スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



Luthy Botanical Garden, Peoria, IL

少し前のこと、車で1時間ちょっとのところにあるPeoriaという街のLuthy Botanical Gardenに行ってきた。
s-P1070833.jpg

パンフレットによると、ここはPeoria動物園に隣接したPeoria Park Districtが管理しているボタニカルガーデン。ここは、1896年に動物園のあった場所にPalm House(トロピカル植物用のグリーンハウス)が建てられたのが始まり。その後、1951年に今の場所に移転し、1987年にGeroge L. Luthyというこの街の園芸家にちなんだ名がつけられた。

入口で$2.5の入園料を払って中に入ると、こじんまりしたグリーンハウスをざっと見たらすぐに外のガーデンへ。狭い通路を抜けるとRose Gardenが広がっていた。この、狭い入口からひらけた空間に出る瞬間が気持ちいい。この感じを家の庭に再現したい。
s-P1070723.jpg

Rose Gardenの周りは、花の咲く低木がちょうどよい壁になり、テーマ別の小さなガーデンが作られていた。ナチュラルな滝のまわりでアジサイが満開だった場所。どことなく、和風の庭園のイメージ。
s-P1070735.jpg


Juniper(常緑樹) Garden。常緑樹と言っても、緑、黄色、青色等の色の重なり、形の重なりが面白い。冬の厳しい中西部では、Juniper Gardenがあると長い冬の間も緑があるし、雪が積もっても良い雰囲気になりそう。
s-P1070788.jpg

他にも、ハーブガーデンや噴水、ガジボなどなど見ていて飽きない。花の咲く低木が中心に植えてあり、個人の庭をデザインするにも参考になる。次の家の庭は、かなり広い芝生が広がっているので、ここのガーデンのような庭に作り替えてみたいと密かに目論んでいる。限られたスペースを広くみせるような木の植え方やオープンスペースの取り方も、今度の庭作りの参考にしたい。
s-peoriagarden1.jpg


この日は、ガーデンの中で絵を描いている人もちらほら見かけた。天気のいい初夏のガーデンで絵を描く贅沢。このガーデンには、個人の庭のデザインに取り入れやすそうなアイデアがもりだくさん。思った以上に楽しいボタニカルガーデンだった。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2012.06.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | イリノイ中部



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。