スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



マリリン・モンローよ永遠に(シカゴの巨大マリリン)

s-P1050081.jpg

シカゴのPioneer Courtに、公共アートでお目見えした、高さ約8メートルのマリリン・モンローの像。2012年の春まで展示される予定。

s-P1050095.jpg


このアートを楽しんでいる人が多いけど、特にシカゴっ子は賛否両論。だいたい、マリリンはシカゴに関係ないし、もっとシカゴらしい人がいる。という、もっともな意見から、性差別だとか、子供の教育上よくないとか、ちょっと大げさに思えるものまで。

映画「七年目の浮気」(1955年)は見ていないけど、このシーンだけは、何度も目にしているから、マリリンと言えば、やっぱりこのポーズ。スカートを真下から覗くのは、趣味が悪いけど、これだけ巨大で堂々とされると、下から覗きたくもなる。スカートの中を見上げる自分の姿が、滑稽で笑ってしまった。

アーティスト(Seward Johnson)が、ロスでもラスベガスでもNYでもなくて、どことなく気取った街のシカゴに、巨大なセックスシンボルを出現させたのが、すごく不似合いでおもしろいと思う。だけど、当のシカゴっ子にしてみたら、グロテスクなのかも。

仕掛け人は、このマリリンから、色々な議論が始まることが狙いとのこと。ネットで賛否両論盛り上がっているのをみると、まさに狙い通り。それに、この後ろに広がったスカートや角度のついたボディを、二本の足で支えるには、高度な技術が必要とのこと。そう言われても、やっぱりパンティの方ばかりが気になるんだな。

s-P1050096.jpg


おなじみのランキング。アメリカで生活している日本人なりの苦労話やらプチ自慢やら。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2011.07.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Chicago, IL



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。