スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



A Place Called Freedom(洋書2)

今日は、昨晩から今朝にかけての雪嵐のおかげで、大学は休校。家でたまっていた復讐をしたり、本を読んだりしてのんびりしている。ちょっと得した気分。


今年2冊目の洋書は、またまたKen Follettの作品でA Place Called Freedom。借りようと思っていた本がなかったので、代わりに借りてきたもの。

題名から、アメリカの話かなと思ったら、スコットランドの炭鉱夫が自由を求めてロンドン、さらにアメリカのバージニアへ渡って、最終的に開拓する土地にたどり着くまでの話。アメリカがまだ独立しておらず、イギリスの犯罪者がアメリカへ奴隷として送られている時代。そんな時代もあったんだよな~と、あらためて思い出した。

前回よんだ作品にくらべて登場人物一人一人のキャラクターがはっきりしていて、面白く読めた。主人公も魅力的だし、悪役は本当に嫌なヤツだし。そういえば、嫌な登場人物が結構多かったかも。話の展開も、山あり谷ありで最後まで読みやすかった。特に最後の逃避行は、アメリカの地理を思い出しながらよんでいて、途中でハラハラ。いったん読むのをやめてしまった。

読後もすっきりしていて、読み応え十分で大満足。


次は、Ken Follettはお休みして、スティーブン・キングを読む予定。

Place Called FreedomPlace Called Freedom
(1996/06/30)
Ken Follett

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

2013.01.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Books



Breckenridge (コロラドスキー その2)

昨日のオーストラリアオープン、男子準決勝 フェデラーVSマーリーの試合。マーリーがパワーアップしているのと、フェデラーのテニスが甘くなっているのか、5セット目はマーリーがあっさりとって勝利。フェデラーが勝てなくなってきているのを見るとちょっとさみしい。


さて、先週の連休に行ったコロラドスキー。場所は、Breckenridge Ski Resort。デンバー空港から車で2時間弱。

スキー場は4つの山が連なっていて、かなり広い。リフトで上がった場所の標高がなんと約3500m。空気が薄い。さらに上にあがれば、富士山よりも高い場所にも行けるのだけど、この日はリフトが閉まっていて登れず。中級から上級者向けのスロープが多く、初心者向けのスロープは少なかった。初心者向けと書いてあっても、日本だと中級者向けのスロープになりそうな感じ。ちなみに、リフト代1日$120!めちゃ高!!リフトは4時で終了、ナイターはなし。まあ、ナイターがあれば遭難者が出そうだから4時で閉まるのは仕方ないか。

sP1080455.jpg


山頂からの眺めは、最高!正面に見える山の尾根をぼーとみてるだけで、気持ちが落ち着く。普段、コーン畑のど真ん中のまっ平らな所で生活しているから、山のある風景をしっかり見てきた。大パノラマ気持ち良かった~。

sP1080451.jpg


雪は、12月28日に降った後は、ほとんど降っておらずかなり圧縮されていて固め。ところどころ土も見えていたし、今年は雪が少ないとのこと。天気は2日とも快晴で気持ち良かったものの、2日目は山頂付近の風が強く、アイスバーンになっていた。パウダースノーを期待していたから、ちょっと残念。

sP1080461.jpg


さすがコロラド。超初心者のスキーヤーもボーダーもほとんどおらず。みんな、結構なスピードでガンガン降りてくる。1年ぶりのボードの私は、かなりビビり気味。2日目にしてようやく乗れてきた感じ。やっぱり年に1回しかいかないからか、歳だからか、感覚が戻るまでに時間がかかってショック。2日目のお昼には、体力も切れてくるし。来年はスキーにしようかなと考えている。

リフトが長いから、1、2回降りてくるたびに小休憩。やっぱり歳ね。

sP1080467.jpg


ちなみに、止まったのは麓のMouontain Thunder Lodge.2ベッド、キッチン付の部屋。ゴンドラ乗り場まで歩いて5分、街までも歩いて行ける距離だったので、過ごしやすかった。街は、観光地化してるので、それほど興味なく。


初日の夜はピザ、次の日はTwistというお店で食事。Twistは、すこしお洒落なアメリカン。サーモンパテが美味しかった。ほかは、まあ無難といった感じ。


3泊4日のコロラドスキー&スノボツアー。盛りだくさんで大満足。みんなで、毎年来ようと言っているけれど、来年はどうなるかな。




テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2013.01.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Ski&Snowboard



デンバー周辺観光(コロラドスキー その1)

連休を利用して、コロラドへスキー&スノボに行ってきた。4シーズン目にして、アメリカに来てからのひそかな夢、コロラドでスノボをするがついに実現した。

土曜日のお昼にデンバー空港で友人2人と合流して、その日はデンバー周辺を観光。最初に行ったのは、ロッキーマウンテンナショナルパーク。デンバー空港から車で1時間半ぐらい。

さすがに公園内は通行止め。駐車場に数台の車が止めてあり、冬山登山の装備をした人が山から下りてきたので聞いてみたところ、歩いて45分ぐらいのところに滝があり、冬の間は、その滝が凍るのでそれを見にきたと。さすがに、皮靴やらジーンズでこの雪道を歩くのは危険すぎるので、滝はあきらめたものの少し散策することに。
sP1080413.jpg


途中の小川が完全に凍っていたので、その上をしばらく歩いてみた。氷の厚さは10センチ強。ところどころ、氷が薄くなっている個所があり、氷の下を流れる小川の音が聞こえた。小川のど真ん中に立って写真撮影。
sP1080417.jpg

sP1080420.jpg

凍えてきたのでそそくさと退散して、しばしドライブ。山の東側入口にでたところ、スタンレーホテルが見えてきた。友人の一人が、このホテルものすごく有名なホテルだよと教えてくれた。後でしらべたら、天皇陛下も宿泊されたことがある由緒正しきホテルだった。さらに、このホテルの滞在中にスティーブン・キングがShiningを執筆したとか、ジム・キャリーの映画Dumb and Dumberの撮影場所でもあるのだとか。そのほか、幽霊が出るということでも有名らしい。せっかくだったから、ロビーぐらい見てくればよかったかな。
sP1080429.jpg


この後は、山を下りてボルダーという街に行き夕食の時間までダウンタウンをぷらぷらと歩いた。かわいい小さなお店が並んでいておしゃれ。建物のデザインも変わっているし、居心地の良い町並みだった。ヨーロッパのお土産やさんに入ってみたら、かわいい雑貨がいっぱい。日本の女の子、こういうの好きだろうな~と思うようなものがたくさんあって、久し振りに雑貨屋さんでテンションがあがった。一緒にいたイタリア人男子も、この店すごいいいわと感動していたぐらい。

sP1080443.jpg


いい時間になったのでボルダーにある居酒屋 有無(AMU)にて夕食。

お店は、日本の居酒屋のようにこじんまりとしてよい雰囲気。掘りごたつの座敷に通してもらい、居酒屋メニューを堪能。一緒に行ったイタリア人、中国人の友人も、もっと食べたいのに何で日本食は一皿の盛りが少ないんだ~と言いながらモリモリ食べていた。大人4人がお腹いっぱい食べて、ビール、冷酒、熱燗を飲んで合計$220。夫君も私も大満足。ちなみに有無の隣はお寿司やさん。あーあ家の近所に居酒屋がほしい。


ほろ酔い加減の男性陣を車に乗せ、約1時間半ほど山道を運転していよいよスキー場へ。



テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2013.01.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Ski&Snowboard



Eye of the needle (洋書1)

オーストラリアオープン、日本の選手が頑張っているから見ていて楽しい。昨日のクルム伊達選手の試合、昔と変わらず速いテンポで切り返すフォアストレートは健在。私も真似してよく練習していたけれど、あのタイミングでボールが打てるのは、やはり天性の感覚なのだろうと思う。


さて、年末に読んだWinter of the Worldが面白かったので、同じ作者Ken FolletのEye of the needleを図書館で借りた。

第二次世界大戦のイギリスが舞台のスパイもの。翻訳本の評判もよかったから期待していたのだけど、Winter of the Worldと比べたら、少し物足りない感じがした。途中から、何となく先の読める設定だったり、盛り上がるはずのシーンがちょっと強引な気がして、イマイチ乗り切れなかった。

乗り切れなかった原因は、登場人物のだれにも感情移入できなかったのが一番のような気がする。スパイの魅力が伝わってこなかったというか。ひょっとしたら私の英語力または想像力が足らないせいかも。う~む。


今年はいいペースで本が読めている。この調子で2013年は12冊の洋書を読むことを目標にしよう。

EYE OF THE NEEDLEEYE OF THE NEEDLE
(2000/08/01)
Ken Follett

商品詳細を見る

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

2013.01.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Books



GRE Verbal対策 単語を覚える

GRE教材でも紹介したFLASH CARDの使い方

といっても、たいしたことはないですが。最初に500枚のカード全てに目を通し、意味が分かる単語カードをわける。

そのあとは、Aから順番に50毎ぐらいのカードをとり、付属のリングに通す。最初に一枚、一枚のカードの裏面のDefinitionなどを読み、意味が分からないものはさらにMarrian-Webster's Leaner's Dictionaryで意味を確認して追記する。難しい発音の単語もこのときに確認。カードの裏側は、記憶のカギとなるフレーズなどをマーカーで目立つようにしておく。

50枚分の単語を確認したら、あとはひまがあればFlash Cardをめくる。その時、だいたい覚えた単語カードは、どんどん除いて、覚えた単語だけをまとめておく。手持ちのカードが40枚ぐらいになったら、新しい単語を10枚追加して意味を確認していく。この繰り返し・・・・。

この方法でよいのは、無理に覚えようとしなくても、なんどもFLASH CARDをめくっていると、だんだん覚えてくるところ。覚えた単語カードは、シャッフルして高速でめくって復讐することで記憶を定着させるので、忘れにくい。


これプラス、TIMEなどの難しめの記事を毎日読む。


こんな感じでやってます。


500 Essential Words: GRE Vocabulary Flash Cards500 Essential Words: GRE Vocabulary Flash Cards
(2012/07/03)
Manhattan Prep

商品詳細を見る

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

2013.01.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | GRE



«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。