スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



夏野菜の反省

今年の夏は、プランターで日本野菜を中心に育てていた。うまく育ったもの、動物に襲われたもの、環境があわなかったのものなど、結果はいろいろ。

一番うまく育ったのは、唐辛子。

このあたりの乾燥した日差しの強い夏にもあうようだし、動物の被害もなくて、手間がかからず、優秀。しし唐、伏見、札幌の3種類を育てたけれど、どれも鈴なりで大満足。鉄板で焼いてお醤油で食べたら、そらビールもすすむ。札幌は、めちゃめちゃ辛くて、汗をかきつつ、やっぱりビールがうまい。

確実に育って大助かりなのは、白ネギ。

プランターにかなり窮屈めに種をまいて、大きく育つまでに間引きしながら食べている。動物フリーだし、乾燥にも強いから大助かり。刻んだネギに、ごま油、お酢、鶏がらスープの素でネギ塩を作って、豚バラ薄切りにのせて食べるのが、最近のお気に入り。

簡単にできたけど、一部をグランドホグにやられたのがトマト。

青い実を食い荒らしてプランターをひっくり返したり。ぬぼ~としていて、一見、無害そうなグランドホグ、実はかなりの厄介者。どうしてくれようか。

動物にかなりやられたのが、青ジソとキュウリ。犯人は、やっぱりグランドホグか??

青ジソは、無残にも葉っぱを食べられたうえ、プランターをひっくり返されていた…。結構育ってて、重宝していたのに無残な姿に。テーブルの上に移動して育てていたら、復活したもよう。強いわ。

キュウリも、葉っぱをむしられて、かなりのダメージが。さらに、肥料が足らなかったのか、できたキュウリも細身のものばかり。それでも、ニンニク味噌でミソキュウにしたら、これまたビールがうまい。やっぱり、生で食べるなら日本のキュウリの方がいいんだな。

アブラムシにやられたのは、ナス。

一応、実はついたものの、かなり小ぶりで数も少なかった。ここは、実家のプロのアドバイスを訊いて、来年リベンジ。

ちゃんと育ったけれど、どうしたもんだかよくわからないのが、ゴマ。

なぜか、夫君がゴマの種も購入。すくすく育って実もなったものの、この後どうしたらよいのやら。乾燥したらゴマがとれるのか…。


来年は、キュウリとナスをもう少しどうにかしたいところ。冬に向けては、この前種まきをした、大根、カブ、チンゲン菜がどうなることか。


にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2011.09.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 我が家の庭先(イリノイ)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。