スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



大学のグリーンハウスでインターン

たぶん数か月ぶりの園芸ネタ。

2013年のインターンシップは、最初の会社が没になったので、結局は大学のグリーンハウスで働くことにした。大学のグリーンハウスといっても、小さな園芸店のよう。春のフラワーセールに向けて、4月中は何かと忙しい。

インターンの学生は、グリーンハウスで働く学生が私の他に1人、ナーサリー(木の栽培)が2人、屋外の野菜用のハイトンネル(アメリカでは、暖房機能のついていない畑にあるようなグリーンハウスをハイトンネルと呼びます)に2人と合計6人。最初は、2,3人ぐらいかと思っていたから、意外に多くてにぎやかな職場になっている。

私の主な仕事は、グリーンハウス内の花の管理とフラワーセールに向けたマーケティング。

花の管理は、主に水肥料やり、害虫チェック、ポット上げ、寄せ植えデザインなど。私の担当植物は、酸性を好む植物なので、使う肥料もそれに合わせて調整している。週1でpHとEC(土の中のイオンの蓄積度合をはかる)をはかって、それぞれの花が育ちやすい環境になっているかを確認。鉢の中のpHが高くなってくると、葉の先端が緑が薄くなってきたりと嫌な症状がでてきてしまう。

その症状に合わせた対処法は授業で習ったけど、やはり自分でやってみて植物が元気になってくるのを見ると、おお!授業通りやと嬉しくなった。

小さいペチュニアのような花を咲かせるカリブラコア(calibrachoa)。乾燥に強いので、この辺りの夏の鉢植えにはぴったり。
sP1080477.jpg

カリブアコアのハンギングバスケット。売れ残りをもらう予定。
petuniahb.jpg


ハンギングバスケットの寄せ植えを作ったけれど、ちょっと小ぶりの花ばかりで花がないというか。いや花はあるけど、迫力に欠けたかなーと反省。もう少し育てば、見栄えもよくなるかな?

マーケティングは、フラワーセール用の広告、ポスター、ポップづくり。これは、パワーポイントで楽しく作業。前の職業をフルで活用した感じ。出来栄えもまずまずで満足。あと、園芸クラブのロゴもデザインしてと言われ、これはちょっと難しいわと思いつつ、一つ作ってみたけれど採用になるかは、まだ未定。せっかくだから、採用してくれるとよいな。

ちょっとだけ、グリーンハウスの花を紹介。

左側はゼラニウム、その右横はインパチェンス。この辺りでは。両方とも一年草の扱い。室内の日の当たる場所に置いておけば年を越すけれど、冬が長いからちょっと大変。
sP1080501.jpg

今年、エントランスに植えてみようと思っているのは、ランタナ。花の色が変わっていくのが面白いのと、何よりも乾燥に強い丈夫な花なので、ずぼらな私でも枯らさないかなと。
sP1080498.jpg

他には、バジル、シアントロー、タイムなどのハーブ、トマトとピーマンの苗なども栽培中。前の大学に比べると、今の大学の方がグリーンハウスのプロダクションは本格的なので、転校してよかった。


グリーンハウスで働いていると、早く自分の庭もなんとかしないとなーとそわそわしてくるね。

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2013.04.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | インターンシップ(2013年春)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。