スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



Louisville(ルイビル)ダウンタウン観光

ルイビル(Louisville)ダウンタウンには、博物館やギャラリーが集まっており、観光にとても便利。私が行ったのは、Kentucky Museum of Art and Craft、Gallery Glass Works、Frazier History Museumの3つ。

Kentucky Museum of Art and Craft
地元作家の作品を中心に現代アートを展示しているギャラリー。ガラス、陶芸、木工、布と素材も趣向もそれぞれで、今の時代の芸術というかアートを楽しんだ。個人的には、しっかりした形をもった実用的な陶芸や木工作品に惹かれる。期待した以上に面白かった場所。
s-P1050217.jpg


Gallery Glass Works
こちらはガラスアートだけでイマイチ。ツアーにでも参加したらもう少し楽しめたのか、そもそもガラスアートにはあまり興味がないからかも。もうちょっと、普段につかえるグラスとか皿がたくさんあれば、よかったんだけど。
s-P1050227.jpg


Frazier History Meuseum


s-P1050431.jpg

常設展示は、銃、剣、西洋甲冑が中心で、歴史と言ったら独立戦争、南北戦争、ネイティブアメリカンとの戦いばかり。世界大戦は触れられてなかった。アメリカの歴史にとり、どれほど銃が重要なのかを訴えられているような気になり、途中からうんざり。ちゃっちゃと見て終わりにした。ここは、アメリカの子供教育向けなのか?街の銅像や史跡を見てまわる方がよほど楽しい。

s-P1050440.jpg

特別展示は、レオナルド・ダ・ビンチ展。レオナルドの数々の発明品のスケッチの模型、実際のノート、モナリザの秘密など。その他、レオナルドのドキュメンタリーなどもあり、こっちは面白かった。レオナルドの発明した武器の数々は、宮崎駿のアニメや、ロードオブザリングの戦いにも出てきそう。

写真は、自動車の仕組みの模型。ギアが回転して前後に進むらしい。う~む天才。
s-P1050442.jpg


子供向けには、Science CenterやLouiseville Slugger Museum(メジャーリーガー向けのバット工場)見学の方がよさそう。


忘れないうちにケンタッキー州ネタを記録。お次は、ルイビル市内観光。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



2011年夏 ケンタッキー州旅行インデックス
私も旅行前には、ネットで情報を集めたので、今後、ケンタッキーを訪れる方の参考になればこれ幸い。

ルイビル(Louisville)
 ・ダウンタウンのアート
 ・ダウンタウン観光
 ・ルイビル市内観光
 ・Olmsted公園
 ・ルイビルのレストラン
 ・Yew Dell Botanical Gardens
レキシントンとその近郊
 ・サラブレッド牧場
 ・純和風の居酒屋
マンモスケーブ Mammoth cave National Park
バーボン蒸留所めぐり
 ・Frankfort付近(Woodford Reserve Distillery, Buffalo Trace Distillery)
 ・Bardstown付近 (Jim Beam, Heaven Hill, Maker's Mark)

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2011.08.16 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Kentucky州



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。