スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



コミカレで学べることは驚くほど多様

引き続き、コミュニティーカレッジ(コミカレ)の紹介です。今回は、コミカレで学べる内容について。

コミカレで学べることは、想像以上に広範囲。大学によって差はあるかもしれませんが、以前にかよったBlack Hawk Collegeもだいたい同じぐらい多様だったので、このぐらいは普通なのかも。

基本的には、その地域の産業に関連した学部が多い様子。

例えばイリノイだど、農業がさかんなので、農業経営などの農業関連のコースが充実していたり、ワシントン州のようにワイン産業が盛んな州では、葡萄生産や醸造学などがあったり。ワイン好きの私としては、醸造学を一番勉強したかったんですけど。

私の通っているParkland Collegeを紹介すると、アカウント、ビジネスマネージメント、マーケティングなどビジネス関連から、コンピューターサイエンス、車修理、電気工事、コンクリートやレンガスペシャリスト?などの大工関連。デザイン、美術教育、グラフィックデザイン、写真、音楽、演劇などの各種アート関連。歯科技師、医療事務、看護婦、マッサージなどの医療関係、語学、心理学、数学、歴史などの一般教養。保育士、カウンセラーなど。その他、空軍むけの飛行機操縦や消防士の訓練なども。

キャリアコースは実学中心なので、実習が多いですが、その業界でのビジネスの仕方などもあります。例えば、私の園芸学科では、農業セールスマンシップという講座まで。

多すぎて、全部は書ききれないですが、コミュニティー運営に必要な実学中心です。日本だと弟子入りや専門学校、短大で学ぶことや、就職してから会社で学ぶことをまとめてコミカレが面倒をみているとでも言うのでしょうか。

コミカレは、就職訓練校でもあり、市民の生涯学習の場でもあり、キャリアチェンジの足がかりともなるところ。アメリカ社会には無くてはならない存在だと、つくづく思いました。

コミカレいいですよ~と言うものの、残念ながらコミカレのキャリアコースで取得した学位や資格は、日本ではあまり評価されないようなので、高校卒業したての留学生には、4年制大学への進学・編入を強くお薦めしたいと思います。

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2010.08.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | コミカレ紹介



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。