スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



アイオワ産 ブルーチーズ Maytag Dairy Farm, Newton, IA

人によって好き嫌いが分かれるブルーチーズ。私は結構好きで、たまに買ってワインのつまみにしている。うちの夫君は、独特の匂いや苦味が苦手なので、ブルーチーズを使った料理は作らないけれど。

先日、Dahl'sのチーズコーナーでアイオワ産のブルーチーズMaytagを発見。さっそく試してみた。
smaytagbluecheese.jpg
Wikipedia

Maytagは、デモインの東にあるNewtonという街で牛の乳をつかい1941年からつくられている。アイオワ州立大学で確立された製法をもとに、ひとつひとつ手作りで洞窟内で成熟して食べごろになったものが売られている。

食べた感じは、塩味と苦みがしっかりしているので、すっきりさわやかな感じのブルーチーズ。クラッカーにも他のチーズにも合いそう。私は、そのまま食べていたけれども。

一昔前は、アメリカのブルーチーズといえばMaytagというほど、アメリカの中では老舗。さすがに、イタリアやフランスのチーズにはかなわないけれども。やっぱりアメリカのワインに合いそうかな。


農場見学もできるようなので、チーズ好きな方はぜひ。

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

2012.09.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Made in IOWA



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。