スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



2013年 春セメスターの予定

昨日は10度以上あった気温も今日は氷点下3度ぐらい。この気候の変化の激しさがアイオワらしい。これって、内陸性気候それとも大陸性気候というんだろうか??それでも、冬の時期に10度はちょっと異常な気がする。

さて、先週月曜から始まった大学。1週間たってみて、予想はしていたけれど今学期のスケジュールは今まで一番きつい。

春セメスターで受講しているのは、次の5つのクラス。

1.Aboriculture(樹木栽培学)
  樹木の植え方、剪定のしかた、病気の対応のしかたなど。

2.Greenhouse Introduction (グリーンハウス イントロダクション)
  グリーンハウスの基礎。温度、光、肥料、水などの管理の仕方など、グリーンハウス栽培の基本。このクラス、前の学校でも取っていたのだけれど、授業内容が違うので単位が移行できなかった。たぶん、今の大学の方がより専門的に習う感じ。

3.Turf Management Introduction(芝生マネージメント イントロダクション)
  芝生管理の基礎。アメリカの庭と言えば、芝生が欠かせないので、このクラスは必須。芝生は、あまり好きじゃないけれど、仕方ない。

4.Plant Propagation(植物繁殖)
  今学期で一番楽しみなクラス。種から植物を育てたり、挿木や葉挿しなどで植物を増やす方法を学ぶ。一番最初の授業は、メンデルの遺伝の法則から。遠い記憶がよみがえる。

5.セールス(オンラインコース)
  選択科目の一つ。セールスかアカウンティングの選択だったので、セールスをオンラインでとることにした。アカウンティングは日本で勉強した時の苦手意識があるので、セールスにした。一応、元セールスウーマンだったし。


セールス以外のクラスは、3月末で授業が終了するため、1週間の授業頻度が高く授業ペースも速い。テキストの予習が追い付かなそう。というか、1週間目ですでに置いて行かれた・・・。これに、4月からインターンシップが始まる。

朝8時から授業があって、終わるのは4時ごろ。授業の合間に3時間ぐらいの時間があくので、予習&復讐に追われそうな予感。ただ、火曜日は朝の1コマだけなので、ジムで1時間ほど運動する予定。

今学期に主に習う先生は、わりと年配の先生。これが、かなりしんどい。黒板に書くことも少ないし、テキストに沿って授業を進めるというわけでもなく、ひたすら話す、話す。大事なことを話したら、あとは自分の経験やいろいろな事例を語り続けている。ひたすら経験を語られるから何が大切なのかが分かりにくくて眠くなる。しかも、英語が聞き取りにくくて、フォローできない。今までのコミュカレの授業の中で、一番つらい授業だわ。

もう一人の先生は、30代前半でパワーポイントを使うし、教科書以外のいろいろなデータを示してくれるから、私としてはポイントがはっきりして授業にも集中しやすいんだけど。

さてさてどうやって今学期を乗り切るか・・・・。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2013.01.13 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ランドスケープ園芸学科コース内容



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。