スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



アイオワの乳製品 Anderson Erickson

アイオワ州に来てから、いろいろと観光地やら名産物を調べていたら、トウモロコシ、枝豆、アルファルファ以外の農作物や製品も作られていることが判明。少ないながらもワインやビールなどのお酒もつくっているし。せっかくなので、なるべく地産地消をしようと思った次第。

ちなみに、我が家の行きつけのスーパーはデモインに本社があるHy-Veeとデモインの地元スーパーDahl'sの二つ。どちらも、アイオワ製品を扱っているようす。

Dahl'sで買ったのは、デモインにある1930年創業の乳製品会社Anderson Ericsonの低脂肪のプレーンヨーグルト。

甘味がなくて、まさにプレーン。とろっとしたヨーグルトでフルーツとも合わせやすい味。値段も大きいサイズで$1.99とお買い得なのもうれしい。

この会社の製品は、学校給食にも出るようで、デモインっ子には懐かしい製品?なのかも。ギリシャヨーグルトもあるので、今度試してみよう。

スポンサーサイト

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.08.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Made in IOWA



2012年 秋セメスター

先週の木曜日から、転校先のコミュニティーカレッジが始まった。今日で、1週間経過。

相変わらず、書類手続きの不手際(元の大学と今の大学の両方ともで!!)のおかげで、いまだにどの単位が移行できたのかわからない状況。ある程度のトラブル予想はしていたけれど、こうもグダグダされるとは予想外だった。しょうがないので、希望的観測のもと秋セメスターの授業を決めた。日本語名は適当につけているので、あしからず。

2012年 秋セメスター
・園芸用 土壌科学(Soil Science for Horticulture)
・土壌肥料学?(Soil Fertility for Horticulture)
・グリーンハウス テクニック(Greenhouse Production Techniques)
・ランドスケープデザイン 基礎 (Landscape Drafting)
・農薬散布者 資格対策(Pesticide Application Certificate)
・人間関係論(Human Relations in Business)
・キャリアディベロップメント(Career Development)

7クラスもというかんじだけれども、週に2時間しか授業がないクラスがあるので、スケジュール的にはそれほどつまっているわけではなく、ちょうどよいぐらい。毎日2時半には終わるから、生活に余裕ができるし。

土壌学は、前の学校で全く取っておらず今回初めて。かなり、がっつり勉強させられるクラス。グリーンハウスは、クリスマスに向けてポインセチアを一人60鉢ぐらい育て中。途中で枯らさないようにしなければ。ランドスケープデザインは、前の学校でも取ったけれども、なんとなく不十分な気がしていたので、再度受講。受講した印象では、役に立ちそうな感じ。

ほかには、一般教養科目の人間関係論は、良い人生を送るため、もとい人生で成功するための人間関係論のクラス。他人との関係はもちろん、自分自身のマネージメントや自己評価についても学ぶ。日本では、個人の修行や鍛練に任せているような、大人になってからの人間形成についても大学で授業があるということに驚く。

もうひとつの一般教養科目のキャリアディベロップメントは、就職活動講座のようなもの。自分がやりたい仕事をみつけることから、履歴書の書き方、面接の仕方など。大学3年、4年生でいっぺんに就職活動を始める日本とは違い、アメリカでは大学1年生からすでにインターンシップやパートなどで就職活動を行っていたり、失業後に学校にもどりつつ求職中の学生も多いから、こういうクラスが必須となるのもうなずける。だけど、いちいち好きだったことや苦手なことなどのワークブックをさせられるのが、少しめんどくさくもあるんだな。

学校全体の印象としては、前の大学のように手取り足取り教えてくれる感じはなく、多分に学生の自主性に任せてある気がする。大学の規模が大きいからなのかも。授業の内容は、前の大学よりも専門的なことが多く、気が抜けない。たぶん、4年制大学の授業の雰囲気に近いのかも。

大学の施設としては、図書館は雑誌の種類も少なく、スペースも狭いからイマイチ。食堂は・・・・。できるだけ使わないようにお弁当を持って行っている。いいのは、大学のジムが食堂の近くにあり、入りやすい。しかも、スタジオの時間があり、授業の合間に行けるのはうれしい。しかも無料。さっそく、キックボクシングとズンバを受けてみた。1クラス30分でちょっと短いかな?と思っていたら、キックボクシングは始まって10分で汗だくになり、ヘロヘロ。30分で充分だった。ズンバの方は、ステップについていけず消化不良。ヨガのクラスもあるし、週に1、2時間は運動するようにしようと思う。このセメスターで、30分のキックボクシングが余裕でできる体力をつける!という目標のもとがんばろっと。


テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.08.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ランドスケープ園芸学科コース内容



シカゴ植物園&どうぶつ園(Lincoln Park Conservatory)

先週末、所用でシカゴ近郊に行ったので、ついでに前から行ってみたかったLincoln Park Conservatoryに行ってきた。

公園のまわりは、閑静な住宅街があり、近くにはオシャレなショップが立ち並ぶ、散策したら面白そうな街だった。こじんまりとした雰囲気のよさげなレストランもあったし。

1890年から1895年にかけて建てられた植物園。著名な建築家がデザインしただけあって、存在感のある建物。
sP1080227.jpg


グリーンハウスの中は、思ったほど広くはなかったけれど、手入れの行き届いた熱帯植物に囲まれると気持ちいい。
sP1080187.jpg


入口の壁に掛けてある植物。フェルトのような生地でできたプランターが使われていた。家の中にこんな壁があったら、枯らしてしまうか・・・・。
sP1080199.jpg


グリーンハウスの前には、公園があり一年草を中心にした花壇が楽しめた。
sP1080207.jpg


時間があったので、隣接しているどうぶつ園にも行ってみた。正直、夫君も私も動物園はあまり好きではないのだけれども。虎が8の字を描くようにグルグル歩いてたりすると、あ~ストレス溜まってそうとか思ってしまう。
sP1080216.jpg

シロクマは、プールの中でおもちゃ?の骨を上に投げて遊んでいたので、お気楽な動物もいるんだろうけど。

白鳥やフラミンゴのいる池の周りは、水辺の植物がうまく植えられていた。我が家の裏庭にある池もこんな雰囲気になるといんだけれども。我が家は雑草が生い茂っていて、どこから手をつけていいのやら。
sP1080222.jpg


グリーンハウスも動物園も入園料が無料というのには驚いた。公園の前のせまいスペースに駐車したので駐車場も無料だったし。このあたりに住んでいたら、公園もおしゃれな街も近いし、ダウンタウンからもそう遠くなく、タウンライフを楽しめそう。

このあとは、友達と合流して念願のシカゴカルビへ。サシの入ったお肉を見るだけで、ありがたいと思ってしまう。もちろん見るだけでなく、しっかり頂きましたが。翌日は、ミツワで大量に食材を買い込み、アイオワへ5時間ちょっとのドライブ。5,6時間のドライブにすっかり慣れてしまった。今度はいつミツワに行けるのやら。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.08.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | シカゴ,IL



コミュニティーカレッジの授業料比較(イリノイとアイオワ) 追記あり

今回の引越しのおかげで、アメリカで4つ目の大学に通うことになった。学費も住民割引もそれぞれなので、比較してみた。ちなみに2012年 秋セメスター 健康保険なしの学費で比較。


4年制大学の付属ESL
University of Illinois IEI
イリノイ大学のESL。ただし、このESLは大学正規の授業ではなく、大学の付属施設での授業という位置づけ。学費は、フルタイムの学生の場合。
Program Fee - $4125
University Required Fee - $826 (施設利用料のようなもの。大学の図書館、ジム、保健室が使える。バスも無料)
Total - $4951

授業時間 20時間/週

コミュニティーカレッジ

Black Hawk College

学費/Credit Hour
In-district ― $95
Illinois out-of-district ― $204
Iowa contiguous counties ― $129
All other out-of-state and international students ― $204 (←留学生はこの金額)

フルタイムの学生では12Credits必要なので、留学生の場合の学費は$2448。プラス諸経費の$12.5なので、合計は$2460.5。

ただし、ESLだけに通う場合は、3 ESL courses (12 credits + 3 online credits) で $3,022.50になる。
*ここのESLは、オンラインクラスと実際のクラスの合体型。課題がびっしり出るので、University of IllinoisのIEIよりもきつかった。ここのESLでは、小額ながら奨学金がもらえたので、申請して損はない。

Black Hawk Collegeは、イリノイ州とアイオワ州の州境の街のイリノイ側に位置しているため、隣接するアイオワ州の街でも割引がある。

通常、留学生は税金を払っていないため、どこに住んでいようが学費は変わらない。ただし、配偶者がフルタイムで働いている場合は、住民割引になる場合が多い。これも州によって違うので要確認。

Parkland College

学費/Credit Hour
In Parkland College District 505 - $112
Illinois residents - $260.5
Out-of-state/international - $443.5(←留学生はこの金額)

基本的に留学生は、$443.5/Creditの学費になる。そのため、12Creditsを受講すると、$5316とかなり割高。ただし、配偶者がUniversity of Illinoisの学生の場合や、この地域でフルタイムで働いている場合は、Districtの学費 $112/Credit Hourが適用される。

留学生には大学が学費をサポートする奨学金がある。エッセイと面接審査に受かれば、学費が割引になるが、1年間、インターナショナルの事務でのボランティアが必要。


Des Moines Area Community College

学費/Credit Hour
Resident - $133.00
Nonresident - $266.00(←留学生はこの金額)

ここでは、Resident(地域住民)に認められるためには、授業開始の3か月前よりこの地域に移住していないといけない。ただし、Des Moines との姉妹都市出身者は、Residentの学費が適用になるの。ちなみに、日本だと甲府市。

その他、フルタイムの学生として1セメスター終了すると、次のセメスターで大学近郊の4年制大学で1クラス無料で受けられるというプログラムがある。私はこれを使って、Iowa State Universityで授業を受けようともくろんでいる。

追記:DMACCでは、入学時にデポジットとして$4000を支払う。これは、最後のセメスターで授業料として使うこともできるし、卒業時に全額返金してもらうこともできる。万が一授業料の支払いが遅れ、フルタイムの学生資格を失うことがないようにとのこと。

留学生でも応募できる奨学金が用意されている。応募するには、エッセイが必要。経済状況と成績のほかに、特にDMACCで学んだことを貧困国のサポートにどのように役立てることができるのかということが選考の際に重視される。何らかのボランティア実績があると奨学金をとりやすい。

またParkland Collegeでは、F1ビザの学生でも配偶者が働いていればResidentの資格がもらえたのと違い、アイオワ州のコミュニティーカレッジでは、F1ビザということで問答無用でNon-Residentとなる。大学に掛け合えば、変わるかもしれないけれど、、、、。州が変われば法律が変わるとは、まさにこのこと。

ただDMACCは学内に寮があり、留学生も数人暮らしているので、寮にはいることができたら生活費は少し助かるかも。寮に入っている友達に聞いたところ、寮というより、大学内にあるアパートで食事はなし。一人部屋、キッチン、リビング共有で$630/月とのこと。他に、2人部屋もあるらしい。もう一人の留学生は、学校から歩いて通学できる範囲の1ベッドルームのアパートで$830/月。ここは、新しくリビングルームもきれいで居心地がよいそう




Parkland Collegeのように、留学生の授業料が地域住民の授業料の4倍もする学校から、Des Moines Area Community Collegeのように、2倍程度の大学まで料金設定はさまざま。私がいま節約留学するなら、希望の4年生大学のある州内のコミュニティーカレッジか、その隣の州のコミュニティーカレッジで学費の安い大学を選んで、ESLと一般教養科目をとりあえず終わらせてから、希望の大学に進学するかな。


それにしても、若干18歳前後でいろいろな選択をして留学してきている学生には感心する。今の大学では、まだ日本人学生には会っていないけれども。がんばろ!

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2012.08.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | コミカレ入学&転校手続き



パティオ その7 ぎりぎりで完成!!

パティオ その6の続き

引越しぎりぎりというか、引越し当日にようやく完成したパティオ。どうなることかと思ったけれど、なんとか形になってほっとした。

敷石の乱貼りは初めてだったから、予想以上に時間がかかってしまった。最初の仮置きの途中。
sP1080133.jpg

買った石で足りるかどうかもわからなかったから、とにかく平行も気にせずどんどん置いて行った。ほとんど石を切らなかったので、できあがったら隙間が多くて、なんだかかっこ悪い。

このままでいっか・・・という甘~いささやきに、いやいやせっかくここまで造ったんだから、もうひとがんばりした方が後悔しないってと思い直し、借り置きのやりなおし。2回目は、借りていたギロチンで石をカットしつつ、ハンマーで石の角をたたき落としながらの作業。なんだかんだで仮置きだけで1週間かかってしまった。

さらに3日かけて、砂を入れて石の高さを整え、最後の微調整。石の高さもバラバラだし、ちまちまカットしないといけないし、レンガを敷くのより数倍手間がかかる。

最後は、ポリマー入りの砂を入れて終了!!のはずだったんだけど、予想通りレンガが白くなってしまった。お酢を2倍ぐらいにうすめてデッキブラシでごしごしこすったら、そこそこ白いのが取れたからこれで終了。手前は、固まる砂を入れた後の白い状態、奥のほうはお酢でこすって、かなりましになったレンガ。
sP1080136.jpg


明日の朝、手前のレンガもお酢でこすって完成!って、引越しの当日なんですが・・・。完成したのに、ぜんぜん楽しめなかった(大泣)

ウッドパティオの方から見たところ。
sP1080146.jpg

ちなみに、ビフォアーはこんな感じ。このレンガをはずして円状に並び替えて、赤の囲いの中に敷石を敷いただけと書くのは簡単なんだけど、いやはやひと夏つかってしまった。
s-sP1070543.jpg

しばらく、肉体労働やりたくない!

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2012.08.24 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 我が家の庭先(イリノイ)



«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。