スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



レンガパティオのぶち壊し その1 

レンガの道がひと段落したので、裏庭のパティオに取り掛かった。中古の庭の宿命、まずはぶち壊しから。

このパティオ、前オーナーの手作りなのだけれども、40年近い年月でガタガタになっている。昨年増設した部分とデザインを合わせるためにも、いったんすべてのレンガを取り除いてから、レンガを敷き直すことにした。

使われているレンガは、ALBION SHALE BLOCK と刻印が入っているものがほとんどで、たまにWESTERN PAVERの刻印がある。ALBION SHALE BLOCKは、イリノイ南部のALBIONにあったレンガ工場らしい。我が家は築40年なので、その頃つくられたレンガ。
s-P1070560.jpg


ぶち壊しといっても、じみ~に一つ一つのレンガを取り除いていく。幸いモルタルは使っていないため、取り外すのは思ったより簡単。2時間ちょっとの作業で、レンガの海ができあがった。レンガを取り除く前の写真 >>レンガの道 その3(とりあえず完成?)
s-P1070562.jpg

当然ながら、このレンガを別の場所に移動させないと作業が進まない。このレンガ、ブロック状で重たいのなんの。普通のレンガの2倍ぐらい?レンガを2個づつ運んで、先日作ったレンガの道の横のスペースに積み上げた。これで全体の5分の1ぐらいが終わったところ・・・。しばし、地味なレンガ運びが続く。
s-P1070565.jpg


本日の作業は、ここまで。
完成はいつになるのやら・・・・。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.05.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 我が家の庭先(イリノイ)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。