スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



中庭パティオ作り2 (パティオ土台編)

前回の続きで、コンストラクションクラスでの中庭パティオ作製のまとめです。今回はパティオの土台完成まで。

まずはパティオを作る場所を掘り下げた後、砂利石を3㎝ぐらい入れます。ここでも活躍中のBobcat!
s-P1040543-patio3.jpg

全体にならした後にせっせと固めます。固めるのは手作業。もう一度砂利石を3㎝ぐらい入れて、せっせと固めます。その後、水平と傾きを調整しました。
s-P1040546-patio.jpg

砂利石を入れた後はこんな感じ。この日の作業はここまででした。
s-P1040553-patio.jpg


ここで、予定ではCA6(ライムストーンの粉)を使う予定でしたが、連日の雨でCA6が湿ってしまっていたので、急きょ砂に変更です。
s-P1040576-patio.jpg

ちょっと時間があったので、その砂がサンドキングになりました。
s-P1040580-patio.jpg

水平は、鉄製のパイプと木材を使いました。パイプを置く場所に砂を3㎝ぐらい敷いて、パイプの傾きと、2本のパイプの高さを調整します。この時は、建物から離れる方を少し低くしました。

s-P1040584-patio.jpg

2本のパイプを砂でしっかり固定して、その間に適当に砂をいれます。パイプの上に渡した木材を押しながら、砂をならしていきます。いったんざっと押したら、次は木材を砂にこすりつける感じで押していきます。この作業、見ていると簡単そうでも、やってみると、砂が重かったり、無理して押したら穴があいたりと大変。

手が届かなくなったら、反対側にまわって、こんどは引きながら砂をならしていきます。パイプのはじに来たら、パイプをスライドさせて、同じ作業を繰り返します。最後は、ゆっくりとパイプを引き上げ、パイプがあった場所に砂をそっといれて、ならします。砂の厚みが3㎝以上あると、落ち着きが悪いので、そういう場所は砂利石をいれてかさ上げしました。

パティオの中心の土台が完成。端の方も、パイプと木材をつかってならしました。デザインの関係上、今回は真ん中からブロックをあーでもない、こーでもないといいつつ、並べてます。
s-P1040586-patio.jpg

この土台作りと、最初の一列目のブロックをきっちり並べておくと、後の作業が格段に楽です。やっぱり基礎づくりが重要ですね、なんでも。


ランキング参加中です。
にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2011.05.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ランドスケープデザイン



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。