スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



弱気だったり焦ったり

今日は、午後からシカゴ近くのコミカレで、ランドスケープデザインの小さいワークショップに参加してきました。

内容は、前半がうちの学校の先生によるアイデアマップ(マインドマップ)の紹介とデザインへの応用、後半は、現役のデザイナーの先生によるデザインプロセスについてです。

今回の一番の収穫は、アメリカでプロのランドスケープガーデナー(デザイナー)になろうと改めて思えたこと。

「デザインの基本とプロセスを学んで練習すれば、誰でもデザインができるようになります。大学では、そのプロセスとどうやって考えるかを教えるので、あとはどれだけ練習するかです。」と、大学で30年も教えている方に言い切ってもらうと、私でも、今からでもできる気がしてきます。

ランドスケープデザインを職業として勉強し始めてから、デザイナーという仕事に対するイメージが大きくかわりました。デザイナーという職業は、クライアントあってのサービス業で、芸術的センスも大切ですが、どちらかというと職人のようなイメージになってきました。なにせ、デザインで初めに習うことが、顧客ニーズをすくうためのインタビューでしたし。

それまでは、デザイナーは選ばれし者の職業という印象が強く、勉強しても私がプロになれる??と、正直かなり不安というか弱気だったんですが、植物のこと、土地のことなどの知識(サイエンス)を基に、理論的にデザインしていく方法でなら、私的なデザインが出来るような気がしてきました。

出来る気がしてきたのと同時に、日ごろから街の庭、街路樹、公園などを見ることや、デザインのお手本をトレースするなど、学校の外で自分でやらないといけないことが山のように見えてきました。で、今はちょっと焦ってます。ふ~。

今日紹介されていた言葉。
"Life isn't find yourself, It's about creating yourself. " by Scot Ginsberg
なりたい自分は自分でつくるしかないんですよね。

プロのランドスケープデザイナー目指してがんばります。応援していただけると励みになります!!
にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2010.10.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ランドスケープデザイン



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。