スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



転校先の大学の下調べ(コミュニティカレッジの転校)

引越しめんどくさーい!と叫んでみたところで、なにも変わらないので、まずは、転校手続きをするために、ネットで新しい学校の下調べをした。

アメリカの大学は、日本の大学と違って、大学間の編入がしやすくて助かる。特にコミュニティカレッジは、入学試験もないから、編入も自由だし。今回転校したら、アメリカで4つ目の大学・・・・。I-20も増える一方だ。(アメリカで転校する場合は、通った大学の全てのI-20を保管しておく必要があります)


さて、引越し先のデモインにある、Des Moines Area Community Collegeのプログラムをネットで見てみると、私の専門のHorticulture(園芸学)があったので、まずは一安心。Horticultureのプログラムは、今の学校より専門化されていて、ランドスケープデザイン系とグリーンハウス系に分かれているから、今の大学よりも一歩踏み込んだ授業を受けれそうだと、ちょっと期待できる。


ただ、プログラム構成がかなり違ううえ、持ち込める単位は最大43単位までなので、移行できない単位もでてきそう。無駄にはならないけれど、損した気分。一般教養の芸術系の単位は、新しい学校では必要なかったり、逆にサイエンス系の単位が必要だったり。専門科目の取り直しなら良いけれど、、一般教養の取り直しだとかなりショック。せめて、英語と数学だけは取り直しになりませんように。


ついでに他の学科も調べてみたら、Viticulture(ワイン葡萄栽培学)を発見。これは、アメリカに来たら習いたかったことだから、かなり嬉しい。余裕があれば、ぜひ挑戦したいところだけど、まずは園芸学で卒業できる単位を揃えてからでも遅くはないか。

残念なのは、フラワーアレンジメントの授業はあるけれど学位がなかったこと。今の学校では、フラワーアレンジメントの学位が取れたのに・・・・。仕方ないから、学校とは別に州の公認フラワーデザイナーの資格を目指そうかな。さらにお金も時間もかかるけど。これも、まずは園芸学で卒業単位を取った後かな。


趣味の陶芸は、学校ではなくてアートセンターにクラスを見つけた。学校と別に習うと、単位がもらえない上、平日の夜の時間だと通うのが厳しいけれど、せっかく始めた陶芸だから、スキを見て習いに行こう。


編入する予定の学科も決まったことだし、あとは転校手続きの書類を揃えないと。必要な書類が山のようにあるのよね・・・・。今まで通った大学の成績証明書とか、日本の大学の成績証明書などなど。日本にいる時に、卒業大学の成績証明書と卒業証明書を多めに取っておいてよかった。


アメリカの大学、編入が楽でよかった。それに引越しの時期も、日本みたいに夫君が4月1日までに何がなんでも移動ではなく、私の大学の夏休みに合わせて引越すればよく、こういう個人の事情が優先されるのは、アメリカだなと思う。


それにしても、いったい何年大学通ってるんだか・・・・。

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

2012.03.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | コミカレ入学&転校手続き



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。