スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



公園づくり Healing & Hope Children Garden

春休みを利用したプロジェクトで、メンフィスのSt. Jude Children's Research Hospitalで庭仕事をしてきました。

日曜日にメンフィスに移動して、月曜から木曜まで作業、金曜日にイリノイに戻ってきました。月、火、水は天気もよくて日差しも強かったから、白人の子は、真っ赤っか。

こちらが公園をつくったサイトのビフォア―です。コンクリートでラビリンスがつくってありました。まずは、コンクリの型からもれて土の中で固まっているコンクリの掘り起こしから。これが一番の肉体労働でした。

s-P1040194.jpg

みんな働いてますよ~。
私も低木やら、グランドカバーやら一年草の花など、せっせと植えてきました。

s-P1040221.jpg


学生が敷いたハート形の石畳?に四季をモチーフにした木を下書き中の先生。

s-P1040244.jpg


屋外用のペンキでペイント中。ちなみに、私は茶色担当だったので、塗った面積は一番かな。

s-P1040250.jpg

こんな感じに仕上がりました。幹の中には、病院のロゴが入ってます。

s-P1040299.jpg

3か所ある公園への入り口は、子ども達がペイントした石をはめました。公園を作っている時にも、数人の子ども達や、ナース、お医者さんも来て、ペイントしてました。ちなみに私は、友人のイメージの言葉「愛 Makes Us Stronger」と書いてきました。アメリカ人には、漢字がCoolに見えるみたいで、やたらとウケました。

経験豊富な生徒が、レンガや石を切りつつ並べたんだけど、きれいな仕上がりでした。私も、感心してないで、ちゃんと作れるようにならなきゃ。

s-P1040291.jpg

こちらがアフター。植物がまだちっちゃいから、ビフォア―との差が分かりにくいかな。入院中の子どもが、窓から見ても楽しめるデザインなので、上から見た写真があるといいんだけど。

s-P1040294.jpg

金曜日は、記念撮影の後、このプロジェクトの発案者でここの病院で癌の治療をした大学の卒業生と、子どもたちによるテープカットで無事に完成。「この公園は、今癌と戦っている子どもたちの大きな希望そのもの」という病院長の言葉が印象に残りました。

植栽した植物が無事に育って、一人でも多くの子どもの希望となりますように。


途中、学生ちゃんの大ざっぱさにイラっとしたこともあったけど、毎晩特大バーベキューでかなり過食気味だったけど、良い一週間でした。

それにしても、一日の初めに、今日の仕事のゴールだけ説明受けて、仕事の分担とか、やり方とか細かいことは生徒任せでも、ちゃんと役割分担ができて、それなりに仕事が進んでいったのにはびっくり。生徒にそれだけ仕事を任せる先生が凄い。


メンフィスは暖かく、桜?が咲いてました。

s-P1040201.jpg

まだ春なのに、すっかり日焼けしてしまった・・・。




ブログ村ランキングに参加中。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2011.03.31 | | コメント(2) | トラックバック(0) | ランドスケープデザイン



Americans never grow up?

今週から、半期だけのクラスが2つ始まりました。ランドスケープビジネスとコンストラクションクラス。特に、コンストラクションクラスは、庭の花壇の作り方や、小道の作り方などを勉強&実践できるので楽しみなクラス。

まずは最初の授業ということで自己紹介があったんだけど、その時にクラスメートがよく使うのが、“When I grow up I want to be ..... ”。これ、将来(夢)は…になることです。という意味だけど、学部生が使うならまだしも、私みたいな三十路半ば(超えたけど)でも使っていいの?なんとなくでも年齢制限あるの?と不思議だったので、先生に聞いてみたら

“Americans never grow up!"って、隣のクラスメート(シェフをリタイアして、趣味でランドスケープを勉強しているおじ様)が誇らしげに言って、クラスが爆笑。

妙に説得力のあるコメントで納得しました。アメリカ人のこういうところ、結構好きだな。もういい年だからといって、年齢を理由に何かを諦めることがないというか。

結局“When I grow up I want to be ..... ”は、一般的な言い回しで、年齢制限もなく使っていいとのこと。自信を持って使ってみたけど、やっぱり違和感があったかな。言い回しそのものより、まだまだ道のりが遠くて、先が見えないからかも。


昨日は、ボランティアの資金集めのため、学校のラウンジで早押しクイズをしてました。ホストとDJがいて、クラブか?というノリで盛り上がってました。クイズの内容は、最近の歌やスポーツの話題から、ドラッグやたばこの弊害など。ほんと遊びを使うのが上手い。ここでも、Never grow up精神を見せられた感じ。

s-P1040168.jpg



When I grow up, I want to be a landscape gardening designer! Someday...

ランキング参加中です。応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2011.03.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | コミカレ紹介



Pop Up!

この週末は、またしても軽く雪が降って寒かったけど、その雪が融けた下から緑色の小さな芽がのぞいているのを発見して、いっきにテンション上がりました。おお、春はもう目の前。

昨年の秋にDrivewayの横に埋めておいた、チューリップ、クロッカス、ムスカリ、スイセン達が芽を出した様子。これは水仙かな?

s-sP1040157.jpg



頑張って、雑草やらツルがはびこっている所を開拓したかいがありました。しかも、球根を埋めた1週間後ぐらいに、その下でモグラが縦横無尽トンネルを掘っていたから、どうなるかと心配してたんだよね。

モグラは球根は食べないらしいけど、イモムシと間違えることはあるみたい。それに、踏まれて土深くにおいやられたり。花壇のはじっこのは大丈夫そうだけど、真ん中に埋めたムスカリはまだ芽が出てないから、どうなってることやら・・・。

あとは性悪リス軍団が掘り起こさないかも心配だし。もう毎朝、無事でいるか確認してから学校に行ってます。

去年蒔いた花の種は、ことごとく枯れちゃったけど・・・我が家の日陰と水はけの悪さを甘く見てました・・・さすがに春の球根なら咲いてくれるはず。


夏には、写真のような小道を作ろうかなと画策中。石の代わりに、家にある古いレンガを使っても良い雰囲気になりそうと思って。レンガをひく前の、雑草やら、ツルやら、傍若無人にふるまう下草との格闘を思うと、ちょっと気が重いけど。

s-sP1040164.jpg




もう春??
ランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2011.03.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 我が家の庭先(イリノイ)



花・花・花

今日は、花のクラスの中間テストが終わって、ほっと一息。

このクラスでは、毎回10~15種類の花について勉強していて、今までに、球根の花 18種類、一年草 48種類、合計56種類の花を習ったところ。

各花について、一般名と学名、色、大きさ、それから、日陰が好きとか、乾燥に強いとか、匂いが良いとかを覚えなきゃならないから、結構大変なクラス。話を聞いてる時は、楽しいんだけど、覚えるのがね。フラッシュカードを作って、マメに覚えてます。

クラスメートのごっつい男の子も、フラッシュカードを作って必死に花の名前を覚えてて、なんか可愛くて笑ってしまった。これ英語かよ~、読めないよ~とブツブツ言ってるし。

今回どうしても覚えられなかったのが、Strobilanthes dyerianus(Persian Shield or Mexican Petunia)。花よりもラメがかった紫色の葉っぱを観賞する植物。見た目は分かりやすいんだけど、名前と結びつかないし、うまい語呂も思いつかず大苦戦です。

せっかく色々習っているし、我が家の日陰の庭でも育ちそうなのをピックアップして、今年こそは、花のあるガーデンにしたいな~と野望だけは膨らむんだな。



これは、本業のランドスケープデザインの課題。
このクラスは、デザイン用の木の描き方とか基本的なルールと、色の塗り方を勉強中。でもデザインそのものについては、カバーしてないから、ちょっと物足りないのよね。後半は、コンストラクションが中心だから、実用的なことを学べるかなと、ちょっと期待。肉体労働です。

s-sP1040139.jpg





ランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村


テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2011.03.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 園芸学



Very Ambitious

ここ中西部の天気は上がったり下がったり。今日は暖かく、クラスメートはすでに夏の装いの子もちらほらと。ほんと季節感がないのは相変わらずです。

写真はDrawingIの課題で描いた絵。先生のコメントはVery Ambitious. 私の実力では難しい物をちょっと無理して描いているのがバレてました。。。せっかく描くんだから上手くなりたくて難しそうなのを選んだら、想像以上に難しかったというか、実力不足というか。ほんとは、右はじには、袋に入ったミニキャロットを置いていたんだけど、さすがに時間と気力がなくなりレモンに変更したし。

ssP1040130.jpg

この絵は、立体の円形を紙面上にきれいな楕円として再現することと、局面をとらえることの練習だったんだけど、いろいろと微妙(はっきり?)に歪んでる・・・。ミキサーの土台部分とか、まな板とか、右上のボトルとか。こうして改めて見てると、ゆがんでるのが気になってきた。あ~あ~。

果物とか有機物は、形に個性があるから、描いた絵が実物と多少違ってもごまかせるけど、ボトルとかコップなどの無機物は、定まった形があるから、少しでもずれてるラインで描きだすと、歪んで見えてごまかせないみたい。

それにしても、なんで見えるままに描けないのか不思議。なんで見えてるのに描けないんだろう??目と脳と手が、バラバラに勝手に情報を処理してしまって、インプットされた視覚情報が手を動かす頃には、違う情報になっているに違いない。とぶつぶつ言ったところで、絵はちっとも上手くなってはくれませんが。


こちらは、授業中に描いたもの。今まで輪郭だけだったけど、影をつけて立体的に描く練習中です。コツは、目を細めて目を凝らすんだけど、バックの暗さとかイマイチつかみきれない。正直、見えてこなくて分からなかったから適当に描いちゃったけど、画面で見ると、もう少しバック全体を暗くしてもよかったかな。この調子だと、目を凝らし過ぎで眉間にシワが固定されないか心配、心配。

ssP1040127.jpg



ほんと、なんで見たままを描けないのか不思議でしょうがない。絵を描く能力って、音感とか方向感覚とかと同じ部類の能力?とは言うものの“ド”の音聞いても、その音がドなのかミなのか、まったく見当もつかない私の超絶望的な音感よりは、絵を描く能力の方がよっぽどましだな~と思っているので、ここはambitiousに頑張るとします。




ランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

テーマ:お絵描き・ラクガキ - ジャンル:趣味・実用

2011.03.01 | | コメント(2) | トラックバック(0) | Art系(Webデザイン,スケッチ, 陶芸)



«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。