最も重要な条件なので、成功するためにはベストの場所を選ぶこと。一度始めたら、場所の移動はできないからと。確かにこの場所では、かりにプロが始めたとしても厳しかったかも。

これが、このあたりのブドウ園の現状とのこと。アイオワのブドウ園、ほかの州と比べてもまだまだのよう。

2か所目は、以前にもいったことのあるワイナリーのブドウ園。こちらのブドウは、剪定も終わってきちんと管理されているところ。なだらかな斜面にあり、まずまずの場所。ここで、ブドウの種類とか支えの方法、剪定の仕方などを勉強。スライドで見るより分かりやすい。残念ながら、ワイナリーの見学は無し。


我が家の北向きの裏庭、場所としてはイマイチだけれども、せっかくなのでブドウの木も1,2本植えてみようと思っている。あとは、ベリーとチェリーの木もほしい。このクラスが終わったら調べてみよう。


先セメスターはあまり集中してなかったから、この最後のセメスターは気合いを入れなおして頑張ろう!

スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2013.05.23 | | コメント(1) | トラックバック(0) | ランドスケープ園芸学科コース内容



2013年 春セメスターの予定

昨日は10度以上あった気温も今日は氷点下3度ぐらい。この気候の変化の激しさがアイオワらしい。これって、内陸性気候それとも大陸性気候というんだろうか??それでも、冬の時期に10度はちょっと異常な気がする。

さて、先週月曜から始まった大学。1週間たってみて、予想はしていたけれど今学期のスケジュールは今まで一番きつい。

春セメスターで受講しているのは、次の5つのクラス。

1.Aboriculture(樹木栽培学)
  樹木の植え方、剪定のしかた、病気の対応のしかたなど。

2.Greenhouse Introduction (グリーンハウス イントロダクション)
  グリーンハウスの基礎。温度、光、肥料、水などの管理の仕方など、グリーンハウス栽培の基本。このクラス、前の学校でも取っていたのだけれど、授業内容が違うので単位が移行できなかった。たぶん、今の大学の方がより専門的に習う感じ。

3.Turf Management Introduction(芝生マネージメント イントロダクション)
  芝生管理の基礎。アメリカの庭と言えば、芝生が欠かせないので、このクラスは必須。芝生は、あまり好きじゃないけれど、仕方ない。

4.Plant Propagation(植物繁殖)
  今学期で一番楽しみなクラス。種から植物を育てたり、挿木や葉挿しなどで植物を増やす方法を学ぶ。一番最初の授業は、メンデルの遺伝の法則から。遠い記憶がよみがえる。

5.セールス(オンラインコース)
  選択科目の一つ。セールスかアカウンティングの選択だったので、セールスをオンラインでとることにした。アカウンティングは日本で勉強した時の苦手意識があるので、セールスにした。一応、元セールスウーマンだったし。


セールス以外のクラスは、3月末で授業が終了するため、1週間の授業頻度が高く授業ペースも速い。テキストの予習が追い付かなそう。というか、1週間目ですでに置いて行かれた・・・。これに、4月からインターンシップが始まる。

朝8時から授業があって、終わるのは4時ごろ。授業の合間に3時間ぐらいの時間があくので、予習&復讐に追われそうな予感。ただ、火曜日は朝の1コマだけなので、ジムで1時間ほど運動する予定。

今学期に主に習う先生は、わりと年配の先生。これが、かなりしんどい。黒板に書くことも少ないし、テキストに沿って授業を進めるというわけでもなく、ひたすら話す、話す。大事なことを話したら、あとは自分の経験やいろいろな事例を語り続けている。ひたすら経験を語られるから何が大切なのかが分かりにくくて眠くなる。しかも、英語が聞き取りにくくて、フォローできない。今までのコミュカレの授業の中で、一番つらい授業だわ。

もう一人の先生は、30代前半でパワーポイントを使うし、教科書以外のいろいろなデータを示してくれるから、私としてはポイントがはっきりして授業にも集中しやすいんだけど。

さてさてどうやって今学期を乗り切るか・・・・。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2013.01.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ランドスケープ園芸学科コース内容



2012年 秋セメスター

先週の木曜日から、転校先のコミュニティーカレッジが始まった。今日で、1週間経過。

相変わらず、書類手続きの不手際(元の大学と今の大学の両方ともで!!)のおかげで、いまだにどの単位が移行できたのかわからない状況。ある程度のトラブル予想はしていたけれど、こうもグダグダされるとは予想外だった。しょうがないので、希望的観測のもと秋セメスターの授業を決めた。日本語名は適当につけているので、あしからず。

2012年 秋セメスター
・園芸用 土壌科学(Soil Science for Horticulture)
・土壌肥料学?(Soil Fertility for Horticulture)
・グリーンハウス テクニック(Greenhouse Production Techniques)
・ランドスケープデザイン 基礎 (Landscape Drafting)
・農薬散布者 資格対策(Pesticide Application Certificate)
・人間関係論(Human Relations in Business)
・キャリアディベロップメント(Career Development)

7クラスもというかんじだけれども、週に2時間しか授業がないクラスがあるので、スケジュール的にはそれほどつまっているわけではなく、ちょうどよいぐらい。毎日2時半には終わるから、生活に余裕ができるし。

土壌学は、前の学校で全く取っておらず今回初めて。かなり、がっつり勉強させられるクラス。グリーンハウスは、クリスマスに向けてポインセチアを一人60鉢ぐらい育て中。途中で枯らさないようにしなければ。ランドスケープデザインは、前の学校でも取ったけれども、なんとなく不十分な気がしていたので、再度受講。受講した印象では、役に立ちそうな感じ。

ほかには、一般教養科目の人間関係論は、良い人生を送るため、もとい人生で成功するための人間関係論のクラス。他人との関係はもちろん、自分自身のマネージメントや自己評価についても学ぶ。日本では、個人の修行や鍛練に任せているような、大人になってからの人間形成についても大学で授業があるということに驚く。

もうひとつの一般教養科目のキャリアディベロップメントは、就職活動講座のようなもの。自分がやりたい仕事をみつけることから、履歴書の書き方、面接の仕方など。大学3年、4年生でいっぺんに就職活動を始める日本とは違い、アメリカでは大学1年生からすでにインターンシップやパートなどで就職活動を行っていたり、失業後に学校にもどりつつ求職中の学生も多いから、こういうクラスが必須となるのもうなずける。だけど、いちいち好きだったことや苦手なことなどのワークブックをさせられるのが、少しめんどくさくもあるんだな。

学校全体の印象としては、前の大学のように手取り足取り教えてくれる感じはなく、多分に学生の自主性に任せてある気がする。大学の規模が大きいからなのかも。授業の内容は、前の大学よりも専門的なことが多く、気が抜けない。たぶん、4年制大学の授業の雰囲気に近いのかも。

大学の施設としては、図書館は雑誌の種類も少なく、スペースも狭いからイマイチ。食堂は・・・・。できるだけ使わないようにお弁当を持って行っている。いいのは、大学のジムが食堂の近くにあり、入りやすい。しかも、スタジオの時間があり、授業の合間に行けるのはうれしい。しかも無料。さっそく、キックボクシングとズンバを受けてみた。1クラス30分でちょっと短いかな?と思っていたら、キックボクシングは始まって10分で汗だくになり、ヘロヘロ。30分で充分だった。ズンバの方は、ステップについていけず消化不良。ヨガのクラスもあるし、週に1、2時間は運動するようにしようと思う。このセメスターで、30分のキックボクシングが余裕でできる体力をつける!という目標のもとがんばろっと。


テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.08.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ランドスケープ園芸学科コース内容



2012 春セメスターの予定とホリデー用の生け花

今週で無事に今学期も終了。

来年、春学期が終了すれば、コミカレ2年目も終了。プログラム通りに履修すれば2年で終わる予定のコース。ただ、私の場合、専門の選択クラスも必要以上に取っているうえ、フラワーアレンジメントとランドスケープのダブル専攻。さらに、趣味の陶芸クラスも取っているものだから、よけいに1年はかかりそう。いや、1年半か?どのみち、ビザの関係で学生しないといけないから、いいんだけど。


2012年 春の履修予定クラス

・フラワーアレンジメントII
・グリーンハウス プロダクト
・ランドスケーププラントデザイン
・農業経済学
・陶芸(インターンシップが忙しいようなら、諦める)
・150時間のインターンシップ


おまけ。日本館に飾ってあった生け花。クリスマスとお正月用ということで、華やか。
s-P1060364.jpg

アップにするとこんな感じ。これ、ツリー用の飾りにお花を生けたもの。
s-P1060366.jpg


ちなみに、この日の私の作品。といっても、多分に先生の手が入っておりますが。器は、先学期の陶芸クラスでつくったもの。食器用として作ったんだけど、重たくなったから、花器にちょうど良かった。自分で生けれるようになる日は、はたしていつの日やら。
s-P1060368.jpg


やっぱりどこか日本風のものが落ち着くわ。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

2011.12.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ランドスケープ園芸学科コース内容



2011年 秋セメスターの予定

今週から、コミュニティーカレッジ 秋セメスターが始まった。今年は2年目なので、気持ち的に少し余裕もあるといより緊張感がなくなってきた気がする。頭が夏休みモードから抜けきってないのかもしれないが。

このセメスターは、のんびりしようと最小限必要なクレジット数しかとっていないので4クラスだけ。

・セラミックスII
夏に続いて、再び陶芸クラスを受講。このクラスは、もう数年~10年ぐらい陶芸をしているベテランが多い。あたふたしているのは、私を入れて3人ぐらい。まずは、ろくろで綺麗な円柱を作るのが目標。10回やって、まともなのが1個できるかどうか…。今学期の目標は、まともな花器をつくること。まだまだ修行中。

・樹木クラス
ひたすら木の名前を覚えるクラス。週に2回授業があり、そのたびにテストがあるから気が抜けない。せっせとカードをつくって覚えようとはするものの、脳みそのメモリーが一杯一杯で…。英語で木の名前が覚えられるのはいいんだけど。

・農業ビジネス
アメリカの農業ビジネスの概要。テストはプリント持ちこみ可だから、たぶん余裕。それにしても、クラスメートは農家の子が多く、駐車場はピックアップトラックで一杯。学校を卒業したら家を手伝うんだ!という子が多くて感心。米国の農業は、日本のような地味な感じがしないのは、規模の違いか?

・フラワーアレンジメント
ランドスケープデザインに加えて、2クラスとればフラワーアレンジメントの学位も取れるのでチャレンジ。寄せ植え作ったり、植栽にもアレンジメントの知識が役立つことを期待して。


自作の花器に、庭の花を生けて、庭先でゆっくりお茶を飲む生活を夢見つつなんだけど、庭の方は、相変わらず工事現場状態…。球根も植えたいし、冬が来る前にできるだけ進めたいところ。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2011.08.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ランドスケープ園芸学科コース内容



2011年 夏セメスターの予定

早いもので、もう今学期も終了間近というわけで、ファイナルの勉強やら最後のプロジェクトに追われて、ちょっと焦り気味。こういう時に限って、日本の小説とか読み始めて、現実逃避をしてしまうのは昔から変わらない。

現実逃避の一つで、夏セメスターの履修科目を考えてました。とりあえず、夏セメスターは3クラスを申し込みました。


1.Woody Ornamentals (園芸樹木)
2.Ceramics I (陶芸)
3.Pronunciation (英語の発音)


Woody Ornamentalsは、必須科目でもあり、木の種類を習うのでかなり楽しみだけど、100種類ぐらいは習うらしいので、結構ハードなクラスになりそう。Ceramics Iは、選択科目の一つだけど、これは完全に趣味。陶芸って一度はやってみたいと思っていたので、いまから楽しみです。盆栽の鉢でも作ろうかな。

あとPronunciationのクラスは、最近英語を話す練習があまり出来てないからとるんだけど、クラスの内容によってはドロップするかも。いや、ドロップする予感大です。

夏の間にインターンシップを探しているので、もし見つかれば予定は変わるけど。なかなか、インターンシップ先を決めるのに戸惑ってるから、どうなることやら。。。。真面目に職探ししなきゃ。


ランキング参加中です。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2011.04.23 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ランドスケープ園芸学科コース内容



コミカレ 1週間目の感想 2011年 春セメスター

春セメスターの最初の1週間が無事に終了。正直、このセメスターはちょっと大変かも。

スケジュール的に夜のクラスが3つあって、家に帰ったら9時過ぎというのが予想以上にきついかな。東京で働いてた頃は、10時、11時、はてまて終電帰り(注 たまに飲みもあったけど、基本は仕事)なんて当たり前だったのに・・・。今じゃ、9時過ぎに帰ったらヘロヘロで、とりあえずシャワーを浴びて、軽く何かを食べて、ちょっとボ~としたらすぐ就寝・・・。

これは、やっぱり歳かな~。いやいや、今週は、風邪ひいてたし、体力が落ちてるからかも。そのうち、このリズムにも慣れてくるはず・・・。

あと宿題も各クラスともしっかりでそうで、なんというか気の抜けるクラスがない感じ。DrawingIとランドスケープグラフィックスは、デッサンやデザインの課題がしっかりあるし、英語も毎回宿題が・・・。あと、花のクラスは、花の名前あてテストが毎週!もちろん、一般名とラテン名の両方を覚えなきゃいけないし。

最大の難関は、オンラインのビジネス数学。問題数が公文なみに多い~。しかも、アメリカの数学だから余裕、余裕と思っていたら、減価償却うんぬん、銀行のStatementの見方とか、Taxの計算とかで、問題中の英語がちんぷんかんぷん。計算そのものは単純だけど、そもそも問題の意味が分からないことが多々。数学というより、お金に関する一般常識の勉強みたいで、それはそれでありがたいんだけど・・・。

このセメスター、時間のやりくりと体力がものを言いそうです。

ほんと月曜日がMLK Dayでお休みでよかった。



ランキング参加中です。おひとつ応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2011.01.15 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ランドスケープ園芸学科コース内容



«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。