スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



凹んだけど、ためになったよ

今日は、まじめにランドスケープデザインの話。

朝の9時から夕方4時まで、ランドスケープデザインのワークショップに参加して、どっぷりとその世界に漬かって、頭の中パンクしそうだけど、同時にものすごく刺激を受けてちょっと興奮気味。

プレゼンターは、うちの大学のランドスケープの先生Kaizadと、Joliet Junior CollegeのGreg Pierceall先生。この二人、とてもウマが合うらしく、「別々の母親から生まれた兄弟」と呼び合ってました。

Greg先生、子どものころから園芸大好きで、16歳ですでにグリーンハウスを作ったとか。ガーデン建築一筋35年、同時に教育者でもある、とっても魅力的な方です。

ワークショップは、デザイナーとしての基本的な心構えから始まって、デザインプロセスやちょっとしたコツ、デザイン実習とかなり充実した内容。もちろん、たくさんのBefore、Afterもあって、デザインで生まれ変わった家々にため息。いや、ため息ついてる場合じゃなく、それをデザインしたいんですが。

ガーデニングとデザインの違いってあんまり認識されてないけど、ガーデンデザインはどういう花をどこに植えるかということじゃなくて、その空間をハードも含めて作っていくこと。もっと全体を見ることとが仕事で、何の花を植えるかは最後と、その違いを強調されてました。

そうなんだよね。私もデザインの勉強を始めるまで、どういう花を植えるかばっかり考えてたし。やっとGreg先生が何を言わんとしてるか、分かって来たところ。

最後に全員のデザインについて、プロジェクターで映しながら一枚、一枚、サクサクと解説されたんだけど、私のデザインは、う~ん恥ずかしい出来・・・。なんというか、中途半端な感じでデザインしきってない!あと、既存のイメージにとらわれ過ぎで没個性的というか。自分でサイトのイメージが出来てないなと反省。

他の参加者の中には、オオ!これはお金もらえるデザインというのもあって、他人と比べてどうこうという問題じゃないけど、やっぱり凹む・・・。

でも、勝手な思い込みで思考に枠作ってるとか、ネガティブな特徴がデザインにはっきり出てて、自分の弱点が分かったから、よかったかな。あと、日本庭園と西洋のガーデンの違いと共通点みたいなのを自分なりに意識し始めたし。

理想は、はっきりとした日本風じゃなくて、なんとな~く日本っぽい??という雰囲気がただような感じのガーデンがデザイン出来ればいいなと。その前にまずは、基本的なことをもっと勉強しなきゃだわ。Greg先生曰く、“デザインは練習です”ということだし、あせらず暇な時には練習、練習、練習、練習。

あと、当然だけどコミュニケーションスキルアップも必須って・・・。デザイナーってサービス業ですから。これは難関・・・。



ランキング参加中です。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

テーマ:留学生活 - ジャンル:海外情報

2011.02.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ランドスケープデザイン



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。