スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



Tascora のアウトレット

Eastern Illinois UniversityのあるCharlestonの帰りに、Tuscola のアウトレット Tanger Outletと、隣接しているArmishlandによってみました。シャンペーンの南、車で30分ぐらいのところです。

Eastern Illinois Universityです。創立1895年の伝統のある州立大学です。マリオのピーチ姫が囚われている要塞のようです。

P1020679.jpg


Tanger Outlet。思ったより大きかったです。

P1020684.jpg


Nike、GAP、Tommy Hilfiger と、カジュアルな服なら結構そろいそうでした。Coachのショップもあったんですが、Coachって、いつの間にかチープなブランドになってしまって、びっくりです。キッチン雑貨のアウトレットで、パスタ用の大き目のお鍋と、電子レンジでゆで卵をつくるBoiley君をゲットです。

せっかくなので、隣接しているArmishlandにも寄ってみました。

P1020688.jpg


ここは、アーミッシュのアンティークモールです。新品の家具もあり、さすがに丁寧なつくりで、いい雰囲気を出してました。見てるだけで、落ち着く家具です。モールの中には、アーミッシュ料理が楽しめるブッフェもありました。
P1020693.jpg


P1020689.jpg


Tuscolaの先のアーミッシュ村Arthurとセットでどうぞ。


  アーミッシュ村の日記 >> Amish Villageに行ってきた


  北米留学生のブログはこちら >> 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2010.07.26 | | コメント(2) | トラックバック(0) | お買いもの



SATとGREで頭の体操。ついでに立体認識と方向音痴

ここ最近、SAT(大学入試用の試験)とGRE(大学院入試用の試験)のMathの練習問題を解いてます。

  SATの問題はここのサイトにあります >> SATの問題

というのも、秋から通うコミカレの申し込みをした時に、数学と英語のテスト受けてくださいね~と。えっ、数学も受けるんですか?と思わず聞き返してしまいましたが、学位取得を目指す生徒は必須とのこと。


実施にGREもSATの問題を見ると、こんなに簡単でいいの??と思うぐらい簡単に見えます。GREの方がSATより難しいかというと、そういうわけでもなく、どちらも高校1年?の数学で解けそうです。もちろん、英語の問題文が理解できて、高校の数学を覚えていればの話です。

問題が簡単すぎておどろいたのと同時に、自分の記憶力の方にも驚きました。感心するぐらい、忘れてるんですよね・・・・ 円周や円の面積の公式ぐらいは大丈夫ですが、xyグラフ上の円の式となると、えっ???なんだっけと。例えば、(3、4)を中心にした、半径5の円の式とか。(x-3)2 + (y-4)2 = 5*2 *2は2乗です。ちょっと考えたら分かるんですけど、まったく記憶になく・・・・。

サイン、コサイン、タンジェント! と言葉は覚えているものの、いったいこれらは、どなた?どんな関係??とこんな具合です。これでも、高校の時は、数学、物理が得意だったんですけど・・・。

あまりに、情けなかったので、ちょっと主人にも聞いてみたところ、ちゃんと覚えてました。サインコサインまでも、きっちり。さすが、エンジニアです。



ついでに、数学で思い出しました。立体認識と方向音痴の関係です。


子供のころ数学は好きだったのですが、唯一苦手だったのが立体の問題です。例えば、立方体をある角度で切った時の、切り口の形は?とかです。この時、立方体を頭の中で考えることができず、消しゴムに線を書いたり、切ったりして考えてました。そのころは、この立体問題をすらすらと解ける人を不思議に思ったものです。

この不思議、大人になって解決というか、納得しました。

ある時、デパートのトイレから出た瞬間、行く方向が分からないのは、かなりの方向音痴だと教えてもらった時に(←当然、みんなも分からないものと思ってました)、あっ、私の脳はもともと3Dが苦手な構造なんだと、納得したのです。だから、立体の問題があんなにも難しく感じたんだと。

こういう、立体認識能力って、子供のころに鍛えたらちゃんと身につくもなんでしょうか。方向音痴にならない子供の育て方とか・・・・。少なくとも、私の場合、小学校ではすでに立体音痴でした。


まったく、絶対的(絶望的?)方向音痴に加えて、絶対的(絶望的?)音感音痴でもある私。これは脳の2重苦です。ここは、せめてGREとSATで頭の体操でもして、これ以上の記憶力の劣化を防ぐようにします。


テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2010.07.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | コミカレ入学&転校手続き



アーバナ ダウンタウン

ちょっとお買いものに、アーバナのダウンタウンに行ってきました。

アーバナ・シャンペーンでお買いものというと、シャンペーンのモール(Market Place)の方がメジャーですが、私は、アーバナのダウンタウンの方がなんとなく落ち着きます。ほんと、ちっちゃいんですけどね。

アーバナの中心にある立派な裁判所。チケット切られて免許証を没収されたら、取りに行くところです・・・・。ちなみに、裁判所で結婚もできます。

P1010555.jpg


プチモールのLincoln Squareには、個性的なお店が集まってます。自然食品のお店や、雑貨ショップ、ステーショナリーショップ、ギャラリーのようなショップなど。古着屋さんもありました。午前中に行ったら、外は暑いし、ちょうどよいのか、ご近所のご年配の方がたくさんウオーキングされてました。のどか~。

ステーショナリーショップ。色々な画材がそろってました。絵を描くのが好きなら、ぜひ。

P1020701.jpg


雑貨ショップ。iittalaの食器など、北欧系のショップです。

P1020703.jpg


Lincoln Squareに隣接しているホテルと教会。コナン君の舞台にでもなりそうな雰囲気

P1020695.jpg


P1020700.jpg



留学生の本音ブログ >> ブログ村 海外留学(アメリカ・カナダ)

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2010.07.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | お買いもの



シカゴの雑貨ショップ (Crate and Barrel, CB2)

シカゴの続きです。せっかく、シカゴのダウンタウンに行くのだからということで、「雑貨屋さんなんて、どこも同じでしょと」ぶつぶつ言う主人を引っ張り雑貨屋さんによってきました。

アメリカの雑貨ショップ(シカゴにも実店舗あり)
Crate and Barrele
CB2


一軒目は、ダウンタウンのド真ん中にあるCrate and Barrele


sP1020617.jpg


ここは、家具からキッチンウェアまで豊富にあって、値段も手ごろなので、小さなIKEA見たいです。家具は、IKEAよりしっかりしたものが多めかな。ちょっとアジアっぽい家具もあって、気に入りました。
sP1020618.jpg

2件目はCB2。ここはシカゴダウンタウンの北の方にあります。
sP1020621.jpg


ここのテイストは、アメリカンモダンという感じでしょうか。北欧雑貨よりスタイリッシュだけど、ハードなスタイリッシュではなくて、どちらかというと、男の人が好みそうな感じです。
P1020622.jpg

実際、主人も最初はぶつぶつ言っていたのですが、店内に入るとくまなく物色してました。で、気にいる掛け時計を発見。真っ白な文字盤に赤い振り子の時計です。ちょうど家に掛け時計が一つもなかったので、つい衝動買いしてしまいました。


ネットでも、もちろん買えるんですけど、ショップに行く方が断然楽しいです。品揃えや商品レイアウトとかディスプレイを観察するのが、趣味です。この時期の日本のショップなら、梅雨、七夕、夏のお出かけなど、7、8月の季節感のあるディスプレイなんですが、アメリカだと季節感の共有がなさそうで、ディスプレイがちょっと単調かな。

次回は、ナチュラル系の雑貨屋さんに行ってみたいと思います。


北米留学仲間の本音ブログ >> 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2010.07.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Chicago, IL



Al's Beef 全米一美味しいシカゴのサンドイッチ

先週、シカゴ領事館に行きました。さすがシカゴ、渋滞してます。都会です。。。。

sP1020612.jpg


シカゴ領事館はダウンタウンにあるので、書類ができる間にダウンタウンでランチです。行った先は、Al's Beef。ここは、Food WarというTV番組で紹介されていて、なんでも、全米一美味しいサンドイッチの一つに選ばれたお店。肉食系の主人、目を輝かせてお店に直行。食べるだけじゃなく、お肉を焼く才能もあるので、我が家では別名、肉大臣です。

領事館から歩いて15分ぐらいのところのお店に行きました。この日のシカゴは97F。だいたい36℃で、歩いているだけで汗だくでした。

sP1020614.jpg


Al's Beefのホームページはこちら >> Al's Beef

パンフレットにも、One of the Best Sandwiched in Americaと書いてあります。

P1020639.jpg


もちろん、狙いはItalian Beefです。写真を撮る余裕がなかったの説明だけです。すみません。とにかく、ボリューム満点、汁だくなサンドイッチでした。

味は、う~ん・・・・。かなり薄味の吉野家の牛丼汁だくがサンドイッチになっている感じでした。もう、パンが汁をすいすぎで、ふやけてました。夕飯がいらないほど、おなかいっぱいになりましたが、それだけです。一緒に頼んだアイスティーは、ものすごく甘かったし。このランチは、体に悪そうです・・・。

全米一というのは、ちょっと言い過ぎ?やっぱり、アメリカ人の味覚はかなり違う・・・。
どういうものか、一度食べたら、もう満足です。


ちなみに、Al's Beefの近くに、肉大臣お薦めのブラジル レストランがあります。お肉食べ放題なんだとか。

ブラジリアン レストアン >> Fogo de Chao

このお店、肉食系のもと上司と同僚に、ぜひぜひお薦めしたいレストランです。





テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2010.07.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Chicago, IL



«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。