スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



本物の英語を学ぶ

今日の英語(ESL101)の授業で、なるほどな~と思ったこと。

うちの担任の先生は、英語学で博士を取得した、英語学マニアの方。その先生曰く、留学生はこれからは"英語"を勉強しなさいねとのこと。

どういう意味かというと、一般的に留学生は、フォーマル、アカデミックな単語に偏って覚えているから、いわゆる生きた英語(ネイティブが日常的に使う英語)が分からないことが多い。で、このフォーマル、アカデミック英語に使われるのは、たいていLatinまたはフランス語由来の単語。一方で、カジュアル英語(Colloquial)に使われているのは、もともとの英語(4,5世紀ごろのOld English)由来の単語が多い。というわけで、先生が話していたのは、英語由来の単語やイディオムもTVとか見て勉強しましょうねということでした。

先生曰く、英語で、フォーマルとカジュアルな言葉を使い分けるには、その単語の由来によると良いとのこと。今まで感覚で、フォーマルな単語かな~、カジュアルな単語かな~と思っていたことだったので、すっきりした感じ。とはいっても、単語の由来を調べて覚えるかと言うと、はなはだ疑問なんだけど。

実際、私の場合、授業の前の雑談が分からなかったり、英語の先生以外の先生、特に若いネイティブの先生の英語が分かりにくいのも、きっとこのColloquial(カジュアル英語)を知らないからなんだろうな。ここは、初心に戻って冬休みはどっぷりフレンズをヘビーローテーションします。

その他、面白いと思った話題は、ある程度自然に第二言語を身につけることができるのは13歳までで、それ以降に米国に移住してきたら、ネイティブ並みになるのはかなり難しいとのこと。しかも、ティーンで米国に移住してきた学生は、母国語の発達がティーンで止まるから、意識的に母国語の勉強もしないといけないとのことでした。確かに、16歳前後で移住してきたクラスメートは、どっちも中途半端と嘆いてたし、自分の日本語も、大学、社会人になるにつれ、種類が広がったというか、多様になった感じはします。お気楽に、若くて英語を覚えるのも早いんだろうな~と羨んでましたが、そう単純なことでもないようです。

ちなみに、今日の授業は英語の歴史でした。前半は、英語とドイツ語、フランス語、スペイン語の比較で、アジア系学生は、蚊帳の外でつまらなかったのですが、後半のこの二つの話題は面白く、やっぱり英語は日々勉強と久しぶりに思った次第。



ランキング参加中です。本日も応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2010.11.30 | | コメント(2) | トラックバック(0) | コミカレ紹介



コメント

Re: もう、4回目です

フレンズは、日本にいた時にとりあえず最後まで日本語と英語でざ~っと見ちゃいました。勉強するより、次が気になったもので。今回は、かなり英語を確認しながら見直しているところです。

2010/12/13 (月) 01:18:45 | URL | Liecchi #- [ 編集 ]

もう、4回目です

How are you doin'?
フレンズ、4回目が終わるところです。今、SEASON IX。
フレンズは、勉強になりますよね。

2010/12/11 (土) 12:38:19 | URL | フレンズ好き #Y2kgqtPU [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。