スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



見上げる高嶺の花

s-P1040818.jpg

我が家の玄関横に、Rhododendron (西洋シャクナゲ)が植わっている。ここは、家の北側であり、下の方は日当たりは最悪だけれども、屋根の高さより高い位置には、陽があたるので、どんどん上に枝を伸ばして、上の方でばかりで花をさかせている。その様子は、私は高嶺の花なんだからと言わんばかり。

日本のシャクナゲは育てるのが難しいイメージだけど、アメリカではRhododendoronは、もっと身近に植えられていて、むしろ付き合いやすい花木の一つ。我が家でも、日陰で、しかも下草にイングリッシュアイビーにラミウムがはびこっているようなところでも、それなりにちゃんと生きている。

我が家のシャクナゲは、家の壁と小道の間の細長いスペースに植えられているから、板のように薄っぺらく上に伸びている。それはそれで面白いのだけど、なんとなく窮屈な感じだから、花がおわったら、挿し木で別の場所に移そうかなと考えている。シャクナゲとしては今の場所でも満足そうだから、いじらないでそっとしておいてよと思っているんだろうけれど。


ランキング参加中。応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

2011.05.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 我が家の庭先(イリノイ)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。