スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



今年2回目の窯出し

久しぶりに大学の宿題(農業経済学のレポート)に焦っていたら、締め切りを5日早く勘違いしていたことに気が付いて、ほっとしたところ。今回はやばかった。

さて話は変わって、春休みあけの陶芸クラスでは、休み中に先生がガス窯で焼いた作品が出来上がっていた。

スリップウェアを初めて試したのだけれど、黒のスリップが焦げてしまった。模様もイマイチ~というのがほとんどだったけれど、2枚ほど気にいったのが焼きあがった。右側真ん中と右下の茶色い皿がそれ。皿の形が綺麗に決まっているのと、色の組み合わせがよかった。スリップウェアは もう少し練習したら、面白い皿ができそう。
s-P1070126.jpg
こげでしまってボコボコになったお皿は、鉢受けにして使おう。


これは、ろくろでひいて半乾きの状態のお椀。お茶をたてる用にと作ったもの。(注 お茶といってもなんちゃってお茶ですが)サイズがよくわからなかったから、大きさ違いで作ったら、入れ子のお椀になった。この後、お椀の高台を削って形を整えてから一度焼き、さらに釉薬をかけて再度焼いたら完成。
s-P1070129.jpg


これから残り1カ月は、ろくろではなくて手作りで型を使ってお椀や四角い皿を作る予定。
いよいよ念願のサンマ皿をつくろう。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.03.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Art系(Webデザイン,スケッチ, 陶芸)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。