スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



A Place Called Freedom(洋書2)

今日は、昨晩から今朝にかけての雪嵐のおかげで、大学は休校。家でたまっていた復讐をしたり、本を読んだりしてのんびりしている。ちょっと得した気分。


今年2冊目の洋書は、またまたKen Follettの作品でA Place Called Freedom。借りようと思っていた本がなかったので、代わりに借りてきたもの。

題名から、アメリカの話かなと思ったら、スコットランドの炭鉱夫が自由を求めてロンドン、さらにアメリカのバージニアへ渡って、最終的に開拓する土地にたどり着くまでの話。アメリカがまだ独立しておらず、イギリスの犯罪者がアメリカへ奴隷として送られている時代。そんな時代もあったんだよな~と、あらためて思い出した。

前回よんだ作品にくらべて登場人物一人一人のキャラクターがはっきりしていて、面白く読めた。主人公も魅力的だし、悪役は本当に嫌なヤツだし。そういえば、嫌な登場人物が結構多かったかも。話の展開も、山あり谷ありで最後まで読みやすかった。特に最後の逃避行は、アメリカの地理を思い出しながらよんでいて、途中でハラハラ。いったん読むのをやめてしまった。

読後もすっきりしていて、読み応え十分で大満足。


次は、Ken Follettはお休みして、スティーブン・キングを読む予定。

Place Called FreedomPlace Called Freedom
(1996/06/30)
Ken Follett

商品詳細を見る

テーマ:本の紹介 - ジャンル:学問・文化・芸術

2013.01.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | Books



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。