スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



ちょっと失敗ハンギングバスケット

インターンで働き始めた初期に作ったハンギングバスケット。まだ小さな苗を植えてつくったので、花のイメージがつかみにくかったのと、ハンギングバスケットの寄せ植えを作ったのが初めてだったのでかなり苦戦。

今見てみると、けっこう可愛い感じにできたのだけど、これがアメリカ人には全く受けない。私的にはピンクのスナップドラゴンとランタナの組み合わせが気に入っているんだけど。黄色のバイデン(Bidens)は、思った以上に足が長くなってしまったから、他の花の方が良かったか。後ろにツル状に育つコリウスを入れてるんだけど、それが思いのほか育つ、育つ。しかも色が全然あってない…。これは、失敗。しかも、吊るして下からみたら地味だし。って、自分でもダメ出ししてるから、アメリカ人受けしないってぼやくのも筋違いか。悔しいので、他の組み合わせのハンギングもつくってみようと思う。


P1080519_convert_20130510063518.jpg

吊るすタイプのハンギングバスケットは、色々な花を組み合わせたり色を混ぜるより、1種類の花でつくるか、同系色の花でつくるのがよさそう。ツル状の植物だけよりも、ある程度の高さがでる花を使うことと、真横または下から鑑賞するので360度どこからみても同じように見える方が綺麗かな。せめて左右対称にするか。


売れない私のバスケットをの代わりに、母の日を前に飛ぶように売れたのがゼラニウムのハンギングバスケット。ポットでも赤やピンクの派手なゼラニウムがよく売れている。確かに、花が大きな丸い塊として咲くから、ゴージャスなので母の日のプレゼントにはぴったりなんけど。私は人工的な感じがしてちょっと苦手。

ゼラニウムそれだけでかなり目立つから、ごちゃごちゃ組み合わせるより、白いふわっとした花と葉物だけというシンプルな方が合いそうかな。これもちょっと試してみようと思う。


やはり色々自分で育てたり、組み合わせて試してみると学ぶことが多い。最初は希望したインターンシップ場所じゃなかったからちょっと不満もあったけど、自分でいろいろ試させてもらえたから結果としてはよかったかも。しかも、好きなだけ花を持って帰っても良いってことだし。



テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2013.05.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | インターンシップ(2013年春)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。