スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



GRE Verbal対策 参考書

GREを受けようと思い立ち、さっそくネットで情報収集。2011年に大幅な改正があり、問題の傾向が変わったとのこと。以前よりは、Varbalセクションがましな問題になったらしいと知って、少し気持ちが軽くなった。

以前にちょっとGREの勉強を少しした時は、Quantitativeはちょっと勉強すれば大丈夫そうだったけど、Varbalはまったくもって太刀打ちできそうもなく途方にくれた。今回は、気持ちを新たに、単語とライティングに時間をかけて、Quantitative(数学)は気分転換にざっと勉強することにした。


日本語&英語でGRE対策用の参考書を調べてAmazonで購入したVarbal対策用の参考書。冬休みの間に地味に勉強していたので、その感想。

Manhattan Prep
GRE FLASH CARD


単語を覚えるのにメインに使っている教材。大きめのカードの表に単語と発音、裏には単語の意味と使い方。それに関連語句や語源などが書いてある。カードの紙もしっかりしているし、情報が多いので単語のイメージが残りやすい。単語500個のうち、知っていたのは65個・・・・こりゃ覚えるのが大変だわ。これにCDが付いていれば完璧なんだけ。同じシリーズのAdvanceは余裕があればやりたいけれど、私の場合はこのEssentialをやるだけでいっぱい、いっぱいか。今のところ、一番役に立っている。

500 Essential Words: GRE Vocabulary Flash Cards500 Essential Words: GRE Vocabulary Flash Cards
(2012/07/03)
Manhattan Prep

商品詳細を見る



McGraw-Hill's PodClass
GRE Vocabulary


Flash Cardには音声がついていなかったので、音声つきの教材として買ったもの。i Podやi Phone で使うタイプで、i Podで聞くと、単語カードが表示される。単語と意味、例文が一つ録音されている。Manhattanの単語とは50%~60%ぐらい重なっているかな。復習用に聞き流すにはよいけれど、Manhattanのカードを読む方が単語の記憶には役に立つ。買っても損はないけれど、買わなくてもOK.

McGraw-Hill's PodClass GRE Vocabulary (MP3 Disk)McGraw-Hill's PodClass GRE Vocabulary (MP3 Disk)
(2009/06/19)
Steven Dulan

商品詳細を見る



10000語レベル
スーパーボキャブラリービルディング


これはGRE用ではないけれど、ちょこちょこ使っている単語帳。これは元Google副社長兼日本法人社長を務めた村上憲郎さんが村上式シンプル英語勉強法という本で紹介されていたもの。実は、今までに何度も取りかかっては、覚えられずにいつの間にか止めているの繰り返し。CDを車の中で聞いてきるけれど、これだけだとやっぱり覚えにくい。これに載っている単語が、大学の授業中に出てきたり、映画のタイトルになっていたりすると覚えるんだけど。レベルとしては、TOEFLプラスアルファ、GREの初級といったところ。前半の一般語彙の927単語を覚えておくと、GREの解答になる単語には物足りないけれど、問題文に出てくる単語はカバーできそう。ラッシュカードの単語といくつかは重なっているので、レベルとしては悪くないと思う。いかんせ、覚えにくいのが難点。

発信型英語10000語レベル スーパーボキャブラリービルディング(CD3枚付) (CD BOOK)発信型英語10000語レベル スーパーボキャブラリービルディング(CD3枚付) (CD BOOK)
(2008/11/19)
植田 一三

商品詳細を見る




おまけ
KAPLAN GRE VOCABULARY FLASH
これは、以前にTOEFLの勉強をしようと買ったけれど失敗だったもの。単語帳は小さいし紙はペラペラ。情報量も少なくて覚えにくい。というか、使う気にならなかったもの。新しく覚える単語が少ない人なら、レビュー用に使えそうだけれども、おすすめはしない。個人的にKAPLANの教材は、説明が機械的というか表面的で私とは相性がよくないみたい。

KAPLAN NEW GRE VOCABULARY FLASHKAPLAN NEW GRE VOCABULARY FLASH
(2011/08/02)
Kaplan

商品詳細を見る




単語の覚え方は人それぞれだけれど、めったに出会わない単語になると語源などの追加の情報が多いほど覚えやすい。私の場合は、特にすでに知っている単語と関連付けられたり、語源がのっているとイメージをつかみやすい。

ひさしぶりに、がつんと単語量を増やしているところで、だんだん楽しくなってきた。ここを超えると、新聞や雑誌、本を読むのに苦痛が減りそうなきがする。



テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

2013.01.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | GRE



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。