スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



家のシェードガーデン(木陰の広場)の紹介

家の庭は、程度の差はあれどこも日陰。立派なシェードガーデンです。

今年の夏に、トマト、菊菜、水菜、大根など植えてみましたが、
ことごとく育ちませんでした・・・・

しかたないので家庭菜園はあきらめ、こじゃれたナチュラルガーデンにしようと日々妄想中です。
現状は、かなり荒れ放題でこぎれいな庭とは程遠い・・・。
これが、3年後ぐらいには、立派なナチュラルガーデンになっているはず。

家の木陰の庭をちょっと紹介します。

★北向きのエントランス

ここは、ラミウムの勢力が強く、他の植物を駆逐してます。
これをどうにかしないと、安心して他の植物が植えられない・・・。

sP1030040.jpg


★西向きのホスタの庭

4,5種類のホスタが大小20株ぐらい、クリスマスローズ、スズラン、フキ、下草にアジュガが育ってます。家の庭の中では、一番まともに整っているところかも。もうちょっと、面白みが欲しいところです。

  家のホスタの写真はこちら >> 頑張る日本のキボウシ

なぜか、奥の木の根元にはファッツヘデラが横にも上にも行けない感じで広がっているので、
これはレンガで囲まれた旧井戸の周りに移動しようと思います。

sP1030043.jpg



★西向きの木陰の庭

ホスタの庭とは木で仕切られた、完璧な木陰です。ここは、引っ越してきた当時は、低木やら枯れ木や蔦があって原生林化してました。細い木をかなり切って、下草を刈ったらすっきりしました。

とにかく水はけが悪く雨の季節は地面がぐじょぐじょで蚊の温床になり、雨が降らない今の季節は、乾燥がはげしくガチガチになってひび割れしている状況で、なんとも厳しい環境です。まずは土地質改善かな。

しかも、ポイズンイービーまでいるので結構危険。まったくやっかいな場所です。

  ポイズンイービーの日記はこちら >> アメリカの危険な植物

sP1030050.jpg


その他に、家の周りに半日陰から日陰の小さい花壇が5か所あるので、
これも、どうにかしたいところ。

とりあえず現実逃避もかねて、「ポールスミザーの日陰でよかった」を見ながら、夢を膨らませてます。この本、日本の木陰の庭を対象にしてるのですが、我が家の庭の植物も多く紹介されていて、ここアメリカでのシェードガーデンづくりにも参考になります。

学校の勉強と合わせて、家の庭の手入れもしていこうかな。ぼちぼちですが。

日陰でよかった!日陰でよかった!
(2008/06/10)
ポール・スミザー/日乃詩歩子

商品詳細を見る



みんなのナチュラルガーデン >> ブログ村 ナチュラルガーデン

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2010.08.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 我が家の庭先(イリノイ)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。