スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告



夏セメスターの予定(2013年)

いよいよ、夏セメスターが始まった。これが、コミカレ園芸学部の最後の授業になると思うと感慨深い。ほんと、ここまで来るのに長かった。って、まだ夏セメスター始まったばかり。

この夏にとっている授業は次の二つ
1.Insect and Disease(害虫と病気)
2.Fruite and Vegetables(果物と野菜栽培)

クラスの内容は名前そのもの。害虫やら病気について習う授業と、野菜と果物の育て方もろもろを習う授業。果物は、グレープ、各種ベリー、イチゴなど、いわゆるSmall Fruitと呼ばれるものとナッツが中心。あと野菜は、大学の外の畑とハウスで育てる実習が中心。メジャーな野菜と果物が中心ということだったので、トマト、ピーマン、ジャガイモ、レタス、もちろんアイオワなのでコーンなどの育て方を習う。

どちらも役に立ちそうだけど、やっぱり野菜&果物の育て方のクラスの方が面白い。裏庭に果物の木を植えたいし、ちょうどいい。

最初の授業では、早速ブドウ園を見学。一か所めは、残念ながら昨年倒産してしまい、打ち捨てられた感じのワイナリーの畑。原因は、一言でいえば素人が趣味の延長でワイナリーを始めたから。そもそもブドウ園の場所が、周りを木々にかこまれた窪地にあり、日当たりの悪さ、洪水の危険、水はけの悪さ、鹿や鳥などの動物の多さなど多数の問題を抱える場所にあり、とても悪条件が揃っていて成功するのは難しい立地条件。先生曰く、立地は最も重要な条件なので、成功するためにはベストの場所を選ぶこと。一度始めたら、場所の移動はできないからと。確かにこの場所では、かりにプロが始めたとしても厳しかったかも。

これが、このあたりのブドウ園の現状とのこと。アイオワのブドウ園、ほかの州と比べてもまだまだのよう。

2か所目は、以前にもいったことのあるワイナリーのブドウ園。こちらのブドウは、剪定も終わってきちんと管理されているところ。なだらかな斜面にあり、まずまずの場所。ここで、ブドウの種類とか支えの方法、剪定の仕方などを勉強。スライドで見るより分かりやすい。残念ながら、ワイナリーの見学は無し。


我が家の北向きの裏庭、場所としてはイマイチだけれども、せっかくなのでブドウの木も1,2本植えてみようと思っている。あとは、ベリーとチェリーの木もほしい。このクラスが終わったら調べてみよう。


先セメスターはあまり集中してなかったから、この最後のセメスターは気合いを入れなおして頑張ろう!

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

2013.05.23 | | コメント(1) | トラックバック(0) | ランドスケープ園芸学科コース内容



コメント

(^_^)/おはよー えらい遠いところへ行きましたね

今日のブログランキング見て訪問しました。
お隣さんなのでご挨拶です”よろしくお願いします”

頑張ってネ!

2013/07/07 (日) 07:50:52 | URL | 友遊クラブ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

カテゴリ

Welcome to My Blog

free counters

FC2カウンター

過去記事アーカイブ

ご質問はこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

英語の文法などの質問は、専門家に聞いてくださいね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。